人気ブログランキングに参加しています。


和装の理由|(115)井沢満・BB覚醒・ふぶきの部屋・カナダのわがまま親父とは(総括編)

  スポンサードリンク  

番組の途中ですが、、、

【自称脚本家井沢満は何故、似合いもしない着物を着続けるのか?】

私や、ダヤン氏が電子出版した事への妬みでしょうか、毎日のように、イザーハイノリーズ&カマーズ及び、「井沢オフ会」参加者の創価婆と断言できる「創価朝鮮工作員」の書き込みが続いているので、番組の途中ですが「井沢満の研究」を執筆します。

私がサラリーマン時代の同期入社の親友に大阪人(関学出身)がいます。

彼の「大阪人の美学」としては、子供の頃から、クラスで「浮いている生徒」を無視するのは「イジメ」だ。みんなで「いじって」、面白いリアクションを引き出してあげるのが「愛」なんだよ」と常々言っていました。

思えば、昨年結婚され、臣籍降下された元高円宮絢子女王(守谷絢子さん)だって、過去に私が「Fランク女王」という「キャラ設定」をして、広めてあげたからこそ「全国区」になったんですよ。

私が、「いじって」あげなければ、昨年の御婚約の発表だって、国民は「はあ?そんあ女王さんがいたの?」程度のものでしょう。

この私の「愛」に関して、高円宮久子氏から、一言お礼が有ってもいいのにな~と思っていますが、未だに有りません。

そういうことで、現在「雇い主」の創価学会から「工作員の契約は延長しない」と通告され、日当2万円、税込み月収60万円の未申告収入を失いつつある、「多重人格爆発」の井沢満を「いじって」あげようと思います。

何度も言いますが、これは「愛」ですから、念のため。

 

スポンサードリンク



 

過去に読んだ面白い本を思い出したので、再び、ざっと目を通すと、当時はさして気にも留めなかった箇所の目が留まった。

書名;テレビ局の裏側

著者;中川勇樹

出版社;新潮新書341

 

著者は略歴で、フリーのディレクターと名乗っている。

暴露本ではないが、華やかなTV業界の、舞台裏や仕組み、業界人について、かなり突っ込んで率直に事実を語っている。

ほぼ十年ぶりに読み返した、私の目を釘付けにしたのは、「放送作家≒脚本家」の項である。

「≒」としたのは、放送作家と脚本家は厳密には違うではないかという向きが出てくるからである。

 

Wikiで、脚本家の定義を見てみよう。

脚本家(きゃくほんか)とは、

主に映画・テレビドラマ・アニメ・漫画・ゲーム・舞台・ラジオドラマなどの脚本を書く人のことを指す。シナリオライターとも言う。

概要

テレビ番組ラジオ番組の進行台本を書く放送作家の事も脚本家と呼ぶ場合もある。ただし、職業上の自称や業界内部としては、これらは放送作家とする場合がほとんどであるため、一般に脚本家と言えば、狭義に「映画、テレビドラマ、アニメーション、漫画の脚本を書く人」を意味している場合が多い。

「狭義に」と言うことだから、数学の「集合理論」で言えば、「放送作家」という「母集団」のなかに「脚本家」が含まれると解釈しても間違いないだろう。

★そして、「テレビドラマ」「映画」と言う「生産物」を作る「工程(プロセス)」の一部を担当する「職能集団」と捉えて間違いないと思う。

本書P48、6行目からこう書いてある。

「放送作家は元々、ラジオからスタートした職業だ。50年代から、ラジオの放送作家として活躍した永六輔や青島幸男(中略)大橋巨泉などが、日本のテレビ創成期に活躍した。」

井沢満のWikiを見ると

こいつ未だ、早稲田の仏文中退なんて学歴詐称を抜け抜けと書いていますね(怒)

「井沢満よ、恥を知りなさい!」・・・・BBの覚醒記録人格口調で(爆)

https://web.archive.org/web/20190119070944/https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E6%B2%A2%E6%BA%80

しばらくはラジオを中心に書いていたが、(後略)

とある。中国朝鮮族の背乗り工作員カマーズは、昭和56年に、超人気脚本家の向田邦子が、読者もご存知のように外国で非業の死を遂げるまでは、テレビの脚本家としての「居場所」は無かったのである。

テレビに映っても、ハードゲイAVビデオの「同窓会」以外は、「視聴率の疫病神」で、関わった俳優、女優、プロデューサーを悉く、地獄に「道連れ」にしてきた。

 ★本質は、「ラジオの放送作家」と言ってよい(笑)

さて、仮に厳密に、放送作家と脚本家を区別するといっても、基本は「フリーランス」であり、視聴率と言う数字の実績を残せなければ、「次の仕事」は来なくなる点は全く同じである。

ここで、放送作家≒脚本家について、著者の業界人ならではの、鋭い実態指摘が有るので引用する。

P55

「貧しくても高級車」

11行目から

「現在は映画監督、大学教授として活躍する秋元康氏は、放送作家の後輩や弟子に「車だけは無理してでもいいのに乗れ」と言うそうだ。

そのココロは、高級車に乗っていることで、プロデューサーやディレクターなどのスタッフが、その放送作家を稼いでいる人、、つまり能力が有って売れている人だと思うからだという。だから、仮に、家はボロボロのアパートでも、無理をしておけばギャラの上昇に繋がる・・・・という教えだ。

以上

ここで勘の良い読者は、既にピンと来たはずだ。

チビで、足が短く、顔のでかい、偽眞子の婚約者の「キム・コムロ」顔負けの「二頭身カマ爺」が、神田の雑居ビルの前で、小和田雅子バリに高級車「マイバッハ」に手を置いて写真を撮っても、失笑を買いこそすれ、「絵」にならないだろう。

ドリフのコントならわかるが(爆)

それで、二頭身の中国朝鮮族のハイノリーズ&カマーズが思いついたのは「着物」である。

グーグルで「井沢満」で検索し、「画像」を見ると、奴の「朝鮮風着付け」の着物姿の写真がうんざりするほど出てくる。

昔、足立区育ちの在日お笑い芸人のビートたけしが売れ出したころ、ギャグと「嫌がらせ」で山本寛斎ブランドの服を着て、芝生を転げまわったりしたことが有った。

奴の過疎ブログの「井沢満ブログ」の過去から、アップしている写真を見ると、最古の2012年ぐらいは、着物ではなく、高価そうだが普通の服を着ていた。

恐らく、この頃までは脚本の注文は入っていたのだろう。

しかし、その後は、俄然として、これみよがしに、着物を着た写真のアップが多くなる。

理由は二つ

  • 「脚本の注文」が来なくなった。「世間」から忘れられて、無視されるようになったので、似合いもしない「高価な着物」を着た写真を盛んにアップして、民放地上波キー局の、プロデューサーやディレクターの目に留まるようにしたのである。
  • 過去の視聴率の取れなかった代表作「外科医有森冴子」を唯一の実績として、無知な地方のB層創価在日主婦の目に留まるようにして、「収益無申告」の「オフ会」の宣伝としたのだ。

 

要するに、過疎ブログ「井沢満ブログ」は奴の「宣伝・販促用の電子チラシ」に過ぎないのだ(爆)

ちなみにブログのこの利用法は、「ブログの商用利用禁止」をうたった、gooブログの「利用禁止規定」に抵触する。

この件に関しては、何度もgooの運営側に通報しているが、「gooブログ運営班」がイザーハイノリーズ&カマーズ、ふぶき連合に、「買収」でもされているのか、無視され続けている。

昨年年初の、「視聴率5%未満」の「金字塔」を打ち立てた糞ドラマ「明日の君がもっと好き」の2017年末から、放映中までのブログでの「番宣」は酷い利用規約違反だった。

しかし、2017年秋に、ドラマの台本が届いた時の喜びようと言ったら、「無名の脚本家」が初めて、ドラマの脚本の受注を受けた時の様な「欣喜雀躍(きんきじゃくやく;小躍りして喜ぶこと)」ぶりで、微笑ましくもあった(爆)

次号へ続きます。

 

人気ブログランキングに参加しています。


※コメントの投稿について
最近、工作員の嫌がらせや、常連読者様の成り済ましが増えております。そのため、コメントの投稿者のハンドルネームとメールアドレスの入力を必須とさせていただきました。メールアドレスは反映されません。管理人から、メールアドレス宛にメールを送ることもありません。ご了承ください。問題なく承認されている読者様はメールアドレスは変えないでください。(伏見)
 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 

1 個のコメント

  • 非公開希望さんへ

    なるほど、鋭い指摘ですね。気がつきませんでした。KUONとカナダ爺みたいな関係だったら笑えますね。目の下がダルダル。あの写真は2012年ですから、精神と腎臓以外にも持病を持ってるのかな?美輪については、コンサートで見かけたというリーク情報が有りました。裏は取っていませんが。岩下志麻に関しては完全に十八番のネームドロッピングでしょうね(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です