※閲覧不能時の緊急告知用のブログ…ブックマークをお願いします 

  電子出版に当たっての免責事項…こちらをご覧ください   

読者の皆様へ御挨拶

読者の皆様へ 御挨拶

長いGWも終わり、危惧された「緊急事態宣言」の長期化ですが、各地での一日当たりの感染者数も「ピークアウト」の兆しもが出て安倍総理も「早ければ5月14日」にも、「緊急事態宣言の解除」を考えていると発表されました。

私はと言えば、政府や自治体の指示通りに、「3密」を避けて、外出から帰ったときは、手洗いとうがいを欠かさず、極めて地味な自粛生活を送っています。

さて、5月2日に告知したように、現在は

「反日工作員」の定点観測➀ご挨拶

先月末から「重体説」「植物人間説」で、世界の耳目を集めた、北朝鮮の独裁者の金正恩関連の情報を集めています。

読者の皆様、既にご存知のように、「北の刈り上げ君」は、告知記事をアップした5月1日に、国内「順川(スンチョン)」の

肥料工場の竣工式に、忽然と姿を現しました。

ある程度「予期」された「お約束」では有りましたが、私は未だに「健在」を誇示した動画に違和感を拭えません。

理由は

5月1日は、国際的にも「労働者の祭典の日」のメーデーです。

「おいおい、共産主義国の委員長が、メーデーをスルーして、肥料工場はないだろう(笑)」という率直な印象。

動画の「笑顔」を見ると、明らかに「別人」。

多くの親族や、党や軍の幹部を何の躊躇もなく「即断即決」で処刑してきた男とは、「似て非なる別人」だと判断しました。

殺人経験者の「オーラ」が皆無です。

例の動画が「公表」されると、早速、韓国の「反北保守」の匿名掲示板「イルベ(日刊ベスト)の住人たちが、一斉に「別人だね」「そっくりさんだ」の連呼の嵐でした。

「別人」だと思ったのは私だけだろうかと一時、気になりましたが、「民族同胞」の韓国ネチズンが、「別人だ!」と口々に連呼しているのを見て納得しました。

そもそも北朝鮮の「金王朝3代」について、特に現在の金正恩については、元公安調査庁第二部長の菅沼光弘氏ですら、「影武者説を完全に否定できない」と著書で述べています。

中国のネチズンが、彼のことを「金豚」や「金家三代目のデブ」と匿名掲示板でからかっていました。

これについては、金正恩本人が「私のことを「豚」と呼ぶのはやめてください(怒)」と中国の習近平に、外交ルートで抗議して、即日、中国のネットでは「NGワード」指定、書込み者は刑事罰に処されることが中国政府から全人民に「警告」されたそうです。

思えば、北朝鮮という国は、ミレニアル(20世紀→21世紀)の1998年ごろから、北朝鮮ウォッチャー、特に元毎日新聞記者の重村智計(しげむらとしみつ)氏らを中心に「崩壊説」が述べられ、書店では彼らの著作が平積みにされてきました。

当時の予測では、「国家としての余命は数年」が主流の論調でした。

しかし、現在は既に2020年で、今にも倒れそうだった「木造アパート」の様な「国家モドキ」が未だに辛うじて、倒壊もせずに立っています。

当初は、金正恩個人の「現状把握」と「後継者」のみを追いかける予定でしたが、金正恩の現状と生きているとすればその「余命」を解析するには、1945年10月に忽然と現れた初代金日成に遡って「歴史」を検証し「北朝鮮という疑似国家の法則」を明らかにすることが不可欠であることがわかりました。

従って、私は現在朝鮮半島が「日本統治時代」だった1920年代まで遡って、「かの国」の辿ってきた道を慎重に検証し、その「終焉」まで「大きな絵」を描こうとしているところです。

その為に、読み込まなければならない参考文献の数が2倍に増えて、鋭意、分析中です。

ということで、「絵」が完成するまで、もう少しなので、今しばらくお待ちください。

以上

 

好評発売中


→アマゾンへ  

好評発売中


→アマゾンへ

関連記事と広告


 好評発売中

→アマゾンへ

ネット界の仁義なき戦い

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件

ブロガー必見!ブログはこうして乗っ取られる!!狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!東アジア反日武装戦線の残党か??

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

創価学会、オウム真理教、阿含宗、疑惑の宗教歴。「同窓会」「君の名は」の脚本家は背中乗り中国工作員か?