人気ブログランキングに参加しています。


小泉研究|2009年参議院選④売国家業『小泉4代』(前)

  スポンサードリンク  

【もし、スターリンが現代の日本に復活したら、外国勢力に通じて日本を裏切った【売国横須賀市民】にどのような懲罰を与えるだろうか?】

皆さんお元気ですか?

今日は、「終戦記念日」です。

歴史解釈の問題は別にしても、先の大戦では、多くの我々の、両親、祖父母の世代の方が命を落とされました。
心から、深くご冥福をお祈りしましょう。

この記事を書きながら、さっきネットのニュースで知って私が腹を立てているのは、【横須賀の朝鮮人将軍様の朴純一郎(通称名;小泉純一郎)】が、靖国に参拝したことです。

声を大にして言う!

★朴純一郎(通称名;小泉純一郎)よ、【靖国の神域】を汚すな(怒)

安らかに眠っている英霊を辱めるな(怒)

お前のように出自をひた隠す、反日売国政治家に、靖国を参拝する資格はない。

【靖国の神域】に二度と足を踏み入れるな(怒)

 

スポンサーリンク

 

恐らく、逆風を浴びる馬鹿息子進次郎の為に【日本遺族会の票】が欲しかったのでしょうが、国家と英霊に対する許されざる侮辱&欺瞞(ぎまん;騙す行為)行為です。

8月6日の広島の原爆慰霊祭に、爆撃機「エノラゲイ」から原爆を投下した機長のポール・チベッツがふらりと来て、「お気の毒に・・」と、シレっとつぶやいて帰るような行為です。

小泉は、総理在任5年の間に、日本の社会保障制度、医療制度をズタズタに壊して、高齢者と地方を斬り捨てました。

日本の個人金融資産の1300兆円を、闇でアメリカに横流しするために、【アメリカの国益の為の郵政民営化】を強行しました。

★小泉は、日本人が3千年間大切にしてきた世界に誇れる【日本文明と伝統の井戸】に毒を投げ込んだのです。

しかし、今回私が言いたいのは、売国政治家だけを言論で叩いても、効果には限界があります。
そして、私が、辿り着いた結論は、

★売国政治家を根絶するためには、【売国都市】&【売国市民】&【売国選挙区】を叩かなければ、十分な効果は期待できない。

ということです。

【売国都市】とは、神奈川県横須賀市です。
【売国市民】とは、脳天気に小泉組4代に投票し続ける売国横須賀市民です。
【売国選挙区】とは、神奈川11区(横須賀、三浦両市)です。

小選挙区制になってからの、神奈川11区の衆議院選挙の投票状況を見ていきましょう。

(注、有権者数は、2008年9月時点の396,163人を用いて、投票率を算出)

記憶に新しい、4年前の2005年【郵政イカサマ選挙】 から、過去4回さかのぼっても、小選挙区選挙第1回の41回を除いて、いずれも70%近い得票率で、小泉のブッチギリ当選です。

第44回は、投票率が68%まで跳ね上がっています。
これは、いわゆる【無党派層】が珍しく投票に行ったもので、普通は無党派層が動けば、革新の票が伸びるものです。

にもかかわらず、横須賀では、逆に小泉が得票数を伸ばしている。

★ここに、横須賀市の異常性が見えます。

ポイントは、2000年に行われた、第42回の衆院選です。
2000年6月に実施されましたが、当時の森内閣は失言連発で、もはや死に体でした。

そして、翌年2001年4月に小泉は総理に就任します。

小泉が総理に就任してからは、御存知のように、毎年3万人以上の自殺者が出ます。
2000年の選挙で、横須賀市民が、ナニゲニ投票した15万票が、悲劇の発端でした。

2000年から次の選挙の2003年までの4年間に、
年間3万人×4年=12万人の自殺者が出ました。

15万票÷12万人=1.25

横須賀市民の1.25票が1人の国民を自殺に追い込んでいます。

★ほぼ、一発必中、【ゴルゴ13のデューク東郷も真っ青な狙撃の腕前】ですな、横須賀市民は(怒)

★私が、言いたいのは、小泉政権を誕生させた横須賀市民が、この12万人もの罪も無い人々を自殺に追い込んだということですよ(怒)

「俺達が自殺させたんじゃねぇべ~」と反論しそうですが、
横須賀市民が、2000年の時点で、小泉純一郎を神奈川11区で当選させていなければ、
小泉が、自民党総裁に、そして、日本国の総理大臣になるはずはなかったのです。

★そして、アメリカのブッシュ共和党政権が、傀儡(かいらい;操り人形)政権として、小泉を担ぐこともできませんでした。

それ以降の今現在も続く、日本国民(横須賀市民は除く)の悲劇は避けられたはずです。

続きます

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
スポンサードリンク  
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。