復刻⑤|黒いトドコとBBプロジェクト①

72からの続きです

復刻⑤|黒いトドコとBBプロジェクト①|

結論「トドコは男だった」

※gooブログ「伏見顕正の時を斬るブログ」の復刻版です。

※内容は、2017年07月の時点での検証です。掲載している画像と記事の内容は無関係です。

2017年07月29日

ヨン様時代からのファン、皇室掲示板「正義派」の紳士・淑女必読・無限拡散

http://upshooting3.rssing.com/chan-2641168/all_p56.html

常連読者様へ暑中見舞いを出した後、でれでれ草さんの記事を出色の記事を読んでいて、ふと記憶のセンサーに引っかかるものが有った。

「この、トド子っていう女性、昔、私のブログのコメ欄に書き込んだことなかったけ?」

いつ頃だったか、確か私が、皇室問題を取り扱い始めたころ、2015年秋のコメント欄を探すと見つかった。

「非公開希望」とあるが、「情報内容」はそれなりに、貴重であり、なおかつ、トド子は、先日の記事で私を罵倒しているので、既に、信義は

彼の方から破っており、こちらも公開に踏み切ろうと思う。リーク内容は衝撃である。

 

以下コメ欄から転載

伏見顕正様、こんにちは。

私は「♪ヨン様と一緒♪」という嫌韓ブログのブログ主です。

私の本職は文筆業なので、トド子としては文体を故意に変えて韓国持ち上げの裏を書きました。

腐女子設定で東宮のセフレの事を小説風に書いたのは、私自身の兄姉二人共学習院初等科から大学まであがっていた事と、

私の実家が目白だったということで浩宮、礼宮、紀宮ととても近いところにいたからです。ですから浩宮のセフレを具

体的に知っておりました。吹奏楽のメンバーの一人です。

ゲイで受けの男性で何回も浩宮の相手を務めていました。雅子卑など登場するはるか前のことです。

その関係は結婚後も続いており待ち合わせ場所は個室の有る地下の寿司屋でしたよ。
浩宮自体は入れる穴専属がいたのでしていたのだと思います。相手は色白細身の女性っぽい仕草の完全ゲイの方です。

何故詳細を私が知っているかというとその男性自身が新宿二丁目のゲイバーの常連で自慢話でペラペラ喋っていたとき偶然いたからです。

ポラロイドの嵌め撮り写真まで見せられました。

私は学習院では無く某国立大付属に行っていましたが姉が浩宮の学友だったんです。
ですから初等科の成績や大学でのトンデモエピソードは姉から聞いていました。今ブログを休止しているのは脅迫があった訳では無く、単にトド子として役割を終えたと思っていたからです。

ブログ開設当時は異様な韓タレ持ち上げ提灯ブログしかありませんでしたからね。

私が何故韓タレ持ち上げを茶化していたかというのも電通や博報堂、NHKエンタープライズの中にいたからです。

実際どういう風にムーブメントを起こすのかという事も熟知していました。

チャングムの誓いのときの持ち上げには巨額の宣伝費用がかかっていたこと、

アニメのチャングムは枠を横取りして放送されたことも具体的に誰がしたのかも解っています。

たまたま捨て番組だった冬のソナタがムーブメント起こしただけの茶番劇です。

冬のソナタのロケ地は文鮮明の土地でそこが次回の冬季五輪に選ばれました。

雪もほとんど降らないところでどうやって冬季五輪開催するのでしょうね。

文鮮明死去後金銭的な行き詰まりから全ての計画が白紙に戻っています。

私としてはトド子という仮の姿で韓流のいかがわしさをエンターテイメント性を加味してブログで告発していただけです。

ある意味嫌韓の先駆者足り得たと思っております。

天皇関係もかなり踏み込みづらい内容ですがBBさんや伏見さんの主張は間違っておりません。

妙な脅迫などに負けないでください。

陰ながら応援しております。

転載以上

★何とトド子は、女性ではなく、男だったのである。

 

 

スポンサードリンク



 

 

 

2017年07月30日

ゲイ・トド子を起点とする不可思議なネットワーク。井沢満氏―ふぶきージュゴンーBB-トド子、

http://upshooting3.rssing.com/chan-2641168/all_p56.html

≪トド子は間違いなく男性、しかも、ゲイかホモ≫

トドコは有る女性ブロガーの所に、非公開で「記事にしていいよ」とネタをリークした。

内容は、「キム・コムロ」の母親の出自、福岡の金塊事件の黒幕は美智子と言う事についてだそうだが、

★彼女は、「自分は手を汚さずにひとに「危ない橋」を渡らせる卑怯な男だと憤慨し、記事にしなかった」そうだ。

その中で、はっきり「私は男性だが・・・」と述べている。

★何やら、BBブログのコメ欄の「集団苛め」に似ている。手下に「反論コメント」をリンチさせて、自分は高みの見物を決め込んでいる。

 

≪日本の地下の三代ネットワーク、在日のネットワーク、部落のネットワーク、ゲイのネットワーク≫

「ゲイのネットワーク」は結構強力である。

「英国女性・リンゼイ・アン・ホーカーさん殺人事件」の犯人、市橋達也が最初に逃げ込んだのが東京の「新宿2丁目」、ゆうめいな「おかま特区」

である。市橋は、そこで、ゲイ仲間に匿われ、資金を出してもらい、整形手術し、逃走資金を貰って、大阪にいたところを逮捕された。

★前の記事の、「佐伯徳仁の男セフレスキャンダル」も本人がゲイでなかったら知り得なかった情報だと思う。

 

≪井沢満氏とBBブログとの奇妙な共通点≫

http://blog.goo.ne.jp/mannizawa

① 「昭恵夫人叩き」と「稲田朋美」叩きの奇妙なシンクロ(同期性)

② ブログ運営ポリシーが共通。

③ ②は、私が実際に、見たことである。普段は滅多に見ないが、「皇室問題」にも突っ込んでいるので、丁度眞子様騒動が始まった頃、偶々覗きに行った。

コメ欄で、ある読者が、眞子様とキム・コムロの相性を鑑定した記事のリンクを貼り、彼が承認した。

すると、「じゃあがじゃあが婆」と言う婆が、「先生があんなブログを推薦すると、先生の信用が堕ちますよ」と書き込んだ。

それに、対する井沢氏のコメ返しは「私は、相手を批判しても「全否定」はしませんよ」だった。

★私は、全く同じ主張をBBブログで、「所謂BBさん」が書いているのを見た。

これでは、BBブログは、井沢氏が台本を書き、「トド男」が運営管理していると、想像されてもしようがないだろう。

かつて、井沢氏自身が「私は10人以上のキャラになれる」と豪語していたが、ベテラン脚本なら朝飯前だろう。

以上

 

2017年07月30日

上手の手から水がこぼれる

http://upshooting3.rssing.com/chan-2641168/all_p56.html

しかし、ベテラン脚本家らしからぬ、「つまらないイージーエラー」だった。

女性が、真昼間に「浴衣でデート」の「るんるんデート」事件だ。

※WEB魚拓 https://archive.is/iWG37

多くの女性読者が、直感的に違和感を感じる。「浴衣は寝間着と同じ、それで昼間に男性と普通合うかしら?」

BBコメ欄に書くと「集団リンチ」に遭う為に、みな、難民のように私のコメ欄で書き込みを始める。

以前はBB批判の書き込みは、友好関係上、承認していなかったが、「真っ当な批判」を承認しないと

私も「筋が通らない」、「所謂BB氏」批判のコメも徐々に承認するようになった。

★昨年、ダヤン氏が「所謂BB女史」のプロファイリングをしたことが有る。記事にはしなかったが、それによると「60歳から70歳の女性」と言うことだ。不思議と井沢氏の年齢層と重なる。

私は鑑定した読者からよく電話がかかってくることが有る。その中のある女性が、

「私、井沢満先生には「女」を感じる」と言っていた。

言われてみれば、そうかな?記事には旧知の女優数人の「女子会」に彼一人で招かれ弾けている写真もあった。

★残念なのは、氏が、ふぶきージュゴンの輩を呼んで、「講演会(笑)」を開かせたことだ。

今後、連中は、「講演会の勧誘」に「大脚本家井沢満先生の所で開催した実績が有ります」と言い始めるだろう。

悪評プンプンの連中に「権威づけ」をしてくれたのである。

 

≪井沢氏のブックマークの不思議≫

たった3人、少ないのは「トド男」と同じ、しかもマークしたブロガーが皆、朝鮮人、大脚本家先生が推奨なさるなら

余程すぐれた朝鮮人ブロガーなのだろう、と一人を覗いてみると。本文はほんのわずかで、コメ欄には「ネトウヨ」の罵詈雑言があふれていた。

個人の勝手だが、日本人のブロガーが一人ぐらいいてもよさそうなものだと思う。

 

2017年07月30日

井沢満氏―ふぶきージュゴンーBB-トド子、

http://upshooting3.rssing.com/chan-2641168/all_p56.html

以下、ある女性ブロガーのブログへのトド子の書き込みです。

トドコ

上記の有栖川詐欺事件、北野はるみという女が逮捕されましたが、あの当時週刊新潮で北野はるみの

プライベート写真がモノクログラビアで出ていた事はご存知でしょうか?

花見の屋形船でカラオケしてリラックスしている写真です。実はその写真で北野はるみとデュエットしている男性は私です。

当時私は週刊新潮のライターをしていましたから。

顔バレしないで黒の目線かモザイクしてたら出しても良いよと私自身がOKを出しました。

トド子としてヨン様と一緒という嫌韓ブログをしていたのもマスコミの渦中にいたので、架空の女性のトド子という設定を作り、

業界内の内情をパロディっぽく書いていました。唐突に終わらせた理由は韓流の終焉が解ったからです。

その北野はるみは自称エステシャンの在日で私にモーションをかけてきて、気持ち悪いので足オンナと陰で呼んでました。

結構な年齢なのに足だけ妙に綺麗だったからです。新宿のゴールデン街の某店主催の屋形船の出来事でした。

北野はるみは在日韓国人で高春美(コーチョンミ)と言うのが本名でした。

私がロックオンされた理由は独身で目白に実家があり、いわゆるお金持ちの息子と思われたからでしょうね。

さて例の眞子様の婚約者、小室圭について新潮の編集長に電話してカマをかけてみました。私のことをよく知ってますし、古い仲ですから。

小室圭の父親の自殺はどうやら変死を神奈川県警が自殺にしたようです。小室家と母親が不仲なのは保険金と遺産について揉めたのが真相です。

私が「林真須美みたいなもの?」と尋ねたら「近くも無いけれど遠くもない」という返事でした。

小和田のバーゼルの事も実はほぼ全部のマスコミが掴んでいますが記事には書けないそうです。

あと天皇皇后の唐突なベトナム行きは小和田を救う苦肉の策ですが失敗したようです。政府専用機に金塊を載せて来たようですよ。

北朝鮮の純度の高い。 それをスイスの銀行に預ける代わりに小和田を釈放させる手立てだったようです。書いたら営業から苦情が来るという返事でした。

要するに皇后が主要スポンサーに圧力をかけて広告出稿をやめさせると言うことでしょうね。ちなみに女性誌は実売で全く売れなくても儲けが出ているんですよ。広告出稿で。

妙な風俗嬢募集とかありますよね?コンパニオン募集のような。ああ言うので利益が出ているので販売部数はほとんど数字上の操作です。

田舎の美容院とか定期購読するところも多いですからね。そしてスポンサーの大半は在日系です。

パチンコマネーとべったり癒着しているので彼らに都合の良い記事を適当に書くだけのくだらない仕事です。

流行ってもいない韓タレが表紙だったりするのも宣伝費がキックバックされるからです。

女性誌のレベルは最悪だと思って間違いないと思いますよ。女性自身、女性セブンなんかは在日のための在日による広報誌と思ったほうが良いかと。

海の王子も〇〇さんが指摘していることはほぼ合っています。

小室圭の出自や経歴をすり合わせるととんでもない驚愕の事実にぶち当たりますから。 眞子様が一時の気の迷いで小室圭と婚約と言うのは最低な選択だと思います。

ヨン様と一緒を書いていたときも様々な脅迫がありましたけれど、私は全く架空の女性として書いていたので実害はありませんでしたが、気持ち悪い連中に粘着されました。

まあ私は男性だし、トド子設定と全く違う年齢ですからどうでも良いのですけれどね。 日本に陰謀が無いなんて嘘です。

共謀罪を強行に反対する輩はほぼ在日、創価、部落と考えて間違い無いです。

平和ボケして気がつかないだけでどんどん侵食されていますよ。シロアリのように。土台から。

福岡での金塊強奪事件が続いて妙だと思われませんでした?全て色々複雑に絡み合っています。 女帝の意向で。

〇〇さんの判断で表に出しちゃって構いません。あくまで推理という形で。

小室圭の母親は売春と愛人業が本業でした。 同居している祖父と言われるのは元パトロンです。

表向き親子になっているのは養子縁組してるからだそうです。あと小室圭は在日3世の帰化人です。

インターナショナルに入った経緯も民潭絡みです。眞子様のハニートラップで仕掛けられたのは間違いありません。

秋篠宮が沈黙している理由は今上と美智子に脅されているからです。 荒唐無稽な話だと思われるでしょうが奥参事官が殺害されたのも美智子と小和田の命令です。

殺人も平気な連中ですから。〇〇さんもくれぐれも身元がバレないように気をつけてください。

完全に狂気じみた女ですから。美智子は。小室圭に関しては真っ黒なのでどんどん叩いてください。

陰ながら応援しています。 日本のあるべき姿を取り戻すのは今ですから。

*文責;元週刊新潮記者、トド男

以上

次号へ続きます。

 

 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 

※人気ブログランキングに参加しています。


無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件ほか

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

※コメントの投稿について
最近、工作員の嫌がらせや、常連読者様の成り済ましが増えております。そのため、コメントの投稿者のハンドルネームとメールアドレスの入力を必須とさせていただきました。メールアドレスは反映されません。管理人から、メールアドレス宛にメールを送ることもありません。ご了承ください。問題なく承認されている読者様はメールアドレスは変えないでください。(伏見)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です