※当ブログはリンクフリーです。転載する場合は、転載元の表記をお願いします。

※ブックマークをお願いします
閲覧不能時の緊急告知用ブログです


※電子出版に当たっての免責事項
こちらをご覧ください  

秋篠宮殿下「立皇嗣の礼」無事完了③小和田恒の鑑定

《令和天皇の妻の両親、小和田恒、優美子夫婦は2017年にスイスで「客死」した可能性が高い》

※②からの続きです。

拙ブログの過去記事で連載したシリーズ「小和田恒、優美子夫婦スイス軟禁説」を良い機会だから、四柱推命的に検証してみましょう。

小和田家|朝鮮盗賊、小和田恒、遂に無間地獄に落ちる、無限拡散、

 

小和田家|朝鮮盗賊、小和田恒、スイス軟禁の実態、無限拡散

 

2016年12月の記事ですが、その当時「ネット空間」では「小和田恒、優美子夫婦のスイス軟禁説」が拡散しました。

そして、その時以来、何かと理由をつけては、当時皇太子だった佐伯徳仁氏の住居の、赤坂東宮御所や、年始には「ただ飯」「ただ酒」を目当てに皇居に頻繁に出入りしていた「オワダニ夫婦」の姿をパタッと見かけなくなりました。

■娘が「皇太子妃」時代に、あれだけの「公私混同ぶり」で世間の批判を浴びても「蛙の面に小便」で全く気にもかけなかった「オワダニ夫婦」が、娘が「令和天皇の妻」に成ったら、急に「慎み深くなって遠慮する」なんて有り得ないです。

そこで、「小和田恒、優美子夫婦」の2016年12月~2017年までの、行運(大運、年運、月運、日運)を命式も含めて再検証してみました。

改めて、この夫婦それぞれの命式を再鑑定してみましょう

スポンサードリンク




小和田恒

1932年9月18日生まれ(生存しているとしたら現在88歳)

申酉空亡  密教宿曜経28宿 婁宿(ろうしゅく)

年柱と月柱が空亡しています。

月柱が空亡しているので「身弱」です。

命式の構造は「弱い」です。

《異常に出世する暗示がある》

■年柱が空亡していますが、年柱の十二運が「長生」です。

四柱のうち空亡している柱の十二運が「長生」か「帝旺」の人は「異常な出世」をする人が多いです。

勿論「善人か悪人か」「人間性」は関係ありません。

典型的なケースで言うと

四柱推命占い鑑定|異常な出世運の金メダリスト

 

革命家だと毛沢東とホー・チミンがいます。明治維新の立役者の高杉晋作などです。

アスリートだと、シニア昇格直後の五輪で金メダルを取った女子フィギュアの
ロシアのアリーナ・ザギトワがそうです。

四柱推命占い鑑定|フィギュアスケート|ザキトワ選手でした

■魁罡(かいごう)のある柱に「印星」・・・印綬か偏印がある。

小和田恒は、魁罡(かいごう)の有る時柱に偏印が有ります。

外務省でも、小和田と連携して仕事をした他省庁の官僚でも、よく言う人は一人もいませんでした。

■罪人になるか、「身動きの取れない状況」に陥る囚獄&白虎殺がある。

「御金蔵破り」=皇室財産の横領未遂をしたときのポストがICJ(国際司法裁判所)の判事だったなんてシャレになりませんね(爆)

飛刃が有ります。切れやすい、短気の意味もありますが「勝負事にのめりこみやすい」という暗示も有ります。

外務省の「機密費」に手を付けて、「リーマンショック」で大損したという噂も有りました。

その「穴埋め」に、娘婿の佐伯徳仁氏や、娘の小和田礼子を使って、皇室財産の「盗売」をやらせたのではないかという嫌疑が残りました。

例の「ヤフオク事件」です。

 

《小和田恒の「性格」と「気質」》

日柱の干支と十二運の組み合わせが
壬午―胎なので、性格分類は「自己型」です。

「自己型」について解説した過去記事は

四柱推命占い|日柱の十二運が「胎」

 

この性格の悪い面が出ると「策略家」や「陰謀家」となります。

目立つのは「政商」が多いです。

しかも「策士、策に溺れる」で最後は「逮捕」や獄に繋がれる有名人を多く見ます。
壬午―胎の有名人は「上皇后ミチコ」の実父と言われる、西武グループの創設者の堤康次郎がそうです。

「スイス軟禁説」が出回った2016年の小和田恒は84歳でしたから大運は

77歳~87歳  丁巳―正財―絶

凶星は来ませんが、十二運が「絶」と最弱です。

政治家や著名人の失脚、暗殺などの非業の死、を遂げるときは大運が「絶」の時が多いです。

ちなみに、彼のその当時の年運を見ると

2016年 丙申―空亡  偏財

2017年 丁酉―空亡 正財・・・・・羊刃2個

「不吉の星」の羊刃が2個も来ていました。

「スイス軟禁説」が出て、すっかり姿を見せなくなった2016年と翌年の2017年は、なんと、空亡の2年間だったのですね。驚きです。

密教宿曜経の婁宿(ろうしゅく)の人は、「自分の利益の為なら、人情もドライに割り切る冷酷な一面」を持っています。

次は小和田優美子です。

 

※続きます。

秋篠宮殿下「立皇嗣の礼」無事完了➃小和田優美子の鑑定

ネット界の仁義なき戦い

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件

ブロガー必見!ブログはこうして乗っ取られる!!狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!東アジア反日武装戦線の残党か??

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

創価学会、オウム真理教、阿含宗、疑惑の宗教歴。「同窓会」「君の名は」の脚本家は背中乗り中国工作員か?