※当ブログはリンクフリーです。転載する場合は、転載元の表記をお願いします。

※閲覧不能時の緊急告知用のブログ…ブックマークをお願いします 

  電子出版に当たっての免責事項…こちらをご覧ください     

2020年大阪都構想否決①歴史的意味

スポンサードリンク


大阪都構想5年ぶり2度目の否決、その歴史的意味を考察する

《薩南に降る雨は「橋下徹」の「涙雨」か?》

※こちらからの続きです。

昨日、一昨日と、ここ薩南の地は珍しくインディアン・サマー(小春日和)でした。

昨晩は「大阪都構想の住民投票」の開票速報をライブで見ながら、深夜、「都構想否決」の結果を確認して安心して就寝しました。

目が覚めると、外ではシトシト、雨の音、そんなには強くは有りませんが、私には「橋下徹の涙雨」なのかな?とふと思った次第です。

結果を「総括」すると

反対 69万2966票

賛成 67万5829票

その差 1万7137票

前回の「否決」が、1万74票でした。

前回ともに、今回も「僅差」と言われましたが、「都構想反対者」は7千人も増えています。

スポンサードリンク




《5年前と比べ「政治的環境」は圧倒的に「維新の会」が有利だった》

■前回同様、自民党本部の「大阪府連」に対する裏切り

5年前の安倍前総理もそうでしたが、今回総理が菅義偉国家主席に代わってより露骨になりました。

《第一次菅内閣組閣に当たって、副大臣、政務官に自民党大阪府連から「ごぼう抜き」で抜擢》

防衛副大臣 中山泰秀

内閣府大臣政務官 岡下昇平

厚生労働大臣政務官 大隈和秀

経済産業大臣政務官 宗清皇一・・・・・自民党大阪府連副会長

環境大臣政務官 神谷昇

防衛大臣政務官 大西宏幸

防衛大臣政務官 松川るい

 

■副大臣1人、政務官6人、合計7人の、「表向き」は大抜擢ですが、

自民党大阪府連の意気のいい若手をごっそり引き抜きました。

副大臣、政務官となると「東京を離れにくくなる」のです。

副大臣の中山泰秀は、5年前の「住民投票」の時の、自民党大阪府連の「反対派」の急先鋒だし、宗清に至っては大阪府連の副会長です。

 

《陰険な菅義偉国家主席は、9月16日の組閣時点から、11月1日の「住民投票」を見据えて、自民党大阪府連の「手足」をもぎ取っていた(怒)》

昨晩の「否決確定後」、大阪市議の北野たえこさんが、現地メディアのインタビューで「人手も資金面も不足して苦しい戦いだった」と振り返っていました。

 

《カジノ法案、大阪万博誘致と、維新サイドが「都構想可決」に誘導する「餌」はそろっていた》

2018年7月、IR法(カジノ法案)が可決されました。
菅―橋下―松井のトリオは、大阪湾岸地域の「国家戦略特区」指定を受け、湾岸の人工島「夢洲地域」をIRカジノ候補地と決めていました。2025年に大阪万博の開催が決まっています。

 

②編へ続きます。

大阪都構想否決②公明党とメディアジャック

スポンサードリンク

関連記事と広告


ネット界の仁義なき戦い

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件

ブロガー必見!ブログはこうして乗っ取られる!!狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!東アジア反日武装戦線の残党か??

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

創価学会、オウム真理教、阿含宗、疑惑の宗教歴。「同窓会」「君の名は」の脚本家は背中乗り中国工作員か?