人気ブログランキングに参加しています。


四柱推命占い鑑定|帝国の衰亡|大富豪オナシス

  スポンサードリンク  

《ケネディ家と関わった人々―「呪い」は伝染する・オナシス家の人々

1968年10月20日、「世期の再婚」のニュースが世界を駆け巡りました。故ケネディ大統領の未亡人の、ジャクリーン・ケネディとギリシャの海運王で世界的大富豪のオナシスとの再婚です。

共に再婚、子連れでした。多くの日本人が、オナシスというギリシャ人の金持ちを知ったのは、初めてだったと思います。ヨーロッパ社交界では、札束で愛人を作ることで有名でしたけど。

私も、小学生でしたけど、この時初めて知りました。父も興味があったらしく、「オナシスは、戦後に、煙草で大儲けした男だ」と教えてくれました。

もし、ジャッキーがオナシスと再婚しなければ、7年後にオナシスは死にましたから、多くの日本人は、このギリシャ人富豪を知らないまま現在に至っていたでしょう。

 

スポンサードリンク



 

オナシスの経歴

生い立ち

オスマン帝国時代のスミルナ(現トルコ領イズミル)で、中流階級のギリシャ人家庭に生まれた。紛争の中でオナシス家は全ての財産を失い、ギリシャへ難民として移住。

1923年にはギリシャを離れ、最初にウルグアイ、モンテヴィデオへ行き、後アルゼンチンに渡り、1925年にアルゼンチンとギリシャの市民権を取得した。

 

海運王

最初にモンテヴィデオの旧市街地に居を構え、葉巻タバコの商売を始める。その由縁あって、市内にあるエレニカ・ギリシャ正教会は、彼の全面的な寄付によって建設された。

後、アルゼンチンにおいて同様の葉巻の輸出などの貿易業を始める。さらには第二次世界大戦最中のフアン・ペロン政権下において、食肉のヨーロッパへの輸出なども手掛け大きな成功をおさめた。

その後ギリシアにもどったオナシスは、第二次世界大戦後に余剰化した連合国軍の船舶を安値で購入し海運業をはじめ、さらにギリシアの海運王のスタブロス・リバノスの娘の

アシーナ・リバノスと結婚した。これにより規模を拡大した海運業は、戦後復興を進めるギリシアとヨーロッパ諸国においてまたたくまに成功し、

1957年にはギリシャのフラッグ・キャリアであるオリンピック航空を設立するなどさらに事業領域を拡大し、間もなくオナシスは「海運王」と称されるようになった

以上

 

日本でも多くの事例がある、所謂「戦後成金」でしょうか?

私のイメージとしては、ロッキード事件で有名となった、政商の小佐野賢治がぴったりです。

そして、私はこの男の顔がどうしても自分のイメージするギリシャ人とは違います。死ぬまで愛人だった、ソプラノ歌手のマリア・カラスはまだギリシャ人に見えますが。

 

世界史を紐解くと、1453年、わずかに命脈を保っていたビザンチン帝国(旧東ローマ帝国)のコンスタンチノープルをオスマントルコのメフメト2世が陥落させ、「いわゆる古代ギリシャ文明」を引き継ぐものは、地上から消えました。

それ以前に、現在ギリシャの領土の99%はオスマン帝国の支配下にはいっていました。名実ともに、東ローマ帝国が亡くなったということは、「ギリシャの滅亡」でもありました。

そのごは、ギリシャが独立するまで、現在のギリシャの領土内では、古代ギリシャ人と、トルコ人の混血が進みます。所謂「エスニック・クレンジング」です。

よく言われる例としては、モンゴル来襲前後の朝鮮人の、顔の特徴及び骨格の激変です。

「朝鮮人  モンゴル侵略 顔」の画像検索結果

ギリシャ人たちは、400年近く、自分たちを支配し、混血を進めたトルコを今も恨みに思っています。

ですから、現在、トルコがEUに加盟申請しても許可されないのです。理由は、ギリシャが強硬に反対するからです。

話はそれましたが、私はこのオナシスという男の顔がギリシャ人に見えません。現在のトルコ共和国の人に見えます。

オスマン・トルコ帝国は、「異教徒と異民族に寛容」な帝国でしたから、滅亡後も帝国内で、ギリシャ人は活躍しています。

東南アジアにおける華僑のように、オスマン帝国内の「金融の利権」を握り、代々の皇帝の「宰相」も多く輩出しています。

ですから、戦後のどさくさに紛れて、オナシスがのし上がっていくことは、比較的容易だったと思います。旧帝国内に、ギリシャ系富豪や財閥がたくさんあったわけですから。初婚の相手がそうです。

★それにしても、この再婚の「両者の思惑」を暴露した写真が、ギリシャ、イオニア海の孤島での、二人の結婚式の写真です。

新婦は38歳、新郎は58歳、親子ほどの年齢差、新郎の風貌は、風采が上がらず背の低い、トルコ系人種、教養や知性も感じられない。おまけに、花嫁のほうが背が高い。共に二人の連れ子。

・新婦は「露骨な金目当て」、

・新郎は、「世界超大国の元ファーストレディとの結婚による箔付け」、

世界中は気づき、気づかれていることにわかっていなかったのは当の二人だったでしょう。

それでは、オナシスの命式を見てみましょう。

 

四柱推命鑑定命式

アリストテレス・ソクラテス・オナシス

1906年1月15日生まれ~1975年3月15日(69歳)

・・・上 中 下 宿命星 十二運 吉凶星

年柱 乙 巳 丙 偏官 印綬 帝旺 駅馬

月柱 己 丑 己 比肩 比肩 墓

日柱 己 未 己    比肩 冠帯 羊刃 暗禄

時柱 癸 未 己 偏財 比肩 冠帯 羊刃 暗禄

【子丑空亡】月柱に丑があり、空亡するが、日柱と時柱の2個の未と二重に冲「ちゅう」を形成するので、解空する。

 

【総合鑑定】成功者、資産家としては、一般的な命式だが、結婚運はない。

 

十二運を見ると、帝旺、墓、冠帯、冠帯です。墓が気になりますが、総合的に身旺と判断してもよいでしょう。

自分の命式に、墓が現れると、不愉快に思う人もいるとは思いますが、墓は「おはか」だけではなく、墓庫(ぼこ)を開くという意味もあります。

どういう意味かといいますと。ずばり、「アークレイダー」です(笑)。王様の墓を発掘したら、金銀財宝がべらぼうに出てきたという意味で、利殖には持って来いのサインです。

 

月令を見ると、1月中旬生まれの己(畑の土)です。己の旬は夏ですから、月令は得ていません。年柱に偏官と印綬が並んでいます。一種のパワーラインを形成しますので

出世の可能性はあったでしょう。注目すべきは、正妻の星の正財がないことです。結論から言うと結婚運は有りませんでした。厳密にいうと幸せな結婚生活とは縁のない人でした。

 

2度結婚しました。

初婚は、マリア・カラスを愛人にしたために破局、

2度目の結婚は、ジャッキーはオナシスが用意したパリの高級アパルトマンで同居することもなく長期の別居で、オナシスはジャッキーとの離婚申請を考えているうちに病死しました。

ちなみにオナシスの二十八宿は、氐宿(ていしゅく)です。

ジャッキーは婁宿(ろうしゅく)ですから、破壊縁です。

しかも遠距離ですから、破壊作用は激甚です。

オナシスがジャッキーを破壊するほうですから、ジャッキーはオナシスと一つ屋根の下に暮らすと息が詰まったでしょう。喧嘩も多かったと思います。

 

《ババを引いたオナシス》

ジャッキーと再婚した日の行運を見てみましょう。

1968年 戊申庚 劫財 傷官・・・劫殺3個

10月 壬戌戊 正財 劫財

20日 癸亥壬 偏財 正財

何と!傷官の年に結婚したんですね。神様が、オナシスに金食い虫のジャッキーをあてがったのです。加えて、劫殺が3個も来ます。災難が外部からくる暗示です。

災難とはジャッキーのことだったのでしょう。

10月は正財の月運です。正財=正妻ですから、挙式には、最適な月だったのでしょう。

20日は、日運は亥の日で、年柱の巳と冲「ちゅう」を形成します。不吉な日でした。

しかし、もっと面白いのは、20日の宿命星です。その後のオナシスの人生を暗示しています。

偏財と正財が並んでいます。それぞれ、愛人と正妻の意味です。オナシスはジャッキーと結婚するときは、マスメディアに対しては、カラスとは別れたと公式発表しましたが、それは嘘で、二人の愛人関係は、ジャッキーと再婚後、オナシスの臨終まで続いていました。

 

《再婚後のジャッキー》

連れ子のキャロラインとJFKジュニアは、オナシスと良好な関係を築きましたが、オナシスの連れ子の、アレクサンダーとクリスティナは、ジャッキーを拒絶しました。

クリスティナは、ジャッキーを「ゴールドディガー」(金鉱夫?意訳して「金目当て」か?)と呼び、アレクサンダーは「ジャッキーは高級売春婦だ」と公言していました。

もともと利害得失のための結婚、夫婦仲は悪く、連れ子とも不仲なら、ジャッキーがおとなしくしているはずはありません(笑)

オナシスの金を湯水のように使い、旅行に、買い物に狂います。高級不動産を買い漁ったというのも凄いです。

 

そんな彼女も、元の婚家のケネディ家には、義理を欠かしません。

1969年、義父のジョー・シニアが、危篤になったと聞くと、駆け付けて、葬儀にも出席しています。

ジャッキーの高級不動産買い漁りなどは、一説によると、オナシスの金をケネディ家に流していたという説もあります。

オナシスの臨終にも葬儀にも出席しませんでした。しかし、離婚はしませんでした。勿論財産目当てでしょう。

オナシスの莫大な遺産は、彼の遺書に基づいて

・娘のクリスティナが55%、

・アレクサンダー・S・オナシス財団が45%

(これは1973年に飛行機事故で死去した彼の息子アレクサンダーが相続するはずだった分の財産である)

の遺産を得た。また、妻ジャクリーンは義弟エドワード・ケネディによる交渉の結果、1,000万ドルといわれる(2,600万ドルともいわれている)財産を手にした。

★要するに、ジャッキーは再婚後も、心はケネディ家にあったわけですね。再婚後も義弟エドワードや、義妹エセル(ロバートの未亡人)らと頻繁に情報交換していた可能性が大です。

オナシスは遺言に、自分の遺産を受け取れるものは「ギリシャ語を話せるものだけ」という付帯条件を付けていましたから、これは事実上のジャッキー排除です。

そこを突破して、2600万ドルせしめたのは、エドワード・ケネディの交渉力は凄いです。

1975年当時の円ドルレートは覚えていませんが、日本円に換算しても巨額な財産分与だったでしょう。

余談ながら、オナシスに終生愛を捧げた、マリア・カラスにも遺産を分与してあげてもよかったのではないか・・・と思います。

ジャクリーンの相続した財産は彼女の愛人モーリス・テンペルスマンの手によって数億ドルに利殖されています。

10倍以上のリターンですね(笑)これは絶対、インサイダー取引だったと思います。

次に、オナシスの長男で後継者だったアレクサンダー・オナシスの命式を見てみましょう。

次号へ続きます。

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。

12 件のコメント

  • オナシスの記事を読むと紀州のドンファンを連想してしまいます。それにしてもジャッキーは元ファーストレディという肩書きでは物足りないのでしょうか。欲が深いですね。スカーフを被っているジャッキーは結婚後数年くらいしかたっていないと思いますが、劣化が酷くて強欲さが顔に出てます。

  • いつも興味深く拝見しております。
    オナシスの娘、クリスティナ・オナシスもぜひ鑑定していただきたいのですが、
    大富豪の娘に生まれても、決して幸せにはなれなかった方です。
    彼女とは同年代で、時々風のうわさを聞いており、若くして非業の死を遂げた
    かわいそうな娘さんです。
    人生って何なんだろうと思います。因果律なのでしょうけれど。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%82%B9
    よろしくお願い致します。

  • 伏見様
    早速オナシスの鑑定をありがとうございます。
    エジプトのムバラク元大統領と、オナシスの顔は、似ていないでしょうか?エジプト、UAEあたり、中東のどこかにオナシスのような顔の人はいるかも。
    マリア・カラスになぜ財産分与がなかったのか、私も不思議に思っていました。ジャクリーン姉妹とマリア・カラスの最大の違いは、ジャクリーン姉妹の実家が良かろうと社交界の花だろうと、マリア・カラスは姉妹が足元にも及ばぬ世界的なオペラ歌手だったこと。プロの歌姫は、自分が楽器なので厳しいレッスンを日々、日課にしていたでしょう。イタリア大統領も来ていたオペラの、第一幕でマリア・カラスが帰ってしまった事件がありました。自分の声が気に入らなくて帰ったらしいのですが、興行主にとってはとんでもないこと。108kgから体重を半分近く減らしてから彼女の声が不安定になり、凋落が始まったそうです。マリアにとっては、レベル以下の歌を聴かせるなんて耐えられない恥だったかもしれません。お金より、自尊心の方が大事だったのでは?

    • 読者さんへ

      そういえば、ムバラクに似てなくもないですね。
      マリアについてのご指摘は鋭いと思います。

  • 追記です。嘘か真か、レーニエ大公に、最初はマリリンモンロー。そのあと、グレースケリーを結婚相手にと勧めたたのが、他ならぬオナシス氏だったとか。ケネディ大統領在任中に、レーニエ大公とグレース王妃は、ホワイトハウスを訪問しています。オナシス氏とジャクリーンさんが再婚した後に、グレース王妃とオナシス氏は亡くなったのかしら?ケネディ家の呪いなのか?ジャクリーンさんが不幸を持って来ちゃっただけなのか?

  • 伏見様
    マリアの性格当たってましたか?ありがとうございます。
    ジャクリーンは、米国にいたら自分と子供の命も危ないと泣きついたらしいのですが、オナシスがジャクリーンとの結婚が失敗だったとわかってから、私の想像では、ダイヤのブローチやネックレスをマリアにプレゼントして、よりを戻してもらったのではないかと思っています。パリには王室御用達の高級宝石店が幾つもありますし。
    マリアの謎の死は、マリリン・モンローの死とちょっと似ているような気がしました。彼女の宝石類や財産は、誰かに盗まれていなかったかどうか。最後の公演を日本で締めくくり、日本をとても気に入っていたのが幸いです。http://www.tapthepop.net/day/50516
    オナシス 69歳
    アレクサンダー・オナシス 24歳
    クリスティナ・オナシス 37歳
    マリア・カラス 53歳
    ジャクリーン 64歳
    ジョン・ケネディ・ジュニア 38歳
    皆様若く亡くなっていますね。
    ジョンは、NY検事補をやめて1995年に政治雑誌Georgeを創刊してメディアに公開したことが、将来は政治家として打って出ると警戒された。大統領に絶対にさせまいとする勢力の仕業だったのでは、とどこかで読んだ記憶があります。
    ジャクリーンが遺産争いで金の亡者的になったのは、もしかして息子のジョンを米国大統領にするための選挙資金を得るためでもあったのかな?と想像しました。

  • 度々すみません。やはりカラスの歌声は素晴らしい。
    マリアは他人にも自分にも厳しく、妥協しない人だったのでしょうね。
    実母からお金をせびられて絶縁、怒った母親がマスコミにあれこれ告げ口、結果マリアへのバッシング、ストレスから体調崩す。オペラを途中でキャンセルして恨みを買う、メディアから雌虎と書かれるなど風当たり強く敵を作る。マリアの言い分もあったと思うけれども、イメージダウンになり損ばかり。稀なるオペラ歌手としての実力があったのに、運が、、、
    山口百恵さんの「蒼い時」に、「歌手として売れ出したあと父親が母親にお金をせびりに来たこと、何度か応じてこれが最後、と言い渡した」と書かれていたことを思い出しました。その後の彼女の人生を見ると、家に強盗が来ても無傷で助かっているし、総じて順調な人生。捨て金も必要なのですね。
    最初の30歳年上の夫ネメギーニと離婚しないで、オナシスと愛人関係でいた方が幸せだったのにと思いました。富豪ネメギーニはマリアが太っていて一流になる前に見出し、プロポーズしたパトロンでありプロデューサーでした。マリアの死後彼女の自伝を書き、マリアへの誹謗中傷を訂正してから逝去したとか。

    • 読者さんへ

      貴重な情報有難うございます。
      それと、ハンドルネームを、識別しやすい、特徴のあるものに変更してください。
      「成りすまし」や「工作員」を防ぐためです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。