※当ブログはリンクフリーです。転載する場合は、転載元の表記をお願いします。

※閲覧不能時の緊急告知用のブログ…ブックマークをお願いします 

  電子出版に当たっての免責事項…こちらをご覧ください     

天皇の運と国運④昭和天皇(下)

スポンサードリンク


1943年の夏以降の戦況を見て見ましょう。

前年の夏から、運気が入ってきます。

※③からの続きです。

1943年

8月

ニューギニア島の戦いで日本軍は敗走を始めます。

11月

タラワ島の日本軍守備隊が玉砕しました。

 

1944年から、甲申  印綬  で昭和天皇の空亡が始まりました。

6月

マリアナ沖の海戦で連合艦隊は敗北

7月

インパール作戦撤退。これ以降、東南アジアの占領地帯からの撤退が始まります。

7月

サイパン島守備隊が玉砕。

 

これによって譲れない「絶対国防圏」が崩壊し、日本本土へのB-29による戦略爆撃が日常化します。

サイパン失陥の責任を取って、東条英機大将は総理を辞任します。

 

1945年は、乙酉で、昭和天皇の2年目の空亡でした。

3月

東京大空襲  神風特攻隊開始

6月

沖縄戦、日本軍全滅。

スポンサードリンク




ポツダム宣言を受諾して「玉音放送」を出した日の行運(大運、年運、月運、日運、時運)を見て見ましょう。

宿命星 吉凶星
1945年 偏印 偏官 空亡

血刃2個

天乙貴人

8月 印綬 正財 空亡

劫殺

15日 劫財 傷官 羊刃
正午 印綬 比肩 羊刃2個

血刃

「囚獄&白虎殺」2組

 

御覧のように、空亡の年、空亡の月での「停戦」でした。

玉音放送が有った正午まで、凶星がずらりと並びます。

しかし、年運には天乙貴人も来ます。

一億総玉砕ではなく、戦後は「軽軍備経済大国」として不死鳥の様に、蘇るチャンスが来ました。

8月15日は、丁度、お盆の最終日です。

昭和天皇は、「停戦」を成し遂げて、運気は、空亡明けの翌年の年運となりました。

ちなみに、停戦の日の昭和天皇は44歳です。

大運は

38歳~48歳  戊子―傷官―絶

けじめをつけられる厳しい10年で、しかも、十二運は最弱の「絶」でした。

歴上の著名人は、大運が「傷官」で十二運が「絶」の10年間の時に命を落とす人を多く見受けますが、

停戦後、昭和天皇はマッカーサーと会見して「全ての責任は私に有る」と毅然と、明言して歴戦の優勝のマッカーサーを感動させ、

マッカーサー以下、イギリスなどの連合国の代表は、極東軍事裁判での「天皇不訴追」を決めました。

日米戦争を含む、大東亜戦争は、アジアの諸国を白人の植民地から、解放するという「大義」が有りました。

戦後は「禁止用語」とされましたが「八紘一宇(はっこういちう)」とういう崇高なスローガンも有りました。

八紘一宇

http://archive.is/OwHLF

「天下を一つの家のようにすること」、「全世界を一つの家にすること」を意味する語句であり、

「天皇総帝論」、「唯一の思想的原動力」等ともいう。『日本書紀』の「八紘(あめのした)を掩(おお)ひて宇(いえ)にせむ」を、

全世界を一つの家のようにすると解釈したもの。

 

世界中の国を「人種」や「肌の色」「宗教」で優劣を付けずに、「一つ屋根の下の家族」のように、

平等な世界を作ろうというスローガンです。

繰り返しますが、大東亜戦争には「大義」が有りましたが、勝敗は「時の運」で「運」が有りませんでした。

大日本帝国は「解体」されましたが、同時に大英帝国も海外の植民地をすべて失って「解体」されました。

植民地を失った、オランダ、フランス、ベルギーも然りです。

終戦間際に「火事場泥棒」の様に、日ソ中立条約を破って、日本に宣戦布告したスターリンのソ連も、東欧と東ドイツを「衛星国(事実上の植民地)」としましたが、ゴルバチョフが出てきて、ソ連は1991年に崩壊して、東欧諸国のみならず、中央アジアのトルコ系の民族自治区も独立して、一回り小さい「敗戦国としてのロシア」が残されました。

アメリカも1975年に、10年以上戦った小国北ベトナムに勝てずに、「建国初の敗戦」を舐めました。

第二次大戦の枢軸国側の指導者のヒトラー、ムッソリーニは非業の死を遂げましたが、昭和天皇は「民主国家日本」の新しい象徴として「戦後の奇跡の復興」と「世界2位の経済大国」となるのを見届けて、87歳で薨去されました。

日本史を眺めると、平安末期に権謀術数を好き放題やった後白河法皇は源頼朝から「天下一の大天狗」と呼ばれましたが、帝国陸海軍に操られながらも、大東亜戦争を戦い抜き、勝てませんでしたけど「アジアの白人植民地」を全て「解放」「独立」させた昭和天皇は、さしずめ、英仏辺りにわせると「世界の大魔神」でしょうか。

 

 

《「ポツダム宣言」を受諾した日本は「無条件降伏」したのではない》

良く誤解されますが、「無条件降伏」したのは、大日本帝国の陸海軍であって、日本国では有りません。

その証拠に「国体護持=皇室制度の維持」という条件を連合国に呑ませています。

正確には「条件付き停戦」だと私は理解しています。

以上の様に、昭和天皇の例を挙げて、天皇の「運気」が「国運」を左右する実例を挙げました。

 

同様に考えると、そもそも「皇室の血」を一滴も引いていない、佐伯徳仁氏や、「家系が三代前まで遡れない」小和田雅子と、既に「別人」が成り代わっている「愛子さん」ら3人については皇祖神も、正式な天皇とその妻、娘とは認めていないようです。

徳仁と雅子の運気と、今の日本の国運は連動していません。天皇として認められていないからでしょう。

ですから「生前退位」した平成上皇の「運気」が空亡になり、祭祀王として祈る天皇が不在であることが、「国運」に悪影響を及ぼしているのです。

 

誰しも、「空亡の前年のお盆過ぎ」から、翌年、空亡の運気が入り始めます。

平成上皇の「空亡の前年」、2019年の夏以降はどうだったでしょうか。

2019年

9月

台風15号により千葉県を中心に大規模停電などが起こった。

10月

3日に発生した台風19号が関東・甲信越・東北地方を直撃。長野県の千曲川、

福島県の阿武隈川を始めとする河川氾濫や暴風により、死者86名、被害総額3961万円に及ぶ甚大な被害が発生した。

天皇徳仁の即位礼正殿の儀。各国元首、首脳らを招待。

沖縄県那覇市にある世界遺産、首里城が火災により正殿と北殿、南殿が焼失した。

はっきりと、平成上皇の空亡の前の年の「運気」が国民に被害を与えています。

平成上皇が空亡期間中でも、安倍総理や官邸がしっかりしているので、未だ日本は持っているのです。

しかし、今年、まだ半年も経っていませんが、後1年半以上、2022年まで平成上皇の空亡は続くのです。

読者の皆様も、用心して頑張りましょう。

後は、一日も早い「秋篠宮さまの立皇嗣の儀」が恙無く完了し、平成天皇と「その妻」、

「愛子なる正体不明の少女」が臣籍降下する日を待ちましょう。

以上

 

スポンサードリンク

関連記事と広告


ネット界の仁義なき戦い

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件

ブロガー必見!ブログはこうして乗っ取られる!!狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!東アジア反日武装戦線の残党か??

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

創価学会、オウム真理教、阿含宗、疑惑の宗教歴。「同窓会」「君の名は」の脚本家は背中乗り中国工作員か?