「平成・大相撲大動乱」 一覧

平成・大相撲大動乱

【平成大相撲大動乱】シーズン2、プロレスを笑えない、大物力士達が手を染めてきた「八百長互助会」

2018/02/18  

2010年夏に発覚した角界野球賭博事件で、押収された力士達の携帯メールに「星の売買の記録」が残っていたことから、日本相撲協会も二子山理事長のように「八百長は絶対にない」という強弁はできなくなった。 当 ...

平成・大相撲大動乱

【平成大相撲大動乱】シーズン2 私の千代の富士の印象=相撲の上手なヤクザ

2018/02/16  

  ≪私の千代の富士の印象=相撲の上手なヤクザ≫ 千代の富士が台頭してきた1980年代、大学の夏休みに、実家で祖父と二人で、相撲中継を見ていた。 千代の富士の取り組みで、祖父が「この男は強い ...

平成・大相撲大動乱

【平成大相撲大動乱】シーズン2、「黒い横綱、千代の富士」「八百長互助会システムの集大成」

2018/02/15  

週刊ポストに刺激的な告発を連載してきた大鳴門親方と、橋本氏が1996年に「怪死」した。 週刊ポスト」は大相撲八百長をこう報じてきた 「週刊ポスト」編集部・編 P12~ 今から30年以上前の1980年に ...

平成・大相撲大動乱

【平成大相撲大動乱】シーズン2 横綱柏戸時代から存在した「八百長力士互助会」

2018/02/14  

≪横綱柏戸時代から存在した「八百長力士互助会」≫ 1996年2月、週刊ポストで、元大鳴門親方の八百長告発連載が始まる。 協会の裏も表も知り尽くした男の、告白に「八百長追及」もヒートアップしてくる。 前 ...

平成・大相撲大動乱

【平成大相撲大動乱】シーズン2 大相撲に八百長は有るのか?①

2018/02/13  

このシリーズを書き始めて、参考文献としてある書籍を購入した。 新版「週刊ポスト」は大相撲八百長をこう報じてきた 「週刊ポスト」編集部・編 出版、小学館 P19 「長年『週刊ポスト』は角界の八百長を追求 ...

・鑑定 平成・大相撲大動乱 要人の鑑定

【平成大相撲大動乱】⑱次代を担うもの、横綱候補・大関高安

2018/02/09  

次代の大相撲を担うと思われるもの、二人目は大関の高安です。 濃い顔と、胸毛の豊かな胸。最初は、小錦以来のハワイ勢かと思いましたが、日本とフィリピンのハーフで茨城県人でした。 入門時で既に180cm・1 ...

・鑑定 平成・大相撲大動乱 要人の鑑定

【平成大相撲大動乱】⑰次代を担う者はだれか?横綱候補・豪栄道

2018/02/08  

2年前引退した朝青龍が、TVのダウンタウンの番組に出演し、日本人の力士から強いのが出るか?と聞かれて、はっきりと「無い」と言っていました。 そのご、稀勢の里が、横綱になったわけですが、彼が推していた、 ...

平成・大相撲大動乱

【平成大相撲大動乱】⑯改めて「国技」相撲を考える、実は「国技」である法的根拠は無かった

2018/02/07  

宮脇淳子先生の前掲書P38 に「厳密に言えば相撲は国技ではない」という章立てがあり、 「管轄官庁の文部科学省は、相撲を国技と認めていないのだ。」・・・P39 と、結論付けています。 「裏取り」の目的で ...

平成・大相撲大動乱

【平成大相撲大動乱】⑮親方たちの闘い、改革派(貴乃花親方)VS守旧派(反貴乃花)

2018/02/06  

2015年11月、「昭和の大横綱」であり、名誉の一代年寄でもあった日本相撲協会の北の湖理事長が、現職のまま死亡しました。 2002年に理事長に就任して以来、弟子の不祥事で、短期間、理事長を辞任していた ...

・鑑定 平成・大相撲大動乱 要人の鑑定

【平成大相撲大動乱】⑭苦労人、日本人唯一の横綱稀勢の里、カムバックを期待する

2018/02/05  

昨年秋までの4横綱、一人引退して、白鵬、鶴竜、稀勢の里の3人になってしまいました。その3人の中で唯一の日本人横綱です。 残念ながら、初場所も休場してしまいましたが、春場所には元気な姿を見せて、横綱とし ...

Copyright© 伏見顕正の政経塾と四柱推命 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.