人気ブログランキングに参加しています。


・鑑定 要人の鑑定

【バングラディシュ首相】女性首相シェイク・ハシナ、危機を乗り越えてきた人生、今後も危機は続く

更新日:

スポンサードリンク

皆さんこんにちは。今回はバングラデシュの女性首相を取り上げます。

バングラディシュは、日本の半分以下の面積の国に、日本を優に超える1億5千万人の人口。

人口密度は1084人/1K平米で都市国家を除けば世界一位です。

ベンガル湾に注ぐ大河ガンジス川を有し豊富な水資源から米やジュートの生産に適し、かつて「黄金のベンガル」と称された豊かな地域でしたが、インフラの未整備や行政の非能率から、現在はアジアの最貧国に属します。

近年は労働力の豊富さ、アジア最低水準の労働コストの低廉さに注目した、日本企業や多国籍製造業の進出が著しい国です。

 

スポンサードリンク



 

バングラディッシュの歴史 wikiより抜粋編集

古代 仏教および(あるいはまたは)ヒンドゥー教の影響を受けていた

紀元前10世紀

ドラヴィダ語族の言語を話す人々が居住していたなど、古くから文明が発達していた。

紀元前4世紀

マウリヤ朝から6世紀のグプタ朝まで数々の王朝の属領の時代。

紀元前7世紀 

仏教寺院から文明が存在したことが証明されているが、この社会構造は紀元前11世紀にまで遡ると考えられるがこれには確実な証拠はなし。

8世紀

パーラ朝がなり、仏教王朝が繁栄。世界遺産のパハールプルの仏教寺院遺跡群はこの時代のものである。

12世紀 

ヒンドゥー教のセーナ朝にとって代わられた。

 

中世 12世紀からイスラーム化がはじまる。

12世紀 

最初はスーフィーたちが訪れてスーフィズム(イスラーム神秘主義)を広めていた。

13世紀初頭 

デリー・スルターン朝の勢力が及んだ。

15世紀前半 

バゲルハットのモスク都市(現・世界遺産)が建設。

16世紀 

ムガル帝国の元で、商工業の中心地へと発展したが、この期間に至ってもいくつものヒンドゥー教の王朝が存続していた。

1612年

皇帝ジャハーンギールの下で、チッタゴンを除きムガル帝国の統治下に入った。

1707年

皇帝アウラングゼーブが世を去ると、この地方のナワーブ(太守)は独立の動きを強めた。

 

近世の植民地化 イギリスの進出と植民地化
15世紀末 

ヨーロッパの貿易商人が訪れるようになっていた。

1757年

プラッシーの戦いを経て1765年にはイギリス東インド会社が徴税権を獲得、ムガル帝国の衰退と入れ替わるようになった。

1793年

イギリスにより完全に植民地化された。東インド会社によって、イギリスは支配をベンガルからインド全域に拡大。イギリスの統治期間中、ベンガルは何度も深刻な飢饉に襲われ、膨大な人命が失われた。

 

独立に向けた動き
1857年 

インド大反乱(セポイの乱)。

1877年 

イギリス領インド帝国が成立。

インドの他の地域と同様に後にバングラデシュとなる地域もインド独立運動に参加。

1905年 

ベンガル分割令およびその撤回(1911年)

1947年

独立を達成。だが、ベンガル地方は宗教上の問題から、ヒンドゥー教地域はインド、イスラム教地域はインドをはさんで東西に分かれたパキスタンとして分離独立することになった。

 

現代 東パキスタンから完全独立へ

1952年 東パキスタンと西パキスタンの対立と抗争

ダッカ市内のベンガル語運動両パキスタンが成立すると、現在のバングラデシュ地域は東パキスタンとなった。しかしウルドゥー語の国語化を進めるパキスタンとの言語の違い(東パキスタンはベンガル語の勢力が圧倒的だった。国際母語デーも参照)や、西側に偏った政策などから東西パキスタンは対立し、東パキスタンはアワミ連盟が中心となって独立を求めて西側のパキスタン(現パキスタン)と内乱になった。

1971年 

東パキスタンからバングラディッシュへ。独立。

西側パキスタンと対立していたインドは東側パキスタンの独立を支持し、また第三次印パ戦争がインドの勝利で終わった結果、バングラデシュ独立戦争を経て1971年にバングラデシュの独立が確定した。

 

バングラデシュ独立後

独立後は中道左派のアワミ連盟のシェイク・ムジブル・ラフマンが初代首相となり(のちに大統領)、一時はアワミ連盟の一党制を敷いた。

1975年

シェイク・ムジブル・ラフマンが暗殺された。その後もクーデターによる政権転覆が続く。

1990年~

複数政党制に基づき民主的な選挙で選出された政府が統治している。旧イギリス植民地としてイギリス連邦に加盟するが総督をおかず、元首は大統領である。

独立以来、後発開発途上国に数えられていたが、近年は2006年にノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌスとグラミン銀行によるマイクロクレジットの取り組みなどが注目されている。

以上

日本の「日章旗」とのデザインの類似性があり、初代大統領シェイク・ムジブル・ラフマンが国旗を決める際に吹浦忠正(聖心女子大学講師、ユーラシア21研究所理事長、初代バングラデシュ日本人会会長)は意見を求められており、日本の国旗の意味について解説している。吹浦はバングラデシュ独立戦争時に国際赤十字の仕事で現地に滞在していた[2]。

ムジブル・ラフマンの娘で首相になったシェイク・ハシナは、「父は日本の日の丸を参考にした。」と証言した[3]。

wiki

 

 

シェイク・ハシナ

1947年

パキスタンからのバングラデシュの独立を果たし国父とされるムジブル・ラフマンの長女として誕生。

1975年

クーデターで父が暗殺された際にイギリスにいて生き残、以後、インドで亡命生活を送る。

1981年

帰国を果たし、アワミ連盟の党首に。

1983年

フセイン・モハンマド・エルシャドがクーデターで政権を握り大統領となると、アワミ連盟を率いてこの政権に対する反対運動を展開し、このため再三軟禁。

エルシャド大統領の軍事独裁政権が倒れたのち

1991年

選挙ではライバル、カレダ・ジア率いるバングラデシュ民族主義党に敗れる。

1996年

議会選挙には勝利し、首相に就任。

2007年

予定されていた次の選挙は非常事態宣言によって延期。ハシナも恐喝容疑で捜査を受ける異例の事態に。

2008年12月

選挙が実施され、アワミ連盟を軸にエルシャド派なども結集した政党連合「大連合」が圧勝、

2009年

1月にハシナが再度、首相に就任。

いつ殺されてもおかしくない「波乱万丈の人生」ですが、今後も危機は続きます。

 

命式を見てみましょう。

四柱推命鑑定 命式 シェイク・ハシナ

1947年9月28日生まれ(69歳)

上 中 下  宿命星  十二運  吉凶星

年柱 丁 亥 壬 正官 食神 病  劫殺 孤辰 文昌貴人

月柱 己 酉 辛 印綬 劫財 帝旺 羊刃 囚獄 白虎殺

日柱 庚 戌 戊    偏印 衰  魁罡(かいごう) 月徳貴人 金輿禄 紅艶 寡宿

時柱 庚 辰 戊 比肩 偏印 養  魁罡(かいごう) 月徳貴人

【寅卯空亡】

 

【総合鑑定】≪生命の危機にさらされる波乱万丈の半生だったが、今後も危機は続く≫

「絵にかいたような」波乱万丈の半生でした。

クーデターで軟禁されまさに「囚獄」されました。

何度も失脚させられました。そのたびに「起き上がり小法師」の如く復活しました。

月徳貴人が2個あるお蔭で、助かったというべきか、2個あっても「生命の危機にさらされた」かは解釈の別れるところでしょう。

・印星(印綬or偏印)が3個以上ある。2018年と2019年に印星の年運が巡ってくる。
・印綬が1個と偏印が2個あります。一生を通じて災厄に遭いやすい人生でしょう。

まして、政治家と言う職業で、クーデターの頻発する国では尚更です。

・凶星の劫殺、羊刃、白虎殺もあります。

・命式中の辰と戌が冲「ちゅう」を形成します。不吉です。

 

大運を見てみましょう。

64歳~74歳 丙辰―偏官―養・・・偏官で超多忙な10年ですが、丙辰の辰と命式中の戌が冲「ちゅう」を形成します。不吉な10年です。

 

彼女の二十八宿は奎宿(けいしゅく)です。

プライドの高いお姫様星です。

 

問題の年運を見てみましょう。

2018年 戊戌―偏印・・・悩みぬく1年です。

2019年 己亥―印綬・・・ツケを払わされる1年です。2年続けて印星の年運です。

彼女にとって大きなターニングポイントになるでしょう。

以上

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気ブログランキングに参加しています


こんな記事も読まれています

1

ネット界の仁義なき戦い、余命三年時事日記との抗争 ※2016年03月より半年以上にわたって繰り広げられた、伏見顕正と余命三年時事日記との抗争の実録です。   2012年 08月『余命三年時事 ...

2

【在日特権を斬る】何故、在日を強制送還できないのか?根拠となる、1991年日韓覚書と売国政治屋 写真は売国政治屋の中山太郎 読者の方から、「犯罪を起こした在日韓国人は韓国に強制送還できないのですか?」 ...

3

皇太子妃身元調査(1) 「ドキュメント・皇太子妃内定」 (2)専門興信所が4代前まで徹底調査(連載) 東京読売新聞朝刊 1993年1月9日  1ページ 「確かに五年前、小和田さんの調査をしました」 皇 ...

-・鑑定, 要人の鑑定

Copyright© 伏見顕正の政経塾と四柱推命 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.