不吉な結婚|小泉進次郎VS滝川クリステル①

スポンサードリンク

不吉な結婚|小泉進次郎VS滝川クリステル

読者の皆様お久しぶりです。

超強力な台風19号が、既に東京都の江戸川区にまで避難命令を出させているようです。

東海並びに、首都圏沿岸部の皆様は十分にお気を付けください。

何やら「狩野川台風」以来の「大型台風」とか

狩野川台風とは・・・Wikiより

http://archive.is/h7cI9

(かのがわたいふう、昭和33年台風第22号、国際名:アイダ/Ida)は、1958年(昭和33年)9月27日に神奈川県に上陸し、伊豆半島と関東地方に大きな被害を与えた台風である。

直撃された伊豆半島での被害が最大のようですが、南関東にも甚大なる被害を与えたようです。

 

スポンサードリンク



 

南関東の水害

狩野川台風の水害は、東京都を中心とする関東地方南部でも大きく、東京では死者行方不明は46人に至ったほか、浸水家屋は33万戸近くで、静岡県全体の20倍にも達した。これも記録的な豪雨が原因で、東京の26日の日雨量は392.5ミリメートルと言う、気象庁開設以来の値であった。

浸水被害はゼロメートル地帯の広がる江東区・墨田区・葛飾区などのいわゆる「下町」だけでなく、台地上にあって水害は起こりにくいと思われた世田谷区・杉並区・中野区などの「山の手」でも大きかった。そのため、別名「山の手水害」とも言われる。原因は中小河川や水田など、以前は降雨の排水口や湛水池の役割を果たしていた土地が埋められて住宅地に変わり、行き場のなくなった雨水があふれたためで、山の手水害は1960年代には東京の深刻な問題となった。

世田谷区内では、入間川の洪水で逃げ遅れた住民18人が、当時人気俳優であった三船敏郎が所持していたモーターボートで救出されたというエピソードがある。また北区で、警視庁赤羽警察署の警部補(当時)園部正一が、住民の救助中に土砂崩れに巻き込まれ死亡した[4]

こうした大災害により、東京都では初めて災害救助法が適用されている。

また、丘陵地が多い横浜市でも、日雨量が観測史上最大の287.2ミリメートルになり、がけ崩れが多発し、傾斜地にあった住宅地などが大きな被害を受けた。これも都市化に伴う宅地の拡大によるところが大で、都市災害の一つと言える。

大被害を与えたのが1958年9月(昭和33年)?

私は未だ生まれていません。この台風の名前も今日初めて知りましたが・・・・

1958年と言えば、もしや、あの人たちが・・・・・

★1958年11月27日 「皇室会議」で正田美智子が皇太子妃に決定。

備考

1958年は、台風銀座と言われて例年のように台風に襲われる九州・四国・紀伊半島への上陸台風は、8月の台風第17号(紀伊半島に上陸)のみであり、7月の台風第11号、9月の台風第21号、台風第22号(狩野川台風)がいずれも関東地方やその近辺に上陸した。

特に9月は、台風第21号が18日に伊豆半島をかすめて関東に上陸、200〜300ミリメートルの降雨があり、その出水状態が完全に解消しないうちに狩野川台風が襲って豪雨をもたらしたために大きな水害となった形である。

当時東京では、およそ30年周期で繰り返される降水量の減少期にあり、年間降水量は下降線を描いていたが、狩野川台風により1958年のみ突出して多くなっている。

台風の当たり年でもあったんですね。

それにしても「上皇」と「ミチコ」が絡むな~

おまけに、今年は「即位してはならない二人」が即位した年でもあります。

★そして、韓国が日本との「GSOMIA」軍事情報包括保護協定を一方的に破棄して、「対日敵国宣言」をした都市です。

日本国の「善良な民」を苦しめる「台風」の異常発生は

「皇祖神から、「愛国保守の日本人」に対する大いなるメッセージに他なりません。

「日本の皇祖神」からの重要なメッセージに、心を落ち着けて、真摯な気持ちで向き合おうではありませんか。

「皇祖神」は我々に何らかのアクションを強く求めていると思います。

※不吉な結婚|小泉進次郎VS滝川クリステル②へ続きます。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件ほか


狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

※コメントの投稿について
最近、工作員の嫌がらせや、常連読者様の成り済ましが増えております。そのため、コメントの投稿者のハンドルネームとメールアドレスの入力を必須とさせていただきました。メールアドレスは反映されません。管理人から、メールアドレス宛にメールを送ることもありません。ご了承ください。問題なく承認されている読者様はメールアドレスは変えないでください。(伏見)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です