人気ブログランキングに参加しています。


秋篠宮家失踪疑惑⑨|美智子・小和田の背後にいるカルト創価とオウムのプロレス

  スポンサードリンク  

 

美智子・小和田の背後にいるカルト創価とオウムのプロレス、【無限拡散】

≪池田大作サリン襲撃未遂事件≫

1993年11月と12月18日に発生したオウム真理教信者による池田大作・創価学会名誉会長暗殺未遂事件のこと。

後の裁判では村井秀夫が首謀して遠藤誠一、新実智光、中川智正らと犯行を行ったことが認定された。

オウム真理教の教祖である麻原彰晃は、同じ新宗教である創価学会を敵視していた。麻原によれば、『創価学会は、仏教団体を名乗りながら煩悩を肯定している宗教』であり、『原始仏教やチベット仏教を見下している』。

また、サンデー毎日から始まったオウムバッシングは聖教新聞を印刷している毎日新聞社グループと創価学会が結託して行っているなどと主張していた。
さらに在家で信仰をしているオウム信者を、オウムから学会に改宗させようと家庭訪問などを繰り返す妨害活動(折伏)をする学会員も現れ、

『池田大作は日本を侵略するフリーメーソンの手先であり「仏法」を曲げている』『オウムの信徒数を創価学会並みに増やしたいが、それに至らないのは池田大作が小沢一郎を使って国家権力を動かし妨害しているからだ』、『池田大作は「仏敵」であるからポア(殺害)しなければならない』。

サリン製造成功を機に、オウム真理教は池田をサリンで暗殺することを企図し、最高幹部の村井秀夫らが行動に移した。

 

スポンサーリンク

 

 

経過

1993年11月八王子市の学会施設に1回目の攻撃を行うが、散布用機器の故障で失敗した。

2回目は1993年12月18日(土曜日)で、東京都八王子市の創価大学では演奏会が開かれる予定になっており、

池田も出席することになっていた。オウム真理教は事前に池田が演奏会に出席するという情報を入手していた。

当日未明、創価大学の近隣にある創価学会施設「東京牧口記念会館」にオウム真理教のサリン噴霧車が到着し、3kgのサリン溶液を噴霧した。

しかし加熱気化式噴霧器による火災が発生したうえ、防毒マスクを着用していたせいで会館の警備を担当している創価学会の牙城会の会員に怪しまれ、直ちに逃走した。

池田本人には被害は無かったものの、当日、警備していた牙城会員が、一時的な視力減退や倦怠感などサリン中毒特有の症状を訴えたというが、

後遺症は確認されなかったため、創価学会では警察への通報をしなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

以上が、オウムが池田大作を殺害しようとした未遂事件の経緯であるが、私はこの事件は池田大作と、麻原彰晃ら双方の幹部らが入念に打ち合わせたやらせ(プロレス)だと確信している。

牙城会と言う、創価の宗教設備を警備する連中を前に、わざわざ、防毒マスクを着用して現れるなど、まるっきり漫画である。しかも2度目までも機械の故障をし、

敵前逃亡するなど、お笑いバラエティすら、想起される。しかも、殺人未遂事件を、池田大作の判断で、被害届を出さなかったなどは不自然極まりない。

★創価学会とオウム真理教は、「真剣に抗争してますよ」と言う世間へのメッセージにすぎない。

その証拠に、2年後の「地下鉄サリン事件」では、創価の指導や「組織力」の応援を受けて、一般市民に大量の被害者を出すことに成功している。

 

 

≪池田大作と麻原彰晃の共通点≫

共に、北朝鮮にルーツを持つ、在日朝鮮人で、「朝鮮カルト教団」である。また当初麻原に好意的だった栗本信一郎によると、やはり双方とも北朝鮮系カルトの「統一教会」とは、友好関係にあるという。

又、麻原発言の中にある、「創価は小沢一郎と友好関係にある」は公明党元委員長の矢野殉也氏の著作「乱脈経理(創価とマルサの攻防)」で明らかである。

★ちなみに、犯行現場となった八王子の創価大学、会話塾提供の偏差値は、学部によってばらつきは有るが、42~57、捏造してますね。高すぎますよ。

 

≪創価とオウムの酷似点≫

マスメディアによりオウム真理教出家者が理系の高学歴者ばかりで構成されていたかのようなイメージで報道された。

しかし、多くの宗教団体にありがちなことだが、実際は社会で普通に生きてゆくことに疑問を感じたり社会に居場所をなくした人たちや、

DV被害者、被虐待児、精神疾患、発達障害、パーソナリティ障害を持つものなども多く、こうした社会的弱者の構成員も多かった。

★要するに、上祐史裕等に代表される理工系エリートは、教団の「ブランドイメージ」に過ぎなかったのだ。

創価学会も同じ。私が小学生の頃の、「創価学会信者」と言えば、「貧乏人か病人」、2代目会長の戸田城聖も、先ず在日朝鮮人、次は部落民や

貧困層から信者を開拓していった。その勧誘方法にも独特なものが有る「折伏(しゃくぶく)」と呼ばれる勧誘方法だ。

★折伏とは、仏教用語であり、悪人・悪法を打ち砕き、迷いを覚まさせること。人をいったん議論などによって破り、自己の誤りを悟らせること。あるいは、悪人や悪法をくじき、屈服させること

★ディベートにより、何らかの論争に決着をつけることは、一つのツールとして、有りえるだろうが、論破した相手を強制的に創価学会に入信させることは私は刑法上の「恐喝」や「強要罪」に当たると思う。折伏の定義の「悪人・悪法」も「異教徒」と置き換えるほうが妥当だろう。

 

≪芸能界を「創価帝国」に代えつつある、久本雅美、創価学会福芸術部長≫

平成になってしばらくしてから、「純粋な日本人」は芸能界に、算入できなくなってきた。

21世紀になってからは、在日・部落・ハーフ・創価の4分類しか生存できなくなった。

★そして、創価一極体制が完成しつつある。有名なのが久本雅美の「業界折伏活動」である。各民放キー局のプロデューサーには必ず、半島系創価信者がいる。

尼崎の部落民の、松本人志も母親が創価に改宗することによって、久本に屈した。在日のうっちゃんこと内村光良は、

久本の強引な折伏を注意したために、久本に、局の上層部にちくられて、仕事を減らされたために妻の元女子アナ徳永有美を仕事に復帰させた。

ハーフモデルやタレントで売っている女子も、母親の大半が在日らしい。やくざ映画で売ったいかつい北朝鮮系の梅宮辰夫も

人相を変えるために、ドイツ人女性と結婚し梅宮アンナを産んだ。

★皇室の「純粋日本人比率(部落民を除く)」が低下するのと同様に、後10年もすれば、所謂芸能人に「日本人の血」が流れているもの少なくなりTV局は、「創価・朝鮮局」になるだろう。

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。

9 件のコメント

  • ブログ復活おめでとうございます!頭きましたね!満ちゃんのブログで、オフ会に刑事も呼んで、けっこう高い店だけど刑事さんには2000円のみ負担してもらうとか書いてありましたが、公務員の綱紀粛正上問題ですよね。これもフィクションじゃないかしら。(ややセレブの犯人のパーティーやら自宅にしょっちゅうお邪魔する)刑事コロンボの見すぎですよ。オフ会参加者の個人情報も安全のためと称して集めようとしてるし。皇室掲示板にふぶきが市役所をクビになったらしいとありましたが本当だとすると喜ばしいですね。いろいろ書いてしまいましたが奴等を刺激する可能性があるかもしれないので公開摺るかどうかはお任せします。

  • お疲れ様です。
    ここをブックマークしました^^
    でれでれ様のところで読んだイザーマン、確かに多重人格が壊れつつあるようで無気味です。放置一択が最善かと思います。
    ではでは。

  • お待ちしておりました、早い復活!良かったです!
    アチラはまたこんなやり方で勝った気でいるんですよ(呆れ
    あまりにも子供じみていて、頭にちゃんと脳みそが入ってるのか疑いますね(笑
    自分の投げたブーメランが綺麗に弧を描いて戻ってきてるのが分からないのでしょうね
    (旧HN/南魚もんを変更しました、アチラに汚されてしまったので)

  • 伏見先生引越やら何やらでお忙しかったことと思います。いろいろな事があってお疲れではないかと心配しています。
    自分の田舎にも若い女性のオウムがいて、家のそばにはパトカーが止まっていました。当時こんなとこに信者がいるんだと驚きました。
    煎餅も仕事の人間関係がうまくいってないそんな時、親しい人から冊子を渡され勘弁してほしいと思いました。
    新興宗教は気づかないうちに身の回りに忍び寄っています。
    NHkのファミリーヒストリーの梅宮辰夫の回を見ていましたが、父親が医者、祖父は軍人だそうで、朝鮮系とは考えにくいです(ただし鳥越俊太郎の回については、鳥越本家の方が鳥越俊太郎を知らないと言っていた、そういう回がありました)。

  • きなこさんへ
    御返事が遅くなって失礼しました。満がオフ会に刑事を呼ぶというのは、「嘘」ですよ。事実だとしたら、綱紀粛正問題です。単なる「ブラフ」にすぎません。ふぶきが松戸市役所を懲戒解雇されたのが事実ならめでたいことです。「赤飯」炊かなきゃ(笑)

  • さとにゃんた様
    御返事遅れて失礼しました。私も同感です。イザーマンは、「銀の銃弾」を撃ち込まれた狼男の様に、「断末魔」の苦しみで絶賛発狂中です。放置一択で、高みの見物を楽しみたいと思います。

  • 山月うさぎさんへ
    御返事遅れて失礼しました。私は「不死身の男」です。伏見ですから(笑)
    BB=トド=三流評論家は、私を追い出すことによって「私の主張が100%正しかった」ことを、ネット界や「世間」に知らしめました。連中の自滅は遠くない将来でしょう。既に「皇室全般画像」では、連中はスレ立てても、誰からも相手にされていません。

  • マリーダグー36さんへ
    御返事が遅くなって失礼しました。多少夏バテ気味、鹿児島は酷暑。ですので、薩摩の黒豚を食って、パワーを付けようと思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。