人気ブログランキングに参加しています。


四柱推命占い鑑定|高円宮絢子と守屋慧|①人物像と懸念される結婚の未来

  スポンサードリンク  

四柱推命で見る守谷慧氏の人物と懸念されるこの結婚の将来

 

元号が変わる前の年

読者の皆様、如何お過ごしでしょうか?平成「最後の年の夏」、気象庁によると

全国的に、災害級の豪雨の予測、既に被害に遭われた地域の読者様もいらっしゃると思います。

管理人としては、今後定住読者様の安全をひたすら祈る限りです。

 

スポンサードリンク




元号が変わる前年の「奇妙な一致」

前回、元号が変わった「前年」は、昭和63年(1988年)でした。

一致点は、

➀猟奇犯罪の頻発・・・・それも少年による凶悪殺人事件でした。

・1988年2月、名古屋アベック殺人事件

・11月、女子高生コンクリート詰め殺人事件

★極刑相当の事件であったにもかかわらず、「少年法」の壁と、「悪徳人権派弁護士」安田好弘の暗躍で、「クソガキ」どもは、死刑を免れ、ほとんどが、娑婆に出てきて、遺族への賠償金も払わず、謝罪もせず人生を謳歌しています。

★特に、「女子高生事件」の、実行犯の在日朝鮮人少年たちは、

・主犯の宮野裕は「振り込め詐欺事件の出し子」、

・神作譲は、出所後、監禁傷害事件、

で実刑判決を喰らっています。

宮野、神作の2匹については、現在も、時折、ネット上に、確度の高い情報がアップされます。

神作は、暴力団員になって、浅草三社祭、に出没するそうですし、宮野は、大阪に住んでいる模様です。

反省などしていないし、再再犯の危険性が高いので、関連地域の方は、十分ご注意ください。

 

★今年も類似の凶悪殺人事件の多発

御存知のように、6月に入って、新幹線内刺殺事件、富山での無職の男による警察官殺人事件が起きています。

 

➁予定された増税

昭和63年竹下内閣において、「消費税法」が成立、施行は、翌平成元年4月1日

★今年、先月の、安倍内閣の「骨太の方針」で、来年の「消費増税、8%→10%」が閣議決定されました。

 

③株高

最近は、原油高で、反落していますが、年初来高値は、2万4千円で、民主党内閣当時の3倍以上です。

昭和63年は、2万1千円でした。

30年前は、昭和天皇崩御後も、日経平均は急騰を続け、平成元年の、大納会(東証の年内最終取引日)で3万8千円を付けました。

但し、年越し後の平成2年に大暴落とバブル崩壊。

★来年はどうでしょうか?

私は、消費増税で、国民の消費が落ち込み、景気は「腰折れ」になるとみています。

如何ですか?皆さん、デジャブ(既視感)を感じませんか?まあ、30年前に未だ生まれていなかった方もいらっしゃるでしょうが・・・

 

生前退位とは言え「元号」が変わる意味と、国家や社会に与える影響は計り知れない

憲法違反とは言え、「祭祀王」としての責任を放棄した今上にも影響が出ています。

高円宮絢子さんが、婚約の挨拶に行った当日に、「脳貧血」を起こしました。秘かに期待した人もいたかもしれません。

「言霊」の力かもしれません。「元号」は本来、天皇が薨去されてから、新元号が決まるものです。

★亡くなった、前天皇は「新元号」を知らないのが普通なんですよ。

それを、「国家元首」「祭祀王」の責務を、身勝手に投げ捨てて、生前に「新元号」を見るというのは

自分で、自分に「死刑宣告」しているようなものです。

 

ろくでもない時代「平成」が終わることは、実は国民にとって良いこと

英明な天皇、先帝様の「昭和」は、総じて、良い時代だったと思います。

確かに、敗戦と莫大な犠牲者は出しましたが、戦後は、国民の努力と、アメリカの援助で、焼け跡から、早期に復活し、有能な総理達の指導で、世界史に残る「高度経済成長」を成し遂げ、アメリカに次ぐ、世界2位の「経済大国」にのし上がったのです。

昭和61年からの「バブル経済」を「全肯定」するつもりは有りませんが、当時の国民は、私も含め「いろいろあっても、明日は今日よりも必ず良くなる」という、「暗黙の確信」と「国家に対する信頼」が有りました。

★それを粉々に打ち砕いたのが、「平成」の三十年であり、暗愚の「祭祀王」です。

 

気象庁が予報する今後の「50年ぶりの大豪雨」は「皇祖神の怒り」と「天」の涙

★「平成の災害天皇」が日本国民に最後に残す「嫌がらせ」です。

私も、「大豪雨」の予定地であります。霧島連山も噴火しています。全国の定住読者様たちも、これが「最後の試練」と思って

万全の準備をして、乗り切ってください。

 

「大阪地震」に対して、慰霊のお言葉を述べなかった今上と「ミチコ」

少数とは言え、死者も出ています。いたいけな少女が、コンクリ塀の下敷きになって、圧死しています。

2次被害も出ています。「美術館のブラ歩き」はしても、現地に慰問にもいかない。

この「タックスイーター(税金寄食者)の「後期高齢者夫婦」を尊崇せよとは、土台無理な話です。

 

今後の「皇室」「皇族」のあるべき姿・・・時間がかかっても、戦後排除された11宮家にお戻りいただくしかない

管理人が、「最後の望み」だった「秋篠宮家」が、本物が全員「消息不明」で偽物であることが、検証できた現在、今上退位後、「公務」は、いわゆる「皇嗣殿下=秋篠宮様」が事実上の摂政になられるにせよ。

★「皇統」は、明治天皇以前に、戻さねばなりません。王政復古と大日本帝国の成立で、陸海軍の「大元帥」たる明治天皇は「軍馬」に跨り、「習志野の大演習」を閲兵できる人でなくてはなりませんでした。

そこに、大室寅之丞という、奇兵隊上がりの青年が必要となった理由が有るでしょう。

 

今後、日本が、憲法改正、再軍備、核武装と進んでも、「軍馬」に跨れることが、「天皇」の必須条件ではない

昨今の国際政治を見るに、トランプと習近平の間に、既に、「米中貿易戦争」は、勃発しています。

トランプは、中共の、崩壊、分裂、完全解体まで狙っていますから、いずれは、「ホットウォー(軍事衝突)」まで行くでしょう。

★その時は、必ず、中国軍は台湾に侵攻するでしょうから、「台湾」は、日本の集団的自衛権での「周辺危機事態」に該当するので米軍と、台湾軍の救援に、自衛隊も参戦しなければなりません。

その時の、陸海空三軍の「大元帥」は、安倍総理であって、その時の天皇ではないのですから、「軍馬」に跨るのは総理大臣で、「天皇」は御所で、粛々とデスクワーク=「公務」をこなしていただければいいんですよ。

前置きが長くなりましたが、次号へ続きます。

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。

8 件のコメント

  • 西日本と九州の皆さん、心からお見舞い申し上げます。雨のあとは暑さが来ると思います。お体大切にしてください。

    • yukaさんとともに

      全国の定住読者の皆様、十分注意されて、悪夢の「平成」が終わるのを待ちましょう。

  • 偽者であろうとなかろうと秋篠宮殿下に即位して頂きたい!
    それしか道はないです。
    尿袋と食欲妃だけは勘弁です!
    しつこく皆で官邸メールしかありません。
    今上には美智子と徳仁より長生きして頂きたいものです。

  • 元自衛官です。メディアは何故「元自衛官」と言うのでしょうか。伏見賢正様までがこのような表現をされていることに心が痛みます。同じことは、現役自衛官、元自衛官の誰もが思っているでしょう。まるで、自衛官であることが悪いことでもあるかのような「元自衛官」と言う表現にはいつも怒りを覚えます。特に悪事を行ったことの報道においては、メディアの悪意を感じます。
     彼は、今現在、自衛隊とは何の関係も無いはずです。アルバイターやパート、あるいは、無職という表現はできないのでしょうか?どうして、かつて所属していた自衛隊を出したいのでしょうか?自衛官や元自衛官が泣いているのがわからないのでしょうか?
     自衛官にも人としての尊厳があります。尊敬する伏見様までこのような表現をされることが残念でなりません。政治手的活動が制限されている自衛官には、そもそも発言の機会すら与えられていないのが現実です。物言わぬ自衛官と知っていて貶める、これが日本のメディアの考えだと思います。伏見様におかれましては、どうかご検討いただければと希望します。国家に貢献する元自衛官でした。

    • 酒さんへ

      あなたのお気持ちは痛いほどわかりました。私の過去記事を読んでいただけたら
      ご理解いただけると思いますが、過去から一貫して、自衛隊の国防軍への
      昇格を主張しています。2か月ほど前の、現役の方の、極左政治家、小西博之議員に対する
      「非難発言」も、私自身は「国賊議員を国賊と本当のことを言って何が悪いのか」と思っていました。
      あなたの、仰るように、アメリカから押し付けられた現行憲法下で、自衛隊を「継子」扱いする
      左派メディアの「印象操作」は許せません。ご指摘の箇所から、誤解を招く表現を削除しました。
      ご確認ください。

      • 伏見顕正様。ご理解いただきありがとうございます。また、ご丁寧なコメントをいただき大変恐縮している次第です。自衛官は言い訳をしない存在です。時の政府を批判して更迭された連隊長や、今回のように事実を言っただけで、「品位を保つ義務」違反で処分されても、黙々と命令に従い、日夜国家防衛のために職務に専念しています。今も豪雨災害派遣で昼夜を分かたず国民の救助活動に従事しています。物言わぬ自衛官の心の声を聴いていただき感謝感激しております。伏見顕正様と本ブログの益々のご隆盛を祈念申し上げます。(先日ご尊名を間違えました。陳謝いたします)

        • 酒さんへ

          私はいつも、自衛隊三軍の味方ですよ。何故なら、私の亡叔父二人と、亡祖父は
          帝国陸海軍の将官でしたからね。あなたたちをイジメている連中はマスゴミだけではなく
          与党サイドにもいますよ。旧内務省系の警察官僚。
          死んだ後藤田正晴や、警察OBの評論家佐々淳行達です。
          今後も一貫して、応援し続けます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。