人気ブログランキングに参加しています。


四柱推命占い鑑定|政治家|公明党|山口那津男代表、どこへ行くのか公明党と創価学会

  スポンサードリンク  

公明党の党勢は衰え、支持母体の創価学会には停滞が見られます。

以前にもブログで書いた記憶は有りますが、創価学会は「仏教系カルト教団」ですのでよく意味が分かりませんが「仏教平和主義」なるものを唱えており、信者達は基本的に「憲法改正、日本再武装反対」です。

現在の国会議員数は、衆院29人、参院25人、計54名である。

この議席数は、ほとんど、自民党支持者のお蔭です。

何故なら、「小選挙区制」と言うのは、「二大政党制」を目指し、公明党、共産党と言う反体制小政党が議席を持てなくするのが「真」の目的でしたから。

殆ど比例で出馬する公明党候補者に、律儀に票を入れているのは、自民党支持者ですよ。

連立を組んで以来、選挙のたびに「選挙区は自民党、比例は公明党へ」と叫んでいます。

しかし、公明党の支持母体の創価信者達は、学会の幹部や、公明党幹部に反抗して自民党には投票しないそうです。「さようなら公明党」と言う横断幕を掲げて、デモをした創価信者達もいます。

★要は、公明党幹部、創価幹部、信者達が「股裂き状態」になっているのです。

 

 

スポンサードリンク



 

創価学会信者と公明党

創価信者達が「憲法改正」に反対するには理由が有ります。

戦後、2代目創価学会会長の戸田城聖が、布教活動を活発化させましたが、その「布教対象の主要ターゲット」が「在日朝鮮人」だったのです。

ちなみに日本人は「病人」と「貧乏人」でした。

ですから、「本音」を言えば、「日本統治時代(本当は半島の朝鮮人達は幸福だったのですが)の悪夢(と朝鮮人達が思っていること)」が蘇って「強い日本」が復活することが怖いのです。

従って、2017年以降、「憲法改正」や「日本再武装」が国会で承認されれば、「公明党」も「創価学会」も「発狂状態」になり、「空中分解」「消滅」する可能性が高いです。

★加えて、ダヤン氏の予言する、「すでに死んでいる池田大作の「死の公表」」が行われれば、創価学会の存立にも大きな危機が訪れるでしょう。

それでは、命式を見ていきましょう。

 

四柱推命鑑定 命式 山口那津男

1952年7月12日生まれ(64歳)

上 中 下  宿命星  蔵干  十二運  吉凶星

年柱 壬 辰 戊 正財 劫財     衰    魁罡(かいごう)紅艶 寡宿

月柱 丁 未 己 偏印 比肩 偏印  冠帯   羊刃 暗禄 華蓋

日柱 己 未 己    比肩 偏印  冠帯   羊刃 暗禄 華蓋

時柱 丁 卯 乙 偏印 偏官     病    血刃

【子丑空亡】

 

【総合鑑定】

★非常に不吉な命式「公明党最後の党首」「ラスト・リーダ」になる可能性が高い。

理由

・命式中に2個の羊刃がある。このタイプの人は、病気や災厄に遭いやすいのです。
・印星(印綬+偏印)が3個以上あります。これも病気や災厄に遭いやすいです。
現在、大運空亡の真っ最中です。「職責」を全うできないでしょう。

 

大運を見てみましょう。

59歳~69歳  癸丑―偏財―墓・・子丑空亡なので、癸丑ですから、69歳までが大運空亡です。

 

大運空亡期間中に「組織のトップ」になった政治家は「任期」を全うできません。

歴史的な著名人を挙げれば、江戸幕府の最後の将軍の徳川慶喜がそうでした。

最も、アップツーデーとな例としては、弾劾裁判で、大統領を首になった韓国のパククネがいます。

 

年運を見てみましょう。コメントなしは問題ない年です。

2016年 丙申―印綬―印星

ツケを払わされる厳しい年でした。公明―創価は「秘密主義」なので

表には出ませんが、内部ではいろいろあった可能性が有ります。この年から2年間、印星の年運なので、

彼の人生と「党の運命」が悪いほうに「舵をきられた」恐れが有ります。

 

2017年 丁酉―偏印

悩みぬく一年。「憲法改正」と、「分裂」を起こした支持母体の学会の「分裂回避」に多忙になるでしょう。

 

2018年 戊戌―劫財

疲れ切る一年です。

 

2019年 己亥―比肩

 

2020年 庚子―傷官―空亡

けじめをつけられる厳しい一年です。「党解散」「創価学会の「宗教法人資格はく奪」が起こり得ます。

 

2021年 辛丑―食神―空亡

辛丑の丑と命式中の2個の未が、二重に冲「ちゅう」を形成します。

非常に不吉な年です。

 

山口の二十八宿は壁宿です。お金持ちの星です。

安倍総理の張宿とは、【安・壊の関係】で破壊縁であり、山口が総理を潰す方です。

 

この二人は、連立を組みながらも、月に1回、口をきくか聞かないかの「そもそも互いに受け付けない関係」だそうです。

山口が党と創価学会の「板挟み」となり苦境に陥っても、総理は、積極的に関わろうとはしないでしょう。

以上

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
スポンサードリンク  
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。

2 件のコメント

  • 2017年も、残すところ一ヶ月を切りました。
    そして、本年も、伏見示現流『斬時剣』は、切れ味鋭く、かつ、威力絶大でした。

    蜻蛉の構えから繰り出される、必殺の初太刀が、例え、躱されても、
    薩摩示現流には、連続技があります。達人でなければ不可能ですが。

    この連続技を優雅な(実際のものと比較して)型にしたのが、『剣の舞』なのでしょう。
    そう言えば、達人による『剣の舞』を見損なった爺さんがいましたね。
    伏見先生の素顔が拝見出来る大チャンスだったのに、なんて勿体ないことでしょう。
    伏見ブログコメント欄の人気者、『毒舌婆』様なら、『森伊蔵』を沢山お土産に持って、大喜びで会いに行かれたことでしょうに。

    夏の戦いで、四天王(伏見先生、ダヤン様、でれでれ草カズンズ様)の保守砲(保守砲、伏見砲はでれでれ様の命名)により、化けの皮を剥がされた先述の爺さんは、得意の「ブログ潰し」で反撃。一時的に成功するものの、二度と元の状態には戻れぬ、醜い本性を曝すこととなりました。

    そして、四天王は直ぐに復活を遂げ、『鳳凰四天王』として蘇えりました。

    「適時」、「タイムリー」という言葉が示すように、時間が重要となる事もあります。
    伏見示現流『斬時剣』の特性を見てみますと、あまり時間的なものに左右されないことが解ります。
    つまり、時間的ではなく、物事の本質を斬り取ることに注力しています。

    さて、本記事の、
    ★要は、公明党幹部、創価幹部、信者達が「股裂き状態」になっているのです。
    ★加えて、ダヤン氏の予言する、「すでに死んでいる池田大作の「死の公表」」が行われれば、創価学会の存立にも大きな危機が訪れるでしょう。
    から、
    帰結できるものの一つは、
    内部は、既に、分裂状態であり、覇権争いは、激化することはあっても、沈静化する状態になく、裏切る者も現れ、また、その様な裏切り者を利用して、外部から乗っ取りを謀る者が存在している、ということです。

    「外部から乗っ取りを謀る者の手先として活動しているのが、裏切り者となった先述の爺さんの現在の姿」と、『斬時剣』は示唆してくれているのでしょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。