※当ブログはリンクフリーです。転載する場合は、転載元の表記をお願いします。

※閲覧不能時の緊急告知用のブログ…ブックマークをお願いします 

  電子出版に当たっての免責事項…こちらをご覧ください     

竹田宮恒久王

スポンサードリンク


1918年の「スペイン風邪」の犠牲者と四柱推命

「スペイン風邪」で死亡した歴史上の著名人④竹田宮恒久王のケース

竹田宮恒久王

http://archive.is/6x5wu

日本の皇族・陸軍軍人。曾孫に作家で政治評論家の竹田恒泰らがいる。

人物

北白川宮能久親王の第1王子。妃は明治天皇の第6皇女昌子内親王。官位は陸軍少将大勲位功五級に昇る。

1906年(明治39年)、竹田宮の称号を賜り、宮家を創設。近衛騎兵連隊に属し、日露戦争に従軍した。1919年(大正8年)4月23日、当時全世界で大流行していたスペインかぜのため薨去。享年37。

 

台湾でマラリアの為に戦没した北白川宮能久親王の第一王子で「元皇族芸人」の竹田恒泰の曾祖父です。

命式を見て見ましょう。

四柱推命鑑定命式 竹田宮恒久王

1882年9月22日~1919年4月23日(36歳没)

宿命星 蔵干 12運 吉凶星
年柱 偏印 傷官 食神 「囚獄&白虎殺」、

紅艶

月柱 劫財 正官 飛刃、

咸池、

隔角

日柱 印綬 偏印 沐浴 「囚獄&白虎殺」
時柱 偏官 傷官 食神 「囚獄&白虎殺」、

紅艶、

月徳貴人

【戌亥空亡】

宿曜経 危宿

 

【総合鑑定】実父の北白川宮によく似た「ハイリスク型の命式」

父親と息子は遺伝的に似るが、命式も遺伝するのだろうか?

四柱推命を長年やってきて、多くの命式を見てきて、私が最近、ふと疑問に思うことです。

父親と息子は「托卵」でない限り、生物学的に「形質」が遺伝するのは当然のことです。

しかし、洋の東西を問わず、歴史上の著名人で、父と息子共に著名人であるケースはよくあります。

政治家の世襲であったり、オーナー企業の創業家の父と跡取り息子です。

私も父の命式と比較すると同じ吉凶星があったりします。

今回、ケースとして挙げた、北白川宮能久親王と長子の竹田宮恒久王、共通点は多々ありますが、ともに「感染病」に罹患して薨去されていることです。

その他にも命式を見るとよく似た特徴が見られます。

 

《「食傷過多」の成立》

食神が2個、傷官が2個あります。

「食傷過多」の成立です。

病気や災厄に遭いやすいと言われます。

「食傷過多」は実父の北白川宮にも有りました。

 

《「印星殺」の成立》

偏印が2個、印綬が1個あります。

「印星殺」の成立です。

行運(大運、年運、月運、日運、時運)に印星が巡ると運勢が暗転する怖れが有ります。

これも、北白川宮と同じです。

 

《「囚獄&白虎殺」のペアが3組も有る》

「囚獄&白虎殺」のペアは北白川宮の命式にはありませんでした。

 

《「官殺混合+偏印」の歪み》

命式中に、正官と偏官が共存しています。

この状態を「官殺混合」と言います。

偏印も同時に有ると「官殺混合+偏印」の「歪み」と私は読んでいます。

具体例を挙げると、電子書籍化しましたが、アメリカの大統領だったJFKがそうで、不慮の事故や非業の死と言った「凶兆」の暗示と見ます。

同時に偏財があれば「制化(せいか)」と言って、偏印の「凶作用」を抑えるので、心配ないと見ますが、竹田宮には偏財が有りません。

日柱の天干が「甲(大木)」で、9月生まれです。

甲は春が「旬」の季節なので、月令は得ていません。

その意味で、命式の構造は強くは有りません。

志村けんの様に紅艶が2個あります。

スター性の有る皇族だったのかもしれません。

月徳貴人という吉星が有りますが、早逝を防ぐには命式にウィークポイントが多すぎたのでしょう。

 

スペイン風邪で薨去した36歳の大運は

36歳~46歳 癸丑―印綬―冠帯―印星殺・・・・・羊刃 血刃

印綬の大運だったので「印星殺」の脅威の有る10年でした。

不吉の星の羊刃と、病気の暗示の血刃が来ています。

スペイン風邪で薨去した1919年4月23日の行運(大運、年運、月運、日運、時運)を見て見ましょう。

宿命星 吉凶星
1919年 正財 正財 羊刃×3個
4月 偏財 偏財 血刃×2個
23日 劫財 食神 劫殺

1919年は不吉の星の羊刃が3個も来ていました。

4月は、感染病を暗示する血刃が2個も来ています。

23日は、疲れ果てる劫財の日で、外部からの攻撃「感染」を暗示する劫殺が来ています。

 

《ダメ押しとなった「三合」「方合」のダブル成立》

23日の乙巳の「巳」と大運の「丑」、命式の「酉」が、巳―酉―丑の三合金局が成立します。

同様に23日の「巳」と命式中の2個の「午」、1919年の己未の「未」が

巳―午―未の「夏の方合」を2組成立させます。

「夏の方合」は「火の方合」ですから、灼熱の太陽です。

1919年は己未で天干は「己(畑の土)」です。

灼熱の太陽は、畑の土を焼いて、干上がらせてしまったでしょう。

まるで、スペイン風邪の高熱が宮の身体を焼くように。

 

スポンサードリンク

関連記事と広告


ネット界の仁義なき戦い

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件

ブロガー必見!ブログはこうして乗っ取られる!!狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!東アジア反日武装戦線の残党か??

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

創価学会、オウム真理教、阿含宗、疑惑の宗教歴。「同窓会」「君の名は」の脚本家は背中乗り中国工作員か?