人気ブログランキングに参加しています。


四柱推命鑑定|秋篠宮家|悠仁親王、次の次の天皇はこの人で決まり

  スポンサードリンク  

2015年01月05日

 

皆さんお元気ですか?

今回は次の次に天皇陛下となる悠仁親王です。

忘れもしない2006年9月6日、当時の首相、朝鮮人の小泉純一郎が、郵政選挙で大勝利をおさめ、調子に乗って、天皇家を破壊しようとして、いわゆる「女系天皇」の法案を国会で審議しているところでした。

「秋篠宮家男児誕生」のニュースが流れ、国民は歓喜に沸きました。

同時に、悠仁親王のご誕生は、小泉の「天皇家滅亡」の野望を阻止したのです。当然のごとく女系天皇の法案は廃案となりました。

まさに悠仁様のご誕生は「神風が吹く」の如く、日本国と日本国民と天皇制を最凶朝鮮人の小泉純一郎から救ったのです。それでは命式を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

悠仁親王

2006年9月6日生まれ(8歳)

・・・・上  中  下   宿命星   十二運   吉凶星

年柱  丙  戌  戊  偏印 比肩   墓

月柱  丙  申  庚  偏印 食神   病  暗禄 文昌貴人 駅馬(2個)

日柱  戊  戌  比肩    比肩   墓  魁罡(かいごう)

【辰巳空亡】

【総合所見】

① シンプルな命式だが、裏表がなく見たまんまの素直な人。象徴天皇制だから問題ない。

① については

・刑「けい」冲「ちゅう」害「がい」干合が一切ありません。非常に珍しい命式です。このことは性格に陰影が全くないということです。性格に陰ひなたが無い、裏表もないとっても良い人です。まっすぐな気持ちで国民を愛してくれるでしょう。

・魁罡(かいごう)が有ります。リーダーとなる星です。東北大震災の時の今上天皇のTVでの国民への訴えかけのように、大きな自然災害のような非常事態があった時に、今上陛下同様、緊急放送で国民を励ましてくれるでしょう。

・人生相当やばい局面でも間一髪救ってくれる星の暗禄があります。将来天皇になられるお方がこの星を持たれることは国民にとっても非常に幸運なことです。わが日本国と日本国民もピンチの時に悠仁様の暗禄で救われるということです。

・文昌貴人があります。文才に長けた人でしょう。

・ちょっと気になるのが2個の偏印が食神を壊します。偏印倒食です。消化器系が弱いでしょう。

・比肩が2個もあります。敢えてK・Yとは言いません。独立心の強いお方です。
駅馬が2個もあります。天皇即位後は精力的に御公務をこなされることでしょう。

・日柱の十二運に墓があります。「現実型」の性格で、コモンセンス(良識)に富んだ人でしょう。仲間(国民)を大切にするでしょう。墓が2個もあります。

墓という字を嫌う人がいますが、墓の多い人は「墓庫を開く」と言って、古いお墓を開いて、沢山の財宝を手にするという意味です。この方が天皇の間は日本経済が大成長するでしょう。

将来の天皇の命式としては物足りないな~と思った方がいるかもしれませんが、現代の象徴天皇制下では何の問題もありません。天皇は誰しも及ぶことができない世界一の権威です。政治的手腕も経営者的センスも必要ありません。
ただ政府と宮内庁が決めたご公務を淡々とこなして、皇后とともに、熱心に祭祀に励まれれば十分です。天皇に英雄は必要ありません。しかし歴史上ただ一人英雄と言われた天皇がいました。日本史の授業で習った、後醍醐天皇です。

彼は、鎌倉幕府を滅ぼし、建武の親政を行いましたが、武家の棟梁の足利尊氏と戦い、100年に及ぶ戦乱の時代の南北朝時代を起こしました。その間日本中は、南朝(後醍醐派)と北朝(足利派)に分かれて殺しあったのです。
天皇という権威と武力という権力を両方持とうとしたのですね。

3千年前から賢い日本国民は権威と権力を両方持とうとする人物を忌避します。

足利尊氏は北朝の天皇を立てて権威を持たし、自分は室町幕府を開いて権力を握ったのです。後醍醐天皇より足利尊氏の方が、当時の国民の本音を知っていました。

話は長くなりましたが、吉星が少ないからと言って問題はないのです。
また、紀子妃殿下は、母方から会津藩士の血を引いています。

会津藩は明治維新の時に薩長から朝敵の汚名を着せられて可愛そうでした。悠仁親王ご生誕の時、福島県会津地方の人は「会津の血を引く天皇が生まれる」と大いに喜びました。
私も会津人ではありませんが、本当にそうなるといいなあと思う次第です。

悠仁様の二十八宿は、危宿です。

基本的にお坊ちゃん気質でしょう。短気なとこはありますが、すぐに落ち着いてしまいます。

有名人では当ブログでも扱ったTOYOTAの社長の豊田章夫、先ごろ亡くなった高倉健がいます。
悠仁親王の今後健やかなご成長をお祈りします。
以上

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。

1 個のコメント

  • 四柱推命を検索していてたどり着きました。知らない事が多くて楽しく読ませて頂いています。無料鑑定出来ますか?出来たら宜しくお願い致します。
    1972年12月18日 15時45分
    です宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。