人気ブログランキングに参加しています。


明仁天皇| ③ 「生前退位発言」の政治学、陛下の安倍政権に対する執拗な倒閣運動、

  スポンサードリンク  

≪故高倉健在日説≫

朝鮮人の血が流れる人は、半島に強い郷愁を禁じ得ない。

「許永中ー日本の闇を背負い続けた男」森功著、講談社に面白い記述が有った。

主人公の許は在日で、日本の「裏人脈」に強いパイプを持ち、「イトマン事件」等の中心にいたフィクサーである。

彼も、在日朝鮮人の性である、半島に強い郷愁を持ち、生まれ育った大阪から韓国の釜山まで、就航する「大阪(南港)釜山フェリー」と言う会社を立ち上げた。

そして、その釜山行きの初航海の募集を行ったところ、在日の企業の社員旅行、など集団客が多かったが、唯一個人で申し込んだ人がいた。

担当者が、訝しく思い、電話で確認すると。

客「小田剛一です。」

坦「お職業は?」

客「俳優です」

坦「失礼ですが、芸名は?」

客「高倉健です」

担当者がびっくりしたのは言うまでもない。

あんな大俳優が、何故一人で韓国へ?

高倉健さんには、以前から「在日説」が浮かび上がっては消えていた。

しかし、私は、この著作の記述が正しければほぼ確定だと思う。

本名「小田剛一」の「剛」は、在日が好んで名前に使う漢字である。

また業界人の話だと、彼は「共産党」の人間としか付き合わなかったという。

在日芸人のビートたけしと仲が良いことも有名である。

★私が言いたいことは、朝鮮人の血が流れる人は、DNAの声に呼ばれて、半島に強い郷愁を持ち続けるという事だ。

ルーピーこと、鳩山由紀夫、日本の元総理として、初めてソウル西大門の監獄の前で、土下座したが、彼は祖父の一郎が、朝鮮人の愛人に産ませて息子威一郎に押し付けて育てさせたというのは、「政界事情通」では良く知られた話である。

以上

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。コメントを非公開希望の場合は、タイトルに非公開希望とお書きください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。