※当ブログはリンクフリーです。転載する場合は、転載元の表記をお願いします。

※閲覧不能時の緊急告知用のブログ…ブックマークをお願いします 

  電子出版に当たっての免責事項…こちらをご覧ください   

追い詰められた北朝鮮①コロナがもたらしたもの

スポンサードリンク


追い詰められた北朝鮮

今こそ「日本人拉致問題」解決の絶好のチャンス

皆さんお元気ですか?

世間では、「一部の地域」で新型コロナの「感染者数」が爆発して「すわ第二波か?」などと「恐怖」を煽っています。

そうです。東京都です。

「わかりやすい不正選挙」で楽々「再選」した「朝鮮女妖怪」「日本の閔妃」こと小池百合子です(怒)

「禍福(かふく)は糾(あざな)える縄の如し」といいますが、これは、不幸を嘆いていると、いつの間にか幸福となり、幸福を喜んでいると、また不幸になる、ちょうどそれは「より合わせた縄のように表裏が交互にやってくる」ということを表しています。

今年の1月16日に、日本国内で初の「武漢肺炎」の感染者が出ました。

しかも、その人物は、大手マスゴミが敢えて「秘匿」しましたが、日本人ではなく武漢から帰国したばかりの「30代の在日中国人」だったのです(怒)

その後、感染は「燎原の火」の如く日本中を席巻し、世界でも認めらたコメディアンの志村けんの感染死など悲しい事件も有りました。

新型コロナは、日本を席巻した後、欧米に飛び火し、北半球が春を迎える頃には南半球のブラジルまで波及しました。

しかし、「災い転じて福となす」かのように、「世界最凶のならず者国家」の北朝鮮にも「天罰」を下していたのです。

北朝鮮による「日本人拉致問題」の研究家で「救う会」会長の西岡力教授の最新の動画より、「北朝鮮での新型コロナの蔓延」と「拉致問題解決のチャンス」について私なりの見解を述べて見たいと思います。

※続きます。

 

スポンサードリンク

無料キャンペーン実施中

関連記事と広告


ネット界の仁義なき戦い

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件

ブロガー必見!ブログはこうして乗っ取られる!!狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!東アジア反日武装戦線の残党か??

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

創価学会、オウム真理教、阿含宗、疑惑の宗教歴。「同窓会」「君の名は」の脚本家は背中乗り中国工作員か?