復刻⑦|黒いトドコとBBプロジェクト③

74からの続きです

※gooブログ「伏見顕正の時を斬るブログ」の復刻版です。内容は、2017年07月の時点での検証です。画像と記事の内容は無関係です。

 

2017年07月30日

二つの大嘘「生命の危機」と「良家の子女」無限拡散

http://upshooting3.rssing.com/chan-2641168/all_p57.html

大嘘①「生命の危険」

そもそも、生命の危険が有るのなら、何故、出版できるのか?

★BBと言う女性が実在しないからだ。

以前に「これでもか弱い女性なの、弁護士を通じて、訴えるぞと脅されてるのよ」と書いていたが大嘘だ。

★私の知人の弁護士に聞いてみたら、この程度のブログで「誰が訴えるのか?」と不思議がっていた。

「嫌なら見なきゃいいじゃないか?」と言っていた。

「美智子や宮内庁から、特定ページの削除を依頼されたら?」と聞くと

「馬鹿馬鹿しい、先ずプロバイダーに、言ってくださいと言うよ」

弁護士にとっては「迷惑な依頼」だそうだ。

★「生命の危険」のある人が、「講演会」して大丈夫?

運営;トド子、プロデューサー、井沢氏(仮定)なら、生命の危険などあろうはずがない。

≪「日本の皇室」の為に危険を冒して戦う「ジャンヌ・ダルク」と言う実在しない「虚像」を作りたかっただけ≫

信者は上手く騙されたわけだ。御気の毒に。

 

大嘘②「良家の子女」設定

かつて、記事で親戚の子が「ジャニーズ事務所」に入っていると書いていた。

東京に住む、代々の名家の家庭では、子弟を「芸能界」何かにいれはしない。

何故なら、在日、部落民、創価の巣窟だからだ。

昭和の大スター、石原裕次郎(半島系部落民)高倉健(在日)小林旭(在日)枚挙にいとまない。女優も同じ。歌手も同じ。

良家の子女だったのは、私が子供の頃の美人女優の河内(こうち)桃子。本姓は大河内で、理研の大河内子爵の娘。

八千草薫さんも、芸能界入りするとき親戚一同から大反対されたそうだ。

今を時めく、白人とのハーフタレントも、日本人を自称する母親は皆、在日だ。

賤業、「河原乞食」の世界だ。歌舞伎・梨園も穢多頭、浅草弾左衛門の子分の芸人。

★ジャニーズ事務所に所属する親戚の子が仮に井沢氏の親戚の子だとしたら、腑に落ちる。

続々と寄せられる情報から、ジャニー喜多川氏と井沢氏の趣味は一致しそうだから。

以上

 

スポンサードリンク



 

 

2017年07月30日

読者を離反させたSMAP叩き=井沢氏だと仮定すると腑に落ちる。

http://upshooting3.rssing.com/chan-2641168/all_p57.html

昨年2016年、一年を通して日本を賑わした「SMAP独立騒動」

私は、自分の素直な感情に基づいて、事務所を出ると言った4人を支持し、裏切ったキムタクと、女帝メリー・喜多川を斬った。

しかし、BBブログは違った、終始一貫して、独立派を「不忠物」呼ばわり、鬼の女帝「メリー喜多川」支持だった。

独立派4人は、恩を忘れず「年季奉公」せよ。と。

★私は、正直「BBと言う女は酷薄な女だな~」とブログを見るのが嫌になった。

BB≒井沢氏と仮定すると腑に落ちる。

① 「芸者置屋の女将」的発想。

あの国民感情の中で、メリーを敢えて支持できるのは、相当な高齢で、業界人しかいないと思った。

② メリー喜多川や、ジャニー氏と旧知の間柄であること。

今入ってきた、数人のリークによると、井沢氏とジャニー氏は性的趣向が一致するとのこと。

★私はBB≒井沢氏で間違いないと思う。

以上

 

2017年07月30日

掉尾を飾る最優秀コメディアン賞、カナダ爺

http://upshooting3.rssing.com/chan-2641168/all_p57.html

三日ほど前の夜、大学の同級生で、大阪府庁に勤める友人から電話がかかってきた。

友「お前が、ブログで喧嘩しとるカナダのおっさん最高やな~」

私「なんでや?」

友「最高のコメディアンやで~もう涙出てもうたわ」

私「なんでや?」

友「あいつ、天才や、大阪来たら市民から尊敬されるで~」

私「なんでや?」

友「大阪では、おもろい奴が一目置かれるのや」

私「どこがおもろいんや?」

友「お前、笑いのセンスないな~」

私「なんでや?」

友「わからんか?あいつ、何か喋るごとに自爆しとるやないけ(笑)それに、ぼけも「のりつっこみ」もできる。自爆芸の天才や」

私「なるほど」

友「あんまり、いじめんどきや~あのおっさん本当に死んでまうぞ」

友人は笑いながら涙を流して、息を詰まらせていた。

★私は、最初から、この爺さんは大したことないし、主敵ではないと思っていた。

最初に、脅迫された時に、文体から全く「迫力」を感じなかった。

そして、この爺さんのブログに全て目を通し、写真をチェックした結果、少なくとも負ける相手ではないと確信した。

私は相手の目を見れば、瞬時に「勝てる相手」「戦ってはいけない相手」を瞬時に識別できる。

全ては、子供の頃から社会人に至るまでの「豊富」な実戦経験による。

カナダはすぐに「とるに足りない相手」と判ったが、私は容赦なく、ベトナム戦争の北爆ならぬ「言論の空爆」を続けた。

カナダは、私とダヤン氏のワンツーパンチで簡単に倒れ、グロッキーとなった。

しかし私は「空爆」を止めなかった。何故なら、「空爆」を続けていれば、真犯人が「カチカチ山の狸」になって

必ず現れるはずだと確信していたからだ。

★案の定、「小狸」が狼狽して出てきた。姿を隠していたトド子だ。

最初は、コメ欄で説得。2度目の説得は私が見ようとしたら、非公開にしてしまった。

「やっぱりこいつが「現場担当」なんだな」と確定できた。

「どうか、出版まで、事を荒立てずに辛抱してくれ」と説得したかったのだろう。

★リングの上に大の字になっても、アル中爺は、酒が入るとふらふらと立ち上がってくる。

★しかし、元々弱い精神力、「あれは、脚本でした」とげろる。

★次に、「ふぶきとジュゴンは助けられません」と白旗を挙げる。

それ以来、コメ欄に、朝鮮女二人はドライにも、2度と姿を現さなくなった(笑)

テクニカル・ノックアウトになっても、セコンド二人(一人はトド子)は、トカゲの尻尾のカナダのヒアリ爺

を見捨てて逃亡。

★カナダの爺よ。お前は主犯ではなくて、単なる「助演俳優」であることはわかっている。

お前が、私の従兄弟の個人情報と、私を誹謗中傷した記事を全て、削除すれば許してやろう。

そのかわり、この通告を聞かなければ、今後も「空爆」を続ける。

未だ、「隠しネタ」はいくらでもあるんだぞ(怒)

① 毎年、香港⇒マニラ⇒経由の来日、110回、「海外不正送金疑惑」

② ビジネスパートナーのジュゴンへの、フィリピン女性の「人身売買疑惑」

③ メトロマニラの日本の暴力団の根拠地、マカティへの頻繁な来訪。

★私のブログは、霞が関のキャリア官僚達がよく見ている。

そういう人は、見かけROM専だが、メールで顔写真付きのメッセージをくれる人が多い。

ついこの前も、噂として海外に移住した元山口組直系の大物組長が、帰国できず未だ日本にいるらしいということを教えてくれた。

★お前のことも、彼らは監視していることを忘れるな。

以上

続きます。

 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 

※人気ブログランキングに参加しています。


無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件ほか

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

※コメントの投稿について
最近、工作員の嫌がらせや、常連読者様の成り済ましが増えております。そのため、コメントの投稿者のハンドルネームとメールアドレスの入力を必須とさせていただきました。メールアドレスは反映されません。管理人から、メールアドレス宛にメールを送ることもありません。ご了承ください。問題なく承認されている読者様はメールアドレスは変えないでください。(伏見)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です