※閲覧不能時の緊急告知用のブログ…ブックマークをお願いします 

  電子出版に当たっての免責事項…こちらをご覧ください   

金王朝と小泉家⑤朝鮮総連との血の絆

《朝鮮人女性初の「飛行家」朴敬元(パク・ギョンウォン)と小泉又次郎との関係》

※④からの続きです。

朴敬元(パク・ギョンウォン)

http://archive.is/THi5v

1901年6月24日-1933年8月7日)は日本統治時代の朝鮮で日本の操縦士資格を取得した女性民間パイロット。

女性初の日本海横断飛行に挑んだ。慶尚北道大邱出身。

経歴

家業は家具屋。1925年に訪日し、立川にあった東京日本飛行学校に入学。

飛行時間11時間で単独飛行をして1927年に3等操縦士資格、1928年には2等操縦士資格を取得する。

逓信大臣であった小泉又次郎の後援を受け親善飛行が決まり [注 1]、故郷の京城へ向かう一員に選ばれた。

1933年8月7日10時すぎ、女性初の日本海横断飛行[3]に挑むため、サルムソン2A2型(複葉単発機)、通称「青燕」に搭乗し、羽田空港を官民多数に見送られ飛び立ったが、箱根を通過した時点で無線が途切れ、静岡県田方郡多賀村(現熱海市)にある玄岳の西側斜面、山頂より50m下に墜落、死亡した。

翌8日には多賀村や網代村の村民たちが総出で捜索、荼毘にふされた。墜落現場には慰霊碑が、また熱海梅園韓国庭園[4]の一隅にも森喜朗内閣総理大臣と金大中韓国大統領による日韓首脳会談を機に「朴飛行士記念碑」が建てられている[4]。

 

戦前の日本統治時代の朝鮮にこういう先進的な女性がいたということは、もう10年以上前、新書で読み記憶に残っていました。

本も処分してしまい、「岩波だったか?」出版社も書名も忘れてしまいました。

偶々、ネットで「朝鮮人 初女性飛行士」で検索したらヒットして思いだしました。

32歳の短い生涯でしたので、その新書の記載内容も、ほぼWiki通りですが、私が記憶に残っていたのは、この「朝鮮人女性初の飛行士」と小泉純一郎の祖父の小泉又次郎が「愛人関係」に有ったという記述でした。

Wikiにも「逓信大臣(ていしんだいじん:戦後の郵政省+電電公社(現NTT)であった小泉又次郎の後援を受け親善飛行が決まり」と有ります。

本のタイトルは失念しましたが、そのことに触れているブログが有るので紹介しておきましょう。

 

http://archive.is/k58kG

ブログ名 ぐるくんの無駄話 タイトル 映画「青燕」~朴敬元飛行士②

2009年1月30日の記事

(前半略)

ネット上では、朴敬元さんの「親日行動を暴く」的な様々な記事で賑わったそうだ。

当時の逓信大臣、小泉又次郎氏(小泉元総理のおじいちゃん)との浮名の噂にも波及したそうだ。

愛機「青燕」も、小泉逓信大臣がプレゼントしたと言う内容も・・・

 

韓国で映画にまでなっていたんですね。知りませんでした。

それにしても「小泉家」は初代、小泉又次郎以降、4代にわたって「朝鮮半島と縁の濃すぎる一家」です。

話しを「なりしましキムイルソン」こと金聖柱に戻しますが、北の金王朝と「横須賀の小泉組4代」の血の絆は戦後も続きます。

※続きます。

 

好評発売中


→アマゾンへ  

好評発売中


→アマゾンへ

関連記事と広告


 好評発売中

→アマゾンへ

ネット界の仁義なき戦い

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件

ブロガー必見!ブログはこうして乗っ取られる!!狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!東アジア反日武装戦線の残党か??

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

創価学会、オウム真理教、阿含宗、疑惑の宗教歴。「同窓会」「君の名は」の脚本家は背中乗り中国工作員か?