人気ブログランキングに参加しています。


四柱推命鑑定|雅子妃|(前)雅子と小和田家を守る最後の政治家 福田康夫元総理

  スポンサードリンク  

雅子と小和田家を守る最後の政治家|群馬福田一族の福田康夫元総理 |史上最も性格の歪んだ総理、愛称そら豆

皆さんお元気ですか?

今回は、【朝鮮人女雅子入内事件】をプロデュースした群馬福田一族の故福田赳夫の息子の福田康夫元総理を斬ります。

部落解放同盟を動員して皇居に圧力をかける大仕事をしたのは父の赳夫ですが、

息子にはそこまでの力はありません。総理も1年間勤められなかったし、私の印象では、史上最も【性格の歪んだ総理】というイメージでした。

旧制一高―東大法学部―大蔵省と歩んだ父と比べ、麻布高校―早稲田大学―丸善石油と進んだ自分のキャリアに強いコンプレックスを持っていたのだとおもいます。

彼が総理になった時は、第一次安倍政権で、自民党は参議院選で民主党に大敗し、【国会は衆参ねじれ状態】でした。その意味では、気の毒な時期に就任したとは言えますが、私が強い印象に残っているのは、国会で、民主党小沢代表の厳しい質問に対して、一人興奮して「私たちも一生懸命やってるんですよ、可愛そうなくらいに」と泣き言を言って、それを聞いた小沢代表が大笑いしていたシーンです。

 

その他にも、北京オリンピックの選手団に対して「まあ、せいぜい頑張ってください」とねぎらいとは思えない言葉をかけたり、総理辞任の記者会見で、記者の質問に切れて、「あなたとは違うんです(怒)」と興奮したのは有名でした。

偉大な父親に対する強いコンプレックスが彼の性格を幼少の頃から歪ませたんだと思います。

この人は、麻布高校や早稲田大学の同窓会に出席しても自分からは絶対に挨拶しないそうです(笑)

自民党が大敗して民主党に政権交代した2009年の衆院選挙でも、群馬の選挙区で、選挙民に自分から挨拶して「あ!初めて自分から挨拶した」と選挙民がビックリ仰天したらしいです(笑)

巨悪の父親に比べたら、懐の浅い小悪党です。

愛称も正確には顔の形から「ソラマメ」ですが、ネットでは、彼の雰囲気から「フフン」とか、「チンパン」とか言われています。

父親の後継者も政治家向きという点ではチノパンの亭主の横手信一の父親の横手征夫(赳夫の次男、康夫の弟)が成る予定でしたが、征夫が体を壊していたので、しようがなく康夫になったそうです。

本人は始終「政治家にはなりたくなかった」とこぼしていたそうですが、そういう人が、双六の上がり目のように総理になったのは皮肉なことでした。

 

スポンサーリンク

 

 

彼はコンプレックスの裏返しで、キャリア官僚を崇拝するところがあります。

総理になった最初は石破茂のことを馬鹿にしていましたが、ある時石破の父親が建設事務次官だったという事を聞いて、急ににこにこして「君の父親は次官だったらしいね」といってそれから馬鹿にしなくなったそうです。

やっぱり性格がいびつですね(笑)

彼の【官僚崇拝】が同時期に父の秘書官をやった小和田恒との強い盟友関係を築き上げたのでしょう。

彼が総理を一年に満たず辞めた理由は、当時のアメリカのブッシュ大統領から「100億ドルの現金を出せ」と言われて、喧嘩するのが嫌だから辞任することによって話を無かったことにしたのです。

小泉だったら出していたでしょうね。そういう意味では、性格は歪みまくっていますが巨悪ではありません。言い換えれば「史上最も小物の総理」でした。

政界を引退した彼は何をしているのでしょうか?

身内には面倒見がよくチノパンが人をひき殺した時に夫の横手信一(康夫の甥)から頼まれて、沼津警察に圧力をかけて、普通なら交通刑務所行きのチノパンを100万円の略式起訴で押えました。

今、投資で失敗し自己破産して消息不明になっている小和田恒、優美子夫婦も東宮御所に密かに住み着いていますが、普通だったら許されないそういう事も、彼が方々に根回ししたり、圧力をかけたりして黙認させているのでしょう。

暇に飽かして面倒見の良い爺さんです。

親中派を自認していますが、かつての竹下登元首相のように多くの対中利権を握っているのではなく、ただの習近平のパシリです。

気になるのは先日you tubeで見ましたが、高円宮の承子ビッチ女王の公務にこの爺さんがついて回っていました。

高円宮家といえば、【雅子入内事件】の共同正犯で、秋篠宮家の天敵です。

この爺さんは死ぬまで、雅子と小和田家を守り、機会があればまた「女性天皇論」を唱えようとしているようです。早くくたばってもらいたいものです。雅子ageのルートを関係で示すと以下のようになります。

福田康夫―小和田恒―創価学会

福田喜代子(妻)―小和田優美子―高円宮久子このラインで、雅子age,秋篠宮&紀子妃sageをやっているのです。それでは、福田康夫の命式を見てみましょう。

続きます。

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。