人気ブログランキングに参加しています。


閑話休題|新元号「令和」に関する見解①NHK青山祐子アナウンサーの退職

  スポンサードリンク  

 さて、2月1日以来、2か月ぶりの「閑話休題」です。

 本当はもっと「粋」な四文字熟語でシリーズ化したかったのですが、未だに思いつかないので、しばらく連番つけてこれで行こうと思っています。

 私にとっては「真剣勝負」ではなく、肩に力の入っていないカジュアルな記事で行こうと思っています。正直楽なので。

 年明け、このシリーズを始めた時、読者の方々が受け入れてくれるかな、と心配していましたが、掲載後、よく読まれている記事の上位に長くあったので、自信を持ちました。

 特にこの記事

【6年間も「産休」で休み続ける馬鹿アナウンサーがいる】

閑話休題|伏見顕正の予言、2019年私はこう見る②

NHKの青山祐子アナのことですが・・・・・・・

 ★退職するようですね

NHK青山祐子アナウンサーの退職「産休・育休7年」で「もらい逃げか」猛烈批判殺到

https://web.archive.org/web/20190320064851/https://wezz-y.com/archives/64352

NHKの青山祐子アナウンサーの退職が決まったと、複数のスポーツ紙が伝えている。関係者によれば、青山アナは15日付で退職するという。海外を拠点に仕事をする夫と幼い4人の子どもを持ち、7年のブランクがある青山アナは、<復帰には難しい状況がそろって>いるとのことだった。

 しかしこの退社報道に、ネットでは批判の声が大きい。青山アナが2012年から出社していないためだ。

 1995年にNHKに入局した青山アナは、2011年に一般男性と結婚し、20123月に長男、20136月に長女、20157月に次男、20172月に次女を出産。長男出産前に出演した2012120日放送の『スタジオパークからこんにちは』(NHK)を最後に、以来およそ7年間、産前産後休業および育児休業を取得していた。

 13日に一部スポーツ紙が青山アナの退職意向を報じるや否や、ネット上では「迷惑」「無責任」「非常識」「産休育休コンボ」「手当泥棒」「金返せ」「図々しい」などなど……青山アナへの批判が紛糾している。以下、ネット上に投稿されているこのニュースへのコメントを一部引用する。

「こんなの許されてええんか?」 「育休で税金むさぼりつくしたね」 「お手当てだけ頂いてウハウハだね」 「どの面下げて復帰するのかなぁ~と思ってたけど、もらい逃げか」 「NHKは国営みたいなもんなのに」 「すごい神経の持ち主だよねホント」 「ワーママの足を引っ張るような真似を…」 「7年間会社に行かずに給料をもらい続けたってこと? すごい神経だな。普通じゃないw」 「居るんだよね、制度を都合よく使うだけ使って、後ろ足て砂を掛ける形で辞めていく人。本当に迷惑。復帰するつもりがないのなら、早々に退職すれば良かったのに」 「子供を作って出産する事は自由なのでいいとは思いますが、仕事に復帰するのか子育てに専念するのかもうちょっと早い段階で決める事は出来ないのかな?」 「常識的に考えて連続して4人の子供が生まれて、仕事をするのなんて無理です。育休明けですぐ復帰するつもりなら、仕事することを前提とした家族計画も必要ではなかったのではないでしょうか?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・引用ここまで・・・・・・・・・・・・・・・・・

★随分と言われてますけど、当然ですよね(笑)

青山アナは身の潔白を証明するのなら、意地でも「復職」すべきだった(怒)

「産休」「育休」・・・同じ職場の上司、同僚に迷惑かけますけど、出産と育児の間はお休みを下さいというのが、制度の趣旨ではないでしょうか?

これを「女性の社会進出」とか「当然の権利」という議論になるとややこしくなりますが、

★「産休」「育休」明けには「職場復帰」することを前提に「制度設計」された「人事制度」ではないでしょうか?

もうかなり昔ですが、テレ朝に徳永有美という同局内に夫のいる女子アナがいて、お笑い芸人の、うっちゃんなんちゃんの内村との不倫旅行がばれ、離婚しましたが、テレ朝は徳永アナに、担当していた報道番組で「謝罪」させました。

私は偶々、テレビで「謝罪発言」の場面を見ました。

女性に手の早い、内村が悪くて、彼女には同情的でしたが、謝罪させたテレ朝も恥を忍んで、全国の視聴者にお詫びした徳永アナも立派だと思いました。

 

《「日本社会の常識」と「社会通念」が通用しないNHKという組織と職員たち(怒)》

本来なら、青山アナも退職する前に、全国の視聴者に一言「詫びるべき」だった。

「私のとった休暇制度が、世間の批判を浴びて、厳しい環境で働くワーキングママ達の立場を悪くしたことについて、この場を借りてお詫びします」・・・・・これくらいの一言が有ってもよかったんじゃないでしょうか?

★日本人の行動感覚及び「出処進退」の常識と「大きなずれ」を感じざるを得ません。

「青山」姓に占める在日比率は高いです。

左右対称だし、朝鮮人は「靑」という漢字が好きですしね。

 

《NHKは、「廃業」、天気予報、災害情報だけ報道するミニマムな総務省の一部局に戻るべき》

「皇室問題」に関する「情報操作」、安倍政権に対する「偏向報道」、特に、今上陛下の「生前退位」については、「飛ばし報道」までやらかしましたからね(怒)

もう信用できないし、許せない。

2へ続きます

 

人気ブログランキングに参加しています。


※コメントの投稿について
最近、工作員の嫌がらせや、常連読者様の成り済ましが増えております。そのため、コメントの投稿者のハンドルネームとメールアドレスの入力を必須とさせていただきました。メールアドレスは反映されません。管理人から、メールアドレス宛にメールを送ることもありません。ご了承ください。問題なく承認されている読者様はメールアドレスは変えないでください。(伏見)
 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です