人気ブログランキングに参加しています。


四柱推命占い鑑定|帝国の衰亡|(前)ケネディ家総括

  スポンサードリンク  

【アメリカの衰亡】ケネディ家の呪いー総括と補足

ケネディ家の人々の悲劇と呪いを、描いてきましたが、総括として、専門家の文献を参照して補足したいと思います。

参考文献は、下記です。

・ケネディ家の呪い 越智道雄 イースト新書

・アイルランドを知れば日本がわかる 林 景一 角川ONEテーマ21

スポンサードリンク




 

≪アイルランド系移民のアメリカでの立ち位置≫

★日本に例えれば、在日朝鮮人及び、その帰化人

戦前、東大総長だった矢内原忠雄は、当時大日本帝国の一部だった、日本本土と朝鮮半島との関係を「英愛関係」の相似形として、考察しています。

英とは、英国=大英帝国、愛とは、アイルランドの漢字名です。

矢内原は、アイルランド人の激しい抵抗に苦しむ、大英帝国を見て、両者の関係を、日本民族と、朝鮮民族との関係によく似ていると考察しました。

★歴史をざっくり見ると、12世紀にイングランドの植民地になり、20世紀に大英帝国から独立するまで

約800年間、イギリスに支配されました。両者は水と油です。

・イギリス・・・アングロサクソン人・・・プロテスタント

・アイルランド・・・ケルト人・・・カトリック教徒

この関係は、新大陸アメリカが発見されても続きます。

ピューリタン(清教徒)革命に敗れて、メイフラワー号に乗って、北米、東海岸に到着したイングランド人はアメリカ建国後、WASPとして、アメリカの支配階層になります。

WASPとは、御存知のように、White Angurosaxon Purotestant・・・白人で、アングロサクソン系で、宗教はプロテスタントの人たちです。

そして、母国で、イギリス人に苛め抜かれていた、アイルランド人達も新天地を求めて、アメリカに大量に移民します。

しかし、アメリカでもWASPに差別され、苛め抜かれます。

南北戦争では、北軍、南軍ともに、アイリッシュ(アイルランド系アメリカ人)は最前線に立たされて、膨大な戦死者を出しました。

WASPの「盾」にされたわけです。

★しかし、敬虔なカトリック教徒の彼らは、離婚を認められず、中絶も認められないために、「人口爆発」し、丁度、JFKが大統領に当選したころは、アイリッシュの人口がWASPを逆転したころだと言われます。

★差別されてきたアイリッシュで、しかも、カトリック教徒の大統領ということで、建国以来の支配層のWASPにはケネディ大統領の誕生は、「悲劇」「拒絶感」が半端なくあったでしょう。

現に、ケネディ大統領が、政権の要職を決めるときに、WASPの大物政治家たちは、軒並み、JFKの誘いを拒絶しています。

 

≪ケネディ大統領の父、ジョセフ・パトリック=ジョー・ケネディの評判≫

ジョーは、ほとんどマフィアと一体となって、違法行為で巨富を得た財界人です。

日本でいえば、西武グループの創始者の、朝鮮系部落民だった堤康次郎、稲川会の政治部門の代表だった小泉純一郎にあたります。

ジョー自身も、アメリカ史上初のアイルランド系大統領を狙っていましたが、評判が悪すぎたのとフランクリン・ルーズベルト大統領から、駐英国大使に任命されると、勝手にヒトラーと親しくなり、更迭され、大統領の野望を諦めました。

4人の息子を「大統領候補の駒」にしたのです。

次号へ続きます。

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。コメントを非公開希望の場合は、タイトルに非公開希望とお書きください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。