皇女和宮の命式に見る皇室の伝統「複数体制」の維持②

スポンサードリンク

皇女和宮の命式に見る皇室の伝統「複数体制」の維持①からの続きです。

早速命式を見てみましょう。

皇女和宮親子内親王

 

スポンサードリンク



 

 

総合評価|お美しいが、お体が虚弱で、20歳までお元気であったかは疑問。

十二運を上から見ると、死、死、死、建禄で、典型的な身弱です

日柱の天干は7月生まれの甲(大木)です。植物には日光が不可欠ですが、夏の照り付けるような太陽は、植物を弱らせます。

従って、月令は得ていません。

命式の構造上は「非常に弱い」と言えるでしょう

吉凶星を見ると、月徳貴人2個と、紅艶が3個で吉星ばかりです。

★目を引くのは、「色気星」の紅艶が3個もあることです。

ネット上で拾える和宮の写真と言われるものには、「確定版」は無いようですが、女性は紅艶が1個あるだけでも、結構な美人さんが多いのに、3個もあると、ハリウッドなら、世界的な美人女優でしょうね。

他に、女性の「美人度」を示す星に「咸池」も有りますが、こちらは「好色」の意味も有るので微妙です(笑)

 

《命式上のリスク》

★「食傷過多」の成立

食神が6個、傷官が3個も有るので、過剰ともいえるほどの「食傷過多」です。

病気や災厄に縁があったのでしょう。

 

《五行のバランスが偏りすぎて異様》

五行のバランスを見てみましょう。

木・・・・4個

火・・・・8個

土・・・・0個

金・・・・0個

水・・・・0個

 

《夭折する児童の命式》

五行=五元素のバランスが異常に偏りすぎです。

それも、「火」が多過ぎます。

火が8個で、木が4個のみです。

先ほど、月令のところでも述べましたが、日柱の天干の甲、例えば杉などの背の高い木の生育には日光は不可欠ですが、強すぎる「火」=炎暑は、自分の体を痛めつけます。

★和宮ご本人は、本当に20歳まで健康で成長されたのだろうか?

次号へへ続きます。

皇女和宮の命式に見る皇室の伝統「複数体制」の維持③

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件ほか


狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

※コメントの投稿について
最近、工作員の嫌がらせや、常連読者様の成り済ましが増えております。そのため、コメントの投稿者のハンドルネームとメールアドレスの入力を必須とさせていただきました。メールアドレスは反映されません。管理人から、メールアドレス宛にメールを送ることもありません。ご了承ください。問題なく承認されている読者様はメールアドレスは変えないでください。(伏見)

3 件のコメント

  • 今のように写真や映像がないので複数体制はヤりやすかったでしょうね。和宮は謎の多い人物ですね。続きを楽しみにしています。

    • きなこさんへ

      今回は和宮という内親王が対象ですが、孝明天皇から以前は、京都御所では朝議があっても、天皇のお姿は
      御簾の中で姿は見えず、関白以下には声しか聞こえませんでした。
      若くして即位された天皇なら「声変わり」、壮年の天皇でも、夏風邪をこじらせて「声が変わった」
      と言えば、いつの間にか「替え玉」に入れ替わってもわからないと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です