※閲覧不能時の緊急告知用のブログ…ブックマークをお願いします 

  電子出版に当たっての免責事項…こちらをご覧ください   

マザーテレサ

《歴史上の人物に見る 四柱推命と感染症》

拙ブログの読者の皆様の新型コロナウィルスからの「自己防衛」に少しでも役立てばとの思いで、「感染症で亡くなった歴史上の著名人」を洋の東西を問わずに、解析してみたいと思います。

「マラリア」で死亡した歴史上の著名人➀マザー・テレサ

マザー・テレサ

http://archive.is/1O7fH

コルカタの聖テレサは、カトリック教会の修道女にして修道会「神の愛の宣教者会」の創立者。またカトリック教会の聖人である。

「マザー」は指導的な修道女への敬称であり、「テレサ」は彼女の敬愛したリジューのテレーズにちなんだ修道名である。コルカタ(カルカッタ)で始まったテレサの貧しい人々のための活動は、後進の修道女たちによって全世界に広められている。

生前からその活動は高く評価され、ノーベル平和賞を受けた。

元々、心臓に疾患があり、「基礎的疾患」の上に、マラリアに罹患して死亡しました。

それでは、命式を見て見ましょう。

 

四柱推命鑑定命式 マザー・テレサ

1910年8月26日~1997年9月5日生まれ(87歳没)

宿命星 蔵干 12運 吉凶星
年柱 印綬 正官 偏印 魁罡(かいごう)、

寡宿、

月柱 傷官 印綬 劫殺、

紅艶、

駅馬

日柱 劫財 帝旺 劫殺、

孤辰、

天徳貴人、

月徳貴人、

時柱 正官 偏財

【子丑空亡】

宿曜経 觜宿(ししゅく)

【総合鑑定】天徳貴人と月徳貴人のお陰で「2度の心臓発作」を乗り越えたが、外部からの攻撃の暗示の劫殺2個のパワーの為にマラリアで亡くなった。

日柱の天干は「癸(水滴)」で8月生まれです。

真夏の暑さで水滴は蒸発してしまいます。

癸は寒い真冬が旬の季節なので月令を得ていません。

それで、命式の構造は弱いです。

 

《印星殺の成立》

印綬が2個、偏印が1個あるので「印星殺」の成立です。

行運(大運、年運、月運、日運、時運)に「印星」が巡ってくると、運気が暗転する怖れが有ります。

 

《過去に2度心臓発作に襲われが貴人星のパワーでしのいだが最後はマラリアから逃げられなかった》

1983年、ローマで心臓発作に襲われ、1989年にペースメーカーを付けた。

天徳貴人と月徳貴人のペアがあります。

天乙貴人に昇格します。

この貴人星の力で、心臓疾患を抱えても、堪え凌いでいました。

外部からの攻撃の暗示の劫殺が2個も有ります。

これが、マラリアによる感染でした。

死亡した87歳の大運を見ると

86歳~96歳  乙亥―食神―帝旺・・・・血刃  劫殺2個

食神の大運で悪くはなく、十二運も帝旺で最強でしたが、病魔を暗示する血刃が巡ってきて、外部からの攻撃、感染を暗示する劫殺が2個巡ってきています。

 

死亡日の1997年9月5日の行運(大運、年運、月運、日運、時運)を見ると

宿命星 吉凶星
1997年 偏財 偏官 空亡、

羊刃

9月 正官 印綬 印星殺、

劫殺2個

5日 印綬 正官 印星殺

 

亡くなった1997年は空亡の年で、加えて羊刃が巡ってきていました。

9月は、印綬の月なので「印星殺」が成立し、しかも「感染」を暗示する劫殺が2個も巡ってきています。

これで「感染」を暗示する劫殺は、命式中の2個、大運の2個と合わせると6個にもなります。

5日は印綬の日で「印星殺」の成立した日でした。

 

好評発売中


→アマゾンへ  

好評発売中


→アマゾンへ

関連記事と広告


 好評発売中

→アマゾンへ

ネット界の仁義なき戦い

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件

ブロガー必見!ブログはこうして乗っ取られる!!狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!東アジア反日武装戦線の残党か??

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

創価学会、オウム真理教、阿含宗、疑惑の宗教歴。「同窓会」「君の名は」の脚本家は背中乗り中国工作員か?