人気ブログランキングに参加しています。


秋篠宮一家失踪疑惑

秋篠宮一家失踪疑惑⑩

投稿日:

スポンサードリンク

美智子・小和田の背後にいるカルト創価、オウムに「日本乗っ取り」の実験をさせ今本丸に迫る【無限拡散】

⇐人気ブログランキングに参加中です。

創価とオウムの酷似点≫

 

マスメディアによりオウム真理教出家者が理系の高学歴者ばかりで構成されていたかのようなイメージで報道された。
しかし、多くの宗教団体にありがちなことだが、実際は社会で普通に生きてゆくことに疑問を感じたり社会に居場所をなくした人たちや、
DV被害者、被虐待児、精神疾患発達障害、パーソナリティ障害を持つものなども多く、こうした社会的弱者の構成員も多かった。
★要するに、上祐史裕等に代表される理工系エリートは、教団の「ブランドイメージ」に過ぎなかったのだ。

創価学会も同じ。私が小学生の頃の、「創価学会信者」と言えば、「貧乏人か病人」、2代目会長の戸田城聖も、先ず在日朝鮮人、次は部落民
貧困層から信者を開拓していった。その勧誘方法にも独特なものが有る「折伏(しゃくぶく)」と呼ばれる勧誘方法だ。
折伏とは、仏教用語であり、悪人・悪法を打ち砕き、迷いを覚まさせること。人をいったん議論などによって破り、自己の誤りを悟らせること。
あるいは、悪人や悪法をくじき、屈服させること
ディベートにより、何らかの論争に決着をつけることは、一つのツールとして、有りえるだろうが、論破した相手を強制的に創価学会に入信させることは私は刑法上の「恐喝」や「強要罪」に当たると思う。折伏の定義の「悪人・悪法」も「異教徒」と置き換えるほうが妥当だろう。

≪芸能界を「創価帝国」に代えつつある、久本雅美創価学会福芸術部長≫
平成になってしばらくしてから、「純粋な日本人」は芸能界に、算入できなくなってきた。
21世紀になってからは、在日・部落・ハーフ・創価の4分類しか生存できなくなった。
★そして、創価一極体制が完成しつつある。有名なのが久本雅美の「業界折伏活動」である。各民放キー局のプロデューサーには必ず、半島系創価信者がいる
尼崎の部落民の、松本人志も母親が創価に改宗することによって、久本に屈した。在日のうっちゃんこと内村光良は、久本の強引な折伏を注意したために、久本に、局の上層部にちくられて、仕事を減らされたために妻の元女子アナ徳永有美を仕事に復帰させた。
ハーフモデルやタレントで売っている女子も、母親の大半が在日らしい。やくざ映画で売ったいかつい北朝鮮系の梅宮辰夫も
人相を変えるために、ドイツ人女性と結婚し梅宮アンナを産んだ。
★皇室の「純粋日本人比率(部落民を除く)」が低下するのと同様に、後10年もすれば、所謂芸能人に「日本人の血」が流れているもの少なくなりTV局は、「創価・朝鮮局」になるだろう。

 

スポンサーリンク

創価学会の「聖教新聞」の印刷を受託している全国紙=創価学会の犯罪・スキャンダルを報道しない新聞≫
読売新聞、産経新聞・・・特に産経は私が大学生だった1980年代から万年赤字で、フジの業績の良い時は、利益を付け替えてもらって
倒産を免れている。だから、聖教新聞の印刷収入は「干天の慈雨」、産経が「東宮擁護」の理由もわかるでしょ。加えて、産経の皇室担当記者は
変態女ライター、友納尚子の亭主です。

≪國松警察庁長官狙撃事件≫
1995年3月30日。当時の警察庁國松孝二長官が自宅を出るときに、何者かに狙撃され、瀕死の重傷を負った。
狙撃から1時間後にテレビ朝日に電話がかかる。電話の声は、國松長官に続く次のターゲットとして、警視総監や内閣情報調査室長らの名前を挙げて、
教団への捜査を止めるように脅迫した。10日前の3月20日に地下鉄サリン事件が発生し、オウム真理教に嫌疑が向けられて8日前の3月22日に、
オウム真理教関連施設への一斉強制捜査が行われていた。
・・・・・・・・・・・・・

この事件は、15年後の2010年公訴時効を迎え、「迷宮入り」となった。
捜査中に、相次いで、自称実行犯が自首したが、全て出鱈目で、嫌疑不十分となっている。また、サリン事件等で犯行を認めた、オウム幹部2人も関与を否定している。
★オウムと対立していた創価学会と警視庁公安部が事件をオウム犯行へ誘導したとする説。アメリカ人ジャーナリストのジョン・マッケンジーやケビン・クローン、韓国の『月刊朝鮮』が推奨している。FBIは長官狙撃事件の発生後、FBI長官の襲撃を想定し警備の増強、日本人の拳銃購入履歴を独自に調査した。
調査の結果偽造パスポートを使い入国した日本人が、偽名を使いガンショップで拳銃や銃弾を購入していたこと、(その日本人が)すでに日本に帰国していることを突き止め、(その日本人が)長官狙撃犯の可能性ありと日本政府に通告したが、日本の警察はオウム犯行説を確信しており拒絶されたという。

公安部はオウム犯行説を確信して譲らなかった。事件を捜査していた刑事部の警部補は内部告発としてある大物議員が警視庁を訪れ「(強盗殺人未遂犯の自供があっても)犯人はオウムで決まり。たとえ時効になっても犯人はオウムでなければならない」と捜査圧力がかかったと証言。
元警部はその大物議員が公明党の初代委員長の藤井富雄であるとワシントン・ポストに明かした。また、月刊朝鮮は2002年5月「金大中〜藤井富雄ミステリー」
で藤井を紹介する際に警察庁長官狙撃事件で警察に捜査圧力をかけた大物と紹介している。

≪「鉄砲玉」としてのオウムを切り捨てた池田創価学会
強制捜査中で、逮捕されても量刑を軽く済ませたい、オウムがわざわざ捜査機関の高官を殺害するはずがない。組織と言うものはトップが倒れても、No2が後継となって、機能するものだ。オウムを鉄砲玉として、「皇居制圧」を企てた創価学会が、失敗に懲りて、「トカゲの尻尾きり」に踏み切ったのだ。
そうでなくては、藤井富雄の様な大物が、警察に圧力を加えるはずがない。

≪オウム破防法適用の却下の怪≫
1995年には地下鉄サリン事件など一連のオウム真理教事件を起こしたオウム真理教に対して解散を視野にした団体活動規制処罰の適用が検討され、
公安調査庁が処分請求を行ったが、公安審査委員会(委員長:弁護士・堀田勝二)は「今後」の危険性という基準を満たさないと判断し、
破防法の要件を満たさないとして、適用は見送られることとなった(代わりに団体規制法が制定・適用されることになる)。
これについては、オウム真理教にすら適用されないのなら、一体何に適用されるのか、実質的に適用できない法律ではないのかという根強い批判もある。
★私は、オウムへの同法の適用を却下した、委員長の堀田某なる弁護士は創価信者だと思う。
ここで、オウムに破防法を適用したら、連中は開き直って「創価学会との連携密約」を自白する恐れがあったからだ。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気ブログランキングに参加しています


こんな記事も読まれています

1

【貧しくもけなげで明るいフィリピン農村の少女たち】 2009年08月12日 皆さんお元気ですか? 台風が来たり、地震が起きたり、夏休みなのにあまりろくな事がありません。 日本国は、8月6日(広島)9日 ...

2

2017年10月25日   やや、次期遅れの話題ですが、新都知事になって、本当に自分たちの生活は良くなるのだろうか?と、心配されている都民のかたもいらっしゃると思うので、斬ってみることにしま ...

3

2015年11月03日   皆さんお元気ですか? 今日は、再度高円宮家に戻ります。 理由は、高円宮両殿下が、女帝(皇后様)の意を組んで、宮内庁の裏をかき雅子肥の入内成功に大きな役割を果たしま ...

-秋篠宮一家失踪疑惑

Copyright© 伏見顕正の政経塾と四柱推命 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.