人気ブログランキングに参加しています。


ネイティブ北朝鮮or朝鮮族疑惑|(52)井沢満・BB覚醒・ふぶきの部屋・カナダのわがまま親父、とは(総括編

  スポンサードリンク  

51からの続きです。

《笑止で終わる英語力と、未熟な日本語力(爆)》

オイルサーデン?

https://web.archive.org/web/20181113083647/https://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/72d510c3ab41bda7ea16e29b6fbabc8e

まぁ、味はそこそこです。オイルサーデンを好む人には
美味しいかもしれません。私はかつて好きだったのですが、いしだあゆみさんに教えたら早速作ったらしいのですが「油っこくて、わたしはだめ」という感想でした。

「オイルサーデン」→「オイルサーディン」でしょう。

もう、検証するのもバカバカしいのでやりませんが、この食品が日本に入ってきて、定着し、日本人の耳に聞きなじんだ音が「オイルサーディン」です。

学歴は関係ありません。日本で生まれて育った人なら、「純粋日本人」「ザイニチ」に限らず、カタカナとして定着した日本語です。

「青年期」以前は日本にいなかった証拠です。やはり、「背乗り」でしょうか?

 

ソプライズ?

https://web.archive.org/web/20181113184018/https://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/6378c00aa72dc0f5dc37b3f522378382

ひょっとして、出ない出ないと言い続け、唐突に登場、という「劇場」を狙っていませんか?
古賀氏が引っ込んで、その後にソプライズ登場というシナリオでは
ありませんか?

ソプライズ?・・・・・前後の文脈から判断するに「サプライズ」でしょう。

こいつの場合、単なる「ケアレスミス」でないのがある意味「凄い」です(爆)

誤変換もあり得ないし。

 

 

スポンサードリンク



 

 

《まるで、リアリティーの無い「中学の同窓会」》

https://web.archive.org/web/20160313073351/https://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/d6e4707b9fc914e4464990ed3302f9cc

小学校の同窓会の通知が来ました。
大分県臼杵市の「福良ヶ丘小学校」という学校に
2年生、3年生といました。

たったそれだけなのに、いまだに連絡をくれ私も
彼らの何人かは顔も名前も覚えています。

大分に飛ぶすら、空港から市内まで遠く毎度、
おそらくは政治がらみで辺鄙なところに空港を持つ
大分市を訪れるのが億劫なのですが、臼杵市は
更にそこから、鉄道かバスを使います。

残念ながら、欠席・・・・・と返信しようとして、ふと
手が止まりました。「もう会えないな」「これで、たぶん
最後だよな」と思ったからです。

それと、これまでの、そしてこれからの残りの人生へのけじめをつけたくもなりました。

・・・・・・和服で実は旅をしたことがなく、今回試みてみようと思います。
臼杵についたら、駅前ホテルにチェックインするつもりなので
そこで着替えればいいようなものですが、着物と履物一式って
結構かさばるのです。

午後遅く、小学校の正門前い集い顔を合わせそれからもうすっかり面影も
なくなった校舎内を見学、それから料亭に向かいます。

構えも立派なふぐの老舗なのに、なぜ1万円と安いのだろう? と不思議だったのですが、思えば臼杵だからです。地方都市から更に奥まった地の店はどこも
こんなものでしょう。

 

 

《ネットサーフィンして情報を拾えば、簡単に捏造できる脚本》

大分県臼杵市福良が丘小学校とは・・・・・Wikiより

https://web.archive.org/web/20150516133955/https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%BC%E6%9D%B5%E5%B8%82%E7%AB%8B%E7%A6%8F%E8%89%AF%E3%83%B6%E4%B8%98%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1

臼杵市立福良ヶ丘小学校(うすきしりつ ふくらがおかしょうがっこう)は、大分県臼杵市福良にある公立小学校である。

臼杵市街地の南西側にあって、JR九州日豊本線上臼杵駅に近接し、臼杵川の右岸に位置している。

 

ちゃんとWikiに載っていますね(笑)

大分県臼杵市とは・・・・・Wikiより

臼杵市(うすきし)は、大分県の東海岸に位置する市。国宝の臼杵石仏や醤油の製造で有名。近年では城下町の町並みでも知られるようになった。

東部は豊後水道に面しており、北を佐賀関半島、南を長目半島に囲まれた臼杵湾に沿って広がる。臼杵湾に注ぐ臼杵川の河口周辺の平野部に市街地が形成されている。臼杵湾には、黒島、津久見島等が浮かぶ。内陸部は、北部がなだらかな丘陵、南部が標高500mから600mの山地となっている。

 

地図を見てもらえばわかると思いますが、大分県の東海岸に位置する海辺の都市です。西の内陸に広がっているように見えますが、これは、全国的に起きた「平成の大合併」で西部内陸に広がったもので、イザーマンの「キャラ設定」の昭和28年と29年当時は、海岸沿いの小さな都市でした。

大分地方気象台に問い合わせると、大分県の東海岸の、北から、臼杵市、津久見市、佐伯市は、豊後水道を暖流が流れるので、県内でも温暖だそうです。

臼杵市の市街地では「霜柱」を踏むことは無いそうです。

アハハ、キャラ設定の失敗です。

 

《「臼杵市」「ふぐ」に関わる有名芸能人とは?》

こういう人がいました。

https://web.archive.org/web/20180924082245/https://ja.wikipedia.org/wiki/KEIKO

KEIKO

KEIKO(ケイコ、1972年8月18日 – )は、日本の歌手である。エイベックス・ヴァンガード所属。大分県臼杵市出身。夫は同じくglobeのメンバーである小室哲哉。音楽グループ globeのヴォーカリストとして活動、『K-C-O』名義でソロ活動も行っていたが、病気療養のため2011年10月より活動停止中。

高校在学中に、文化祭のためにバンド、「パリンセス・パリンセス」を結成、担当はヴォーカル[1]

高校卒業後、大阪に就職・移住したために、関西弁を話す事もある(大阪大国町に住んでいた時は、大阪ビジネスパークのホテルニューオータニ大阪内にある日本料理「城見」や、心斎橋のブティック「エルミタージュ」などに勤務していた)。

実家は地元で有名な料亭「山田屋」で、東京の系列店(ふぐ料理専門店)はミシュランガイドで二つ星の評価を得た[2]

悪名高き、小室哲哉の気の毒な奥さんです。

臼杵市の実家は東京に支店も出す、ミシュラン折り紙付きの「ふぐ料理や」です。

この辺は、週刊誌でも、ワイドショーでも聞きますから、そういう「脚本」にしたのが見え見えです。

しかし、小学校の2年、3年だけいたというのは、非常に「不自然」なキャラ設定です。

何故なら、大都市でもそうだと思いますが、地方都市でも小中学校児童の「校区変更」は、地元の教育委員会がうるさいからです。

1945年、朝鮮半島のソウルで誕生、0歳、長崎市に帰国、4歳で大分県別府市に引っ越し。8歳と9歳が大分県臼杵市、それでは、高校入学の16歳までの7年間の「空白」はどうやって埋めるのでしょう。

★「自分史の謎の空白期間」です。「自称視聴率の神様」の脚本家にしては「杜撰なシナリオ」ですね(爆)

それと、4歳で別府市に引っ越し、父親は、山林の木を伐りだして、折からの「炭鉱景気」で、筑豊に坑木を売りまくって大もうけしたと書いていますが、別府市役所に聞いたら、聞いたことの無い「歴史」だと言っていました。

高等地図帳を見ても、今も、大分市から別府市を経由して、北九州市に行くには、海岸沿いを大回りして行かねばならず、別府の山から木材を切り出しても輸送費で、足が出ると思います。

要は、「採算」が合わないんです。飯塚などの筑豊に直線で行く、大輸送の可能な鉄道は当時も今もないようです。

最初から、リアリティーの全く感じられない脚本です。

 

大分空港を見てみましょう

大分空港Wikiより

https://web.archive.org/web/20180224040826/https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%88%86%E7%A9%BA%E6%B8%AF

大分県北東部の国東半島の沿岸海域を埋め立てて造成した空港であり、海上空港とされることもある[1][2]。滑走路は、ほぼ真南北に延び、かつ海上に位置する。

大分県では、かつて高速道路や新幹線の整備が遅れており[注 1]、航空路が唯一の高速交通網であった。1979年、大分県知事平松守彦は、空港を核に小型軽量で航空貨物による輸送が可能な製品を製造する先端技術産業の立地を進める臨空工業地帯構想を打ち出し、さらにこれを「豊の国テクノポリス構想」に発展させた。そして、1984年3月に県北国東地域がテクノポリス(高度技術工業集積地域)に指定されたことから、本空港周辺には大分キヤノン国東事業所、大分キヤノンマテリアル杵築事業所、日本テキサス・インスツルメンツ日出工場等の先端技術産業の立地が進んだ[4]

地図を見ると確かに県庁所在地の大分市には遠いです。

しかし、かつては、大分ホーバーフェリーという、別府湾を横断する水上翼船があって、それなりに、便利だったのではないでしょうか?

大分ホーバーフェリー

https://web.archive.org/web/20170111085059/https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%88%86%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC

大分ホーバーフェリー株式会社(おおいた ホーバーフェリー かぶしきがいしゃ)は、かつて大分県大分市および別府市と国東市にある大分空港との間でホバークラフト(同社では製造元の三井造船と同じく「ホーバークラフト」と呼称)による定期航路を運航していた海運会社。ホバークラフトでの旅客輸送を行う日本で最後の企業であった。

別府湾を横断するホバークラフトは、所要時間を大幅に短縮することができた。大分基地 – 大分空港間の乗船時間は、通常約25分(時刻表上の所要時間は30分)。

かつては、空港から、大分市、別府市まで30分程度で行けたようです。

しかし、2009年で、不採算で倒産したようです。

気の毒ですが、地方ではよく聞く話です。

地元の鹿児島空港もめちゃ不便ですよ。

ハウステンボスで有名な長崎の大村空港も不便ですが、私は九州は国際空港の有る福岡を除いて、正直、こんなもんだと思います。

「政治がどうたら」といっていますが、地方の空港なんて、自民党の有力政治家が、選挙区に持っていくのは、九州に限らず、地方はどこも一緒だと思います。

有名な例では、かつての自民党の実力政治家が、無理やり新幹線を留めた岐阜羽嶋駅なんてあるじゃないですか。

イザーマンの他の記事で、やはり、大分空港について、空港ビルの「宙(そら)」という寿司料理屋で食事したと書いてますが、そんなの「大分空港のHP」に載ってますよ。

 

《大分出身という「キャラ設定」の為に一年に一度は帰郷の「アリバイ記事」を書かなければならない》

https://web.archive.org/web/20180302105656/https://www.oita-airport.jp/shops/

魚拓では、画像は抜けましたが、その地方の空港なり、駅ビルのHPを見れば、簡単に、「脚本という嘘話」は捏造できる。

私や、デレデレ草さん、ダヤン氏そして応援してくれた多くの読者様の「貴重な経験」といえるのは、ネット社会になって、情報量は、膨大になったが、「精神に異常を持つ悪意の詐欺師」にとっては、簡単に「大嘘話」や、「ブログの背乗り」ができるという危険性です。

今、彼女や、ダヤン氏と連絡を取り合って、コンセンサス(合意)となっているのは「去年のあの時は大変だったけど、戦ってよかった」という強い教訓です。

あの時、あえて戦っていなければ、今もデレデレ草さんが、記事のパクリや、工作員の侵入に苦労しているように、乗っ取られていたでしょう。

それか、「雅子様大好き」のナス子さんのように、創価朝鮮婆のふぶきやジュゴンに「講演会で是非講師をやってください」といわれ、参加したら個人情報を握られ、職場まで押しかけられて、ブログのアカウントとパスワードを強奪されていたでしょう。

私もイザーマンから、「自民党の有名な政治家が来るのでオフ会にいらっしゃいませんか」などといわれて、のこのこ出かけていたら、個人情報を人質に取られて、ブログを盗まれていたでしょう。

昨年の抗争が、一段落ついてから、イザーマン&ふぶきの「足跡」を見れば、ダミーブログを既に多数、用意して、「予定通りの悪事の準備」が出来上がっていたことが明白です。

「創価朝鮮工作員」のイザーマン&ふぶき連合により、泣き寝入りさせられた、ドス子さんや、ナス子さん、その他多くの女性ブロガーが星の数ほどいたはずです。

だから、今こそ、私や、デレデレ草さんダヤン氏が信頼できる定住読者様とともに立ち上がって、戦っている意義があるのです。

もうこれ以上、善良な「純粋日本人」のブロガー及び読者の犠牲者を出さないために。

 

先ほどの「イザーマンの大嘘脚本検証」でもお分かりのようにイザーマンは、「多感な思春期を過ごした」というキャラ設定の「郷里大分」に全く「痕跡」を残せませんでした。

あの、空々しい「小学校の同窓会」。田舎の中学から大出世した「偉大なる視聴率の「逆神」」にあえたら、会に出席した同級生は皆喜んで集合写真を撮ってイザーのブログにアップするはずです。

イザー以外はみな、地方の小都市で余生を送っており、個人情報の危険はないからです。皆、顔見知りだからです。

 

《視聴率はこけまくったが、ドラマで沢山、賞を取ったというイザーの空しい詭弁》

そもそも、国が与える、文化庁の芸術賞ですら「選考理由の不透明な政治受賞」でした。

※視聴率の疫病神㉛

その他、海外や中国で、「出自の怪しい賞」を取っていますが、海外の賞は、「金」とバックの「組織」の政治力でいくらでも、いかさま受賞できることは、例の、五輪フィギュアで南朝鮮の「キムヨナ」が露骨に証明してくれたことです。

まだまだ続く

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。コメントを非公開希望の場合は、タイトルに非公開希望とお書きください。

7 件のコメント

  • 非公開希望さんへ

    あの話には私も呆れて開いた口が塞がりませんでした(爆)立派な公務執行妨害罪と、公文書偽造ですね。それと他人の名前を使用した詐欺罪です。ただ、私はそもそも嘘話だと思います。奴は警察に足を運べるようなたいそうなご身分じゃないんですよ。交番の前も通るには憚る身です。こう書くと早速、交番の前でポーズをとった写真をアップするかも。奴は「パブロフの犬」だからwwwwww

  • えっ?2,3年次に居ただけの小学校の同級会に呼ばれる?
    うちも夫が転勤族なので息子も2年在籍しただけの小学校がありますが、とっくに行方不明者になってますよ。
    連絡が来るってことは現住所を知っている同級生が居るってことでしょうが、イザーも頻繁に住所が変わってるのに、マメに住所変更連絡してたんですかね?
    息子達が今でも連絡取り合ってるのは高校、大学時代の友人達ばかり。
    そりゃそうでしょ、ずっと地元に住んでる環境でなければ、小学校2年間だけの同級生なんてお互いに記憶に薄いでしょ。

    ここでも霜柱の嘘っぱちがバレるし、伏見さまの事細かな検証で虚構が明かされるのが身に染みましたか?(笑)

    >「多感な思春期を過ごした」というキャラ設定の「郷里大分」に全く「痕跡」を残せませんでした。
    それなのに大分にこだわる理由って何なんでしょうねぇ?

    • みゅんさんへ

      仰る通りです。日本の常識ですよね~
      拘り理由は、単にあいつが「低能」なだけでしょ(爆)

  • ばっさりと深く根元まで斬られちゃいましたねイザージジー(笑)
    (ちょっと古いけど)波田陽区の決め台詞がピッタリ!

    思えば眞子様婚約の第一報の時のあいつの妊娠を含んだ奥歯に物がはさまったような気持ちの悪い言いふらし方…
    しかもその発言が気になって集まった読者に対して、その後のあいつの手のひら返したような冷たいあしらい方…
    BBにも時々同じような「意地の悪さ」を感じていたので(まさかその時は同一人物だなんて思ってもいなかったのでイザーがBBのマネをしてるのかと思ってました)今回の伏見砲であいつのねちっこさがよーく理解できました。

    日本人じゃないとしても別に日本人のふりなんてする必要はないのに、よっぽどルーツに引け目を感じてるんですね。
    散々着物に拘ってるけど時々『ん?なんじゃそれ!』みたいなダサい変なのがあるのでバレちゃいます。
    BBのアイコンも浴衣女性(画像パクリのやつ)とか、今も下手くそな着物女性のイラスト(桜の背景なのに頭に椿?別の花つけちゃうダサセンス)のとか、あいつの中で着物への憧れ(執着)がハンパないカンジです。

    検証で何から何まで嘘で固めた嘘八百野郎だとバレて丸裸にされちゃいましたから、今後あいつがアリバイ記事を書く度に「捜査班」が動きそうでワクワクします。

    ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。