※当ブログはリンクフリーです。転載する場合は、転載元の表記をお願いします。

※閲覧不能時の緊急告知用のブログ…ブックマークをお願いします 

  電子出版に当たっての免責事項…こちらをご覧ください   

読者の皆様へ|新刊のお知らせ「「親朝鮮」総理誕生のトリック」

スポンサードリンク


何故、保守与党から、親中、親韓、北朝鮮系の総理が誕生するのか?親中、親韓派議員が力を持つのか?

読者の皆様へ

夏が去っていく「足音」が聞こえてくるような今日この頃ですが如何お過ごしでしょうか?

令和2年の夏は「異様」なことと「異常」な事の連鎖でした。

通常の夏の太平洋高気圧に2枚重ねするようにチベット高気圧が覆いかぶさって、列島各地で,最高気温が40℃を超える「狂熱」の日が続きました。

その渦中に、7月下旬頃より「健康不安説」が報じられていた安倍総理が持病の「難病」の再発により,自ら「辞任」の道を選ぶという決断をされました。

我々「愛国保守の日本人」にとっては痛恨の極みですが、今回の「安倍総理の受難」は結果的に「怪我の功名」となるのではないかと予想しています。

その辺については、また機会を設けて論じる予定です。

8月28日の「予期せぬ辞任声明」から、ほぼ二週間たちましたが、「通過儀式」としての自民党総裁選は既に、菅官房長官の次期総理確定で、9月14日の投開票日の「焦点」は「2位争い」であり、自民党所属の衆参国会議員の「暗黙の総意」としては、「本籍野党現住所自民党」の石破茂に対する「厳しい処罰」だと思います。

既に石破派の側近議員の斎藤健が石破に対して「人望が無いことを自覚してほしい」と悲痛な忠告をしています。

その厳しい処断とは来る自民党総裁選で石破茂が「3位」になることで決まるでしょう。

本書は、「予期せぬ落雷」のように落ちてきた「安倍総理の覚悟の辞任」によって起きた「政局」を様々な情報が錯綜する中で、「安倍総理の辞任の意味」とその後の「政界の大きな潮流の変化」について信頼できる情報を厳選しながら、「一つの方向」に向かって収斂(しゅうれん;まとまる)しつつある状況とその「本質」について活写できたと思っています。

事実を検証し、戦後の自民党史を時系列で再考することによって表題の様な、「予想せざる懸念」に辿り着きました。

元記事を推敲することによって「簡にして要を得た」スマホ対応の電子書籍として再編集しました。

是非、お楽しみください。

伏見顕正

 

→アマゾンへ

スポンサードリンク

関連記事と広告


ネット界の仁義なき戦い

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件

ブロガー必見!ブログはこうして乗っ取られる!!狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!東アジア反日武装戦線の残党か??

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

創価学会、オウム真理教、阿含宗、疑惑の宗教歴。「同窓会」「君の名は」の脚本家は背中乗り中国工作員か?