人気ブログランキングに参加しています。


読者の皆様へ告知|チャイナファイブ(中国の権力者たち)を斬るについて

  スポンサードリンク  

読者の皆様へ、GW明け如何お過ごしでしょうか?

国内では、朝日を筆頭とする「マスゴミ」の「安倍おろし」、今更ながらの「ジャニタレ」の性犯罪などが話題の中心となっていますが、国外に目を向けると、もっと我々国民が関心を持たなければならない問題が有ります。

★そうです、言うまでもなく「北朝鮮問題」「北朝鮮の非核化」です。

 

スポンサードリンク



 

20年以上前から続く、この問題を、「北の刈り上げ子豚」こと気む金正恩のいう「完全かつ不可逆的な非核化」を実行させるために、来月にも、トランプ大統領との史上初の「米朝首脳会談」が予定されています。

この、北東アジアの、「パワーゲーム」のメインプレイヤーは、日米韓中北と5か国あるように見えますが、事実上の、メインプレイヤーは、トランプと中国の習近平の二人です。

利害関係が有るとはいえ、核を持たない、日本と韓国、核を持っているとはいえ、経済制裁と、アメリカの「シリア空爆」に見られる、実力行使に怯える、北の金正恩の3国は、プレイヤーというより、ギャラリーにすぎません。

 

★会談場所として、有力視されるシンガポールで、席上、トランプが激怒して席を蹴って立ち去れば、最悪の「半島有事」となり、20年以上「世界に嘘」をつき続けた北朝鮮が、今回は、条件を付けずにトランプの要求を全て飲めば「朝鮮半島の非核化」が実現し、第三次世界大戦の恐れはなくなるでしょう。

★その為には、金正恩の「保護者」となった、習近平率いる中国の「内情」について正確に把握する必要が有ります。

習近平が、本当に、金正恩の保護者として、「責任能力」があるのか?即ち、国内の政治と軍事の両方の実権を握っているのか知る必要が有ります。

★結論から言うと、昨年2017年秋の「全人代」で、「人事抗争」では、「判定勝ち」=(常務委員7人のうち5人の首を挿げ替えた)を収めました。

しかし、彼の宿敵の、江沢民と胡錦涛は健在です。

改めて、中国共産党の常務委員会に残って、現在、来日中の李克強首相は、胡錦涛の子飼いの子分ですし、常務委員会委員を引退しても、未だ実権を持ち、習近平の首を狙う、江沢民派の元老たちは健在です。

★習近平本人は、「毛沢東思想」と並ぶ、「習近平思想」をうたい、終身国家主席を主張していますが、未だに、暗殺や、クーデターの危険に晒されています。民主主義国家のアメリカと違い、共産主義一党独裁国家の中国の、内部事情は、なかなか漏れてきません。

★しかし、「朝鮮半島の不可逆的非核化」と「拉致被害者全員」の奪還を実現するためには、先ず、中国の、「政治」及び「軍事」の実権は誰が握っているのか?「最終意思決定者」は誰なのかを知る必要が有ります。

その為に、一足飛びで、「中国の内情」を解説しても、読者が混乱するだけなので、2016年9月に「時を斬るブログ」に掲載した、過去記事を、読者の皆様の理解の「入口」として再掲載します。そののち、一年半たった「中国の権力事情」と「朝鮮半島の完全非核化」となるか「半島有事」になるのかについて

私なりの、解析をしたいと思います。

以上

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
スポンサードリンク  
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。

5 件のコメント

  • 今年は、平年よりも半月ほど季節の進みが早く、梅雨時期の雨量も多くなるそうです。
    また、汚染物質がもれなく付いて来る黄砂が多かったです。昨年は、5月になるまでは少なかったのですが。気象庁の上部組織は国土交通省ですから、国民への通知は当てになりません(そーか、そーか、ソーナンス)。

    最重要事項への、伏見先生の斬り込みが始まる前に、皆様へのお知らせを、この場をお借りして通知致します。(伏見先生、お世話になります。)

    CS放送、ネット共に有料  日経CNBCドキュメンタリーアワー

    「Amazon~ジェフ・ベゾス帝国の光と影~」
    5/12(土) 20:00~20:55、5/13(日) 25:00~25:55、5/20(日) 6:00~6:55、5/26(土) 20:00~20:54、5/27(日) 25:00~25:55

    人々の「買い物(ショッピング)」の姿勢を変えたとも言われるEコマース世界最大手アマゾン。一大帝国を創り上げた起業家ジェフ・ベゾスと、帝国を支える仕組みに潜む真実に迫る。(米CNBC2014年制作)

    “中国”という共産主義国を創ったのも、北朝鮮に核開発の支援をしたのも、Amazonの背後にいる組織も、皆同じ。
    トランプ政権になってようやく、日本でも視聴可能となったのでしょう。タダでは見せてくれませんが。
    視聴可能な方は、一度ご覧になれば如何でしょうか。

  • 顔本と同じで、履歴書からは見えにくい、嗜好、思考を
    データ化するために、小売業の顔をしているのかなと。
    履歴書の趣味の欄に、スポーツ、旅行、映画、読書というのは
    定番ですが、そのディティールがわかる。
    MSKの姉妹、双子のかたわれマド礼子さんが、
    欲しいものリストのせいで正体ばれましたね。
    実際にモノを置く個人商店を駆逐した後に
    真の目的があらわになるのか

  • 偶然見つけたサイトなので、先輩がどのような方かわかりませんが、全ての記事の慧眼に驚いています。欧岐残の末路などすぐ結果が出ることを断言しているだけに驚きます。一つお願いしたいのは、なんとかファイブのうち是非、央滬濘を真っ先に取り上げてほしいということです。彼は上海のある大学の弁論大会で学生を率いて優勝させたという「華々しい戦歴?」ぐらいしか過去のことが出てこない普通の大学教授だった。日本では傍題のくにをわければよくなる塾員との学術交際が会った程度です。ただし、二番目の妻が日本留学時にある種の外耳関係者に嫌がらせを受けたといううわさがあり、日本を切ったとないないで入っている。ややこのへんが理酷強を彷彿させるものがあります。しかし、この人物が手がけてきた思想文書はきわめておおい。大学生が毎年いやいやながらやらされている、道徳、倫理、近代史、思想、軍事教練のマニュアルにすべてその他大勢数十名の中に埋没されるように名前が明記されています。実質的な彼の影響力は、こうした末端に広範囲にばらまかれるどうでもいいと思われている書籍に顕著に現れている。霊(霊狐)計格が失脚しながら両輪だったかれが異常な出世をしたことに重要な意味があるようにおもわれます。
    かれは、霊能者にいわせれば、男女の有る人間じゃないかという。異星人が地球を破壊しにきた化物だなんて。笑いましたが、体に何かしらの常人とは異なる状態があることは事実のようです。またご存知のように皇太子夫妻がたぶんミカサ宮から紹介された手島郁郎(日本人だけ伏せ字なないから私の居場所がわかるでしょ)のキリストの幕屋に傾倒していることもカルトのはびこる世になりおそろしいことです。ではまた。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。