滝川クリステルの研究(2)小澤征悦

スポンサードリンク

滝川クリステルの研究(2)

※滝川クリステルの研究(1)の続きです。

「でき婚約」発表当時「ネット界」を駆け巡った滝クリについての「噂」

相手が小泉進次郎だっただけに、「ネット界の定説」の「小泉氏朝鮮4代目」ですから、彼女が父親がフランス人、母親が日本人のハーフなので、母親が「在日同胞」ではないかとか。

結婚を前提に数年同棲した俳優の小澤征悦とは破局しましたが。理由は実父で世界的な指揮者の小澤征爾が、どうしても「首を縦に振らなかった」「息子が実家に滝クリを連れてきてもとうとう一度も会わなかった」からだと言われています。

 

スポンサードリンク



 

http://archive.is/Q3r9Q

滝川クリステル 衝撃破局!“結婚の夢”を阻んだ「恋人の父」

2015年3月31日 0時0分

女性自身

結婚目前といわれた2人に突然の破局報道。3月25日にスポーツ紙が報じた滝川クリステル(37)と小澤征悦(40)の電撃破局には、誰もが驚いた。いったい、2人に何が起こったのか――。

破局報道があった翌朝、都内の自宅マンションから愛犬の散歩に出て来た彼女を直撃した。本誌記者が声をかけると滝川は、

「いえいえ、いいですよ」

と、笑顔で足を止めて話を聞かせてくれた。

――昨日の報道を見て、驚きました。改めてお聞きしますが、小澤さんと本当に別れたんですか?

「はい、そのとおりです。ちゃんと彼とは話し合って、そういうことになりました」

当事者である滝川が、破局を自らの口で認めたのは、これが初めてだ。

――別れの原因を聞かせていただけますか?

「もう済んでしまったことなので……。大したことではないですから。いろいろごめんなさい。もう私たちも大人ですからね。2人で納得しあってのことだったんです」

そう苦笑して「そんな、みなさんが思うような大変な修羅場とか、あったわけではないですから」とつけ加えた。

新しい恋人ができたわけでもなく、喧嘩別れしたわけでもない、2人の破局。「もう済んだこと」と話す滝川だが、じつは気になる話が。2人の結婚の“壁”となったのは、“世界のオザワ”こと、小澤の父で世界的指揮者の小澤征爾(79)だったというのだ。

「征爾さんは、2人の交際は認めていましたが、結婚となると反対していたんです。征悦くんがクリステルさんを実家に連れてきても、積極的に会おうとはしませんでした。慈善事業や仕事に没頭する彼女が、息子の嫁としてきちんとやっていけるのか――。そんな疑問を持っていたんです。征悦さんは常々『いくつになっても親父は怖もの』と話していました。父親の反対を押し切ってまで、結婚はできなかったようです」(前出・舞台関係者)

長すぎた春だった――。

これについては、小澤征爾が滝クリの父方、母方のいずれか、または両方調査して駄目だししたともいわれています。

または、「家庭に入るより、結婚後も社会活動を続けたい」滝クリが気に入らなかったともいわれています。

真相は謎ですが。

 

 

私が感じる素朴な疑問

(1)何故「非公開」の結婚式にしたのか?

滝クリの両親の写真は無し。インスタにアップした写真は新郎とではなく、実弟でモデルのロランとのツーショット。

(2)二重国籍ではないのか?

「カニクイザル」のような顔をした旧民主党の中国人議員の蓮舫の「二重国籍問題」が何年か前に物議を醸しました。

蓮舫は国会議員と言う「究極の公人」でしたから大問題になりましたが、大学卒業後、ずっとTV業界人の滝クリは仮に「二重国籍」のままでも支障はなかったのかなと思ったのです。

進次郎という「ゲーム機」の「コントローラー」を既に滝クリは握ったのではないか?

※滝川クリステルの研究(3)へ続きます

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件ほか


狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

※コメントの投稿について
最近、工作員の嫌がらせや、常連読者様の成り済ましが増えております。そのため、コメントの投稿者のハンドルネームとメールアドレスの入力を必須とさせていただきました。メールアドレスは反映されません。管理人から、メールアドレス宛にメールを送ることもありません。ご了承ください。問題なく承認されている読者様はメールアドレスは変えないでください。(伏見)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です