人気ブログランキングに参加しています。


雅子妃|皇太子妃身元調査(6)最後に、、、小和田匡利が14歳の時次男金吉を作ったと考えたらつじつまが合う

  スポンサードリンク  

 雅子妃|皇太子妃身元調査(6)

拾い物1
あるホームページから
syutuji.htm

拾い物2

江戸時代、山屋家は代々俸禄二人扶持の下級藩士であったてことでこれはこれで間違いではないけれど俸禄二人扶持は厳密に言うと武士ではない

扶持取りは原則非戦闘員なので戦の時は雑用係。平時は中間か小者だったはず

壬申戸籍(明治5年制定・昭和43年に封印)には「士族」ではなく「卒族」となっているはず

 

スポンサーリンク

 

小和田金吉(宮内庁が隠蔽する小和田家の歴史) 

まず、小和田新九郎と小和田新六匡安と小和田匡春(道助)(1858年64歳で死亡)が、兄弟であることには間違いない。

新六の息子が小和田郡蔵。匡春(道助)の息子が勝治であることも間違いない。

勝治の弟が兵五郎であることも間違いなし。

小和田兵五郎の息子が小和田匡利(道蔵)であることも間違いないのである。

さて、問題はその先、小和田匡利(道蔵)の3男となっている小和田金吉。

こいつがクセものである。

雅子様の父が小和田恒。祖父が毅夫。

曽祖父が小和田金吉であるが、この金吉、1867年生まれのあたりの人になるが

この人の代に村上を離れ新潟に移住した。

だが、この人が村上を離れた年もわからない。村上にいるとき何してた人かもわからない。(足軽ということになっている)

どうも金吉の父は小和田匡利(道蔵)となっているがそうではないらしい。

宮内庁が隠蔽してるのはこの金吉の父の名前がわからないということと、半島出身という点らしい。

小和田匡利(道蔵)が12歳で長男をつくり、14歳の時次男金吉を作ったと考えたらつじつまが合う

 

※1868年時点で(もし生きていたら)

・小和田匡春(道助)(1858年64歳で死亡) 74歳

・匡春(道助)の次男 勝治        48歳?

・勝治の弟兵五郎(5男として)      42歳?

・小和田兵五郎の息子(3男)が匡利(道蔵)15歳?

・匡利(道蔵)の次男金吉         1才

金吉の戸籍がないのは明治30年代に金吉が死亡し(若死)

死亡から80年たって雅子様が嫁いだ頃戸籍は処分されたからではなくて初めから存在しなかった。

(明治19年式戸籍ならどんな役所でも取り寄せ可能だし、19年式戸籍を廃棄している自治体はほとんどない。)

以上

 

小和田雅子の問題点

①精神異常の遺伝

 

②北朝鮮の花

 

③創価学会との関係

 

④コリアン プリンセス ベイビー像

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。コメントを非公開希望の場合は、タイトルに非公開希望とお書きください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。