人気ブログランキングに参加しています。


読者の皆様へ|年末の御挨拶と告知

  スポンサードリンク  

いつも応援してくださっている読者様、定住読者様、ROM専で見守ってくださる読者様へ、今年一年大変お世話になりました。平成最後の年末の御挨拶をさせていただきます。

その前に「緊急の告知」です。

★ダヤン氏の電子書籍の出版を待ち焦がれる「ダヤンファン」の皆様へ

年内に、出版される予定でしたが、些細ですが「技術的な問題」とダヤン氏夫妻が年末年始を海外で過ごされるという諸事情により、出版は早くて、年明けになりそうだと言うことをお伝えしておきます。

ダヤンファンの皆様、今しばらく御辛抱下さい。

 

スポンサードリンク



 

 

さて、年初からの連載記事を振り返ると、

「大相撲問題」

「平昌冬季五輪のフィギュア」

「高円のFランク女王の御婚約」

間に時事ネタを挟みながらの

初の試みの「歴史シリーズ」

「歴史シリーズ」に関しては、四柱推命を絡めた「新機軸」として、今後の展開を含めてそれなりの手ごたえを感じました。

 

ネット界の魑魅魍魎

★そして、10月下旬からの中国朝鮮族の創価工作員、井沢満(仮名 金盗作)その弟で、東京都中小企業振興公社最高顧問の井澤勇治(仮名 金汚職)釜友のテレビプロデューサーの竹園元(仮名 金 路理根)との抗争が、記事数110回を超えて、現在も継続中です(爆)

現在もイザー・ハイノリーズ&カマーズ(バンド名みたいですね)に関する、連中の過去から現在に至る悪事に関するリークが、日々殺到して、コメント欄で非公開にしているものの、その精読と、裏取りで忙殺されております。

 

リーク情報の整理、分類の膨大な作業が終われば、来年また「大きな絵」が描けるのか、それとも我々の手を離れて「捜査機関」に移るのかは極めてエキサイティングな状況です。

イザー・ハイノリーズ&カマーズも、往生際悪く、毎日、私とでれでれ草さんのブログに、日に数件ハンドルネームを変えて、工作員を潜入させていますが、悉く水際で駆除しています。

「文体」「時代のばれる死語」「文法的に間違いだらけの日本語」なので、瞬時に見破り秒殺しています(笑)

★現在、私のブログ、でれでれ草さんのブログ、ダヤン氏の寄稿記事の「工作員データ」は全て私が一括して「一元管理」して、その都度、業者に解析を依頼しています

 

《工作員は「井沢オフ会参加者」の創価婦人部のB層主婦達が協力している可能性が高い》

業者から定期的に報告を受けていますが、IPアドレスからの位置情報では、工作員の書き込み場所は、東京を含み、全国の幾つかの地方都市に集中していることが判明しています。

「文体」等の癖が同じなので、原稿はチョンカマ爺が書いて、全国に点在する「井沢オフ会」の常連参加者にメールで送り、書き込ませている可能性が大です。

井沢満ブログを読むと、東京でのオフ会に前日から都内のホテルに一泊して、参加するものが多いと書いています。

その移動距離から推測すると、業者からの定期報告にある「工作員の位置情報」に驚くほど一致します。

★従って、我々は「やむを得ざる自衛措置」として、過去の「井沢オフ会」の参加者、そして、今後の参加者も、「戦うべき敵」として認識せざるを得ません。

幸い、過去の「井沢オフ会」参加者は、恨みを持つ方が魚拓を取っているので、「井沢満 オフ会」で検索し画像を見れば、集合写真として全て残っています。

つい先日、でれでれ草さんのブログにはっきりと「創価学会」を暗示する工作員の書き込みが有ったので、現在、我々の人脈をフル動員して、集合写真に写っている、「創価朝鮮工作員」全員の「特定」を進めているところです。

 

《ブログはこうして乗っ取られる、創価朝鮮ブログの「ふぶきの部屋」(爆)》

定点観測していれば、簡単にわかるのですが、悪名高き創価朝鮮ブログの「ふぶきの部屋」が完全に乗っ取られています(笑)

ふぶきは、10月24日に私から、「厚労省非承認薬品のオキシトシン」を自閉症に効果が有るなどと、違法な「風説」を流していたことを批判されて、どうやら心が折れたようです。

11月から「書き手」が変わっています。もちろん文体も。書き手は井沢満ですね。

「中卒学歴」を誇る、ふぶきのブログの売りは「恥ずかしげもないおバカさ」と「教養の欠片も感じさせない自己中」でした。創価婦人部のB層ババアの同レベルの連中が集まって盛り上がっていただけです。

 

 

11月30日の記事

「侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく」

https://web.archive.org/web/20181230132349/https://blog.goo.ne.jp/yonyon4009/e/a933987905d825b2192c01d918c4b9e9

秋篠宮さまの誕生日

2018-11-30 08:33:25 | 皇室報道

現在、宝塚にいます。朝、テレビをつけたら、辛坊が大騒ぎしてなあに?とおもったら、大嘗祭の話で、山本長官が、聞く耳は持っているのになあと発言したとかなんとか。
いつになく厳しい顔つきでした。私は大嘗祭だけの問題ではないと感じました。
いわゆる身の丈というのは。
平成の皇室に対する批判じゃないかと思いましたよ。
とりあえず帰ったら全文チェックします。

まあ、ふぶきさん、どうしたの?

千葉県松戸市役所のパート勤めで、「子供の卒業アルバム代も払えない」とこぼしていた「貧困ライフ」なのに、どうして、兵庫県宝塚市まで、子連れで歌劇を見に行く金銭的余裕が有ったの?

しかも、この日は「平日」だよ。パート職員がそんなに待遇がいいの?

★井沢満の「状況設定」が無茶苦茶な八流台本に爆笑を禁じ得ませんでした。

翌日以降も、一流ホテルで娘、ヨンジュナとフレンチのフルコース(爆)

いい加減にしてくれよ(怒)

 

12月10日の記事

時の流れが速すぎて

https://web.archive.org/web/20181230133447/https://blog.goo.ne.jp/yonyon4009/e/6364fbf4f8b38e1a19434a9b33369887

ファーウエイとZTEが排除されると知ってちょっとほっとしたりしています。

でも何でドコモってわざわざ中韓の携帯を勧めるのかな。こっちは国産がいいって言っているのに。

私達は今から来年の10連休をどうしたらいいか・・なんて考えてしまいます。公務員の方々にとっては嬉しいかもしれないけど、非正規雇用の人達にとっては死活問題。

「10連休だけ働く場所ないかしら」と言っている人もいるし、病院をどうしよう・・・旅行するにしてもめちゃくちゃ高い時期だからどこもいけないだろうし。どうして、そういうことを考えないで無責任に「10連休」って言ってしまうのかな。

テレビだってみないと思うけどね。

それに外国人が増えるからってなんでキャッシュレスにしなくちゃいけないの?

ペイペイなんて全然わからないし。そもそも携帯にそこまでの信頼度があるのか?

私はないなあ。もしもの時、携帯なんて使えなくなるのは震災等で分かっているじゃない?充電なんか出来ないのよ。現金を持っていなかったらまずいでしょ。決済の方法があれもあるよーこれもあるよー便利だよーっていうのはわかる。

わかるけどついていけない人もいるんだよーー

コンビニ決済だけじゃだめですかね・・・貧乏人は還元を受けられないなんておかしい。

以上

ファーウェイとZTEについて語り始めました。

なんと、「米中貿易戦争」についてです。

まあ、ふぶきさん大丈夫?あなたいつから「知的」になったの?

もしかして「知恵熱」?

「創価病院」に学会割引で入院しなきゃ・・・・・・・・

 

改めて、2018年と2017年の、その年最後の記事を見比べてみましょう。

2018年12月30日

良いお年を

https://archive.li/Dv4BK

 皆さま、1年間「ふぶきの部屋」をご覧くださり、誠にありがとうございました。来年もまた精力的に様々な記事を書いていこうと思いますのでよろしくお願いします。
皆さま、よいお年をお迎えください

今年は、これで終わりです。大晦日の前日の30日に、2~3行の挨拶をして終わりです。

結局、ブログ主でもない他人が書いているから、思い入れも薄くなるので、こんなもんでしょう。

 

2017年12月31日

https://archive.li/hRnvl

皆さま、今年も「ふぶきの部屋」をご愛読頂き、ありがとうございました。
今年1年を感じで表すなら「」です。
本当に夏からはひどかったーー色々なものを失いました。だけど相手を告発する事も出来ず、泣き寝入りの格好になって、悲しい限りです。
職場においても、月に5日しか出てこないのに満額貰う職員に本当に腹が立つけど、これで人事課に告発したら自分がクビになるので言えません。
なんでこうも世の中理不尽なんだろうなあと思います。
被害者が降格されて加害者が権力を握るような世界になって欲しくはないけど、どうにも世の中おかしくなっていますよね。
「弱い立場」を利用して強いものに脅しをかけるようなやり方は本当に嫌いです。でも多分来年はもっとこの傾向がひどくなるのではありませんか?
雅子妃に対する「持ち上げ報道」もひどくなると思いますし、惑わされた国民がい北朝鮮よろしく「マンセー」となるのも目に見えています。
結婚詐欺まがいの母親を持つ年収250万のパラリーガルが内親王を得て、億万長者気取りになるのも見たくはないし。
今年、死んでいくのがもっと幸せなんじゃないか?と思ったりします。
でもそんな後ろ向きなことばかりかんがえてはいられないので、来年はしっかりと目を見開いて行く末を見届けたいと思います。
来年もまた「ふぶきの部屋」をよろしくお願いします。

31日の記事です。ブログへの思い入れがちがいますね。

まあ、爺さんも年ですから、今後、ピンチヒッターで「たけちゃん」が書くこともあるかもしれませんね。

そして、昨年夏の抗争で、「ふぶきの部屋」から、良識の有る読者は皆いなくなりました。

しかし、gooブログの運営と通じて、gooブログランキングに下駄をはかせてもらっているので、コメント欄に閑古鳥が鳴いていると格好が尽きません。

それで、コメ欄は井沢満に「盛り付け」してもらっていました。「いっちょかみ」なんて、「死語」のハンドルネームですぐにわかります。

★恐らく、下手くそな文章の手直しもしてもらっていたのでしょう。

その為には、井沢満とふぶきはパスワードを共有していたに違いありません。

そして、10月末に、心の折れたふぶきが、井沢満に泣き言を入れたとたん、「盗作が本能」の奴は、チャチャと自分でパスワードを変更。ふぶきを締め出すと同時にブログを乗っ取りました。

ふぶきも「井沢満のオフ会」に行って、住所等、個人情報を差し出しているので、文句は言えないでしょう。

そして、かつて自分が「雅子様大好き」のナス子さんを脅して、ブログの更新を止めさせているので、その件について井沢から脅されたら、反論できません。

天罰とは言え、漫画の様な、中国朝鮮族と在日創価の内ゲバ劇でした。

以上です。

 

取り敢えず、現況報告です。

皆さま、良い年をお迎えください。

平成30年12月31日

伏見 顕正

 

人気ブログランキングに参加しています。


 
 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
※メールアドレスの欄は未記入でもコメントの投稿が可能です。コメントを非公開希望の場合は、タイトルに非公開希望とお書きください。

8 件のコメント

  • 伏見様

    今年もお世話になりました。
    余命騒動からイザーに、本当に長い戦いです。
    イザーハイノリーズ&カマーズがバンド名みたいに笑ってしまいました。

    ダヤンさんの本が年明けになるのはちょっと残念ですが、
    新しい年とともに出版の方が縁起が良いように思います。
    楽しみに待ちます。

    お忙しいとは思いますが年末年始、健やかにお過ごしください。
    新年が、伏見様、ダヤン様、読者の皆さまにとって
    良い年になりますように。

  • ふぶきはハイノリーズ(きっとそのうち検挙されますよ)と縁が切れて逆に良かったんじゃないでしょうかね。お子さんがいるとしたら母親が逮捕されると、身から出た錆とはいえ、ちょっと気の毒ですし。イザーオフ会写真は加齢臭がしてきそうですねw イザーの和服写真っていつも腹が出てるけど(あんなに断食に精を出してるのに)、中に何か巻いてるのかしら(笑)今年も有意義な記事で勉強させていただきありがとうございました!ワクワクドキドキでした。来年の記事&ダヤンさまの電子書籍も楽しみにしております。

  • 来年も冴え渡る示現流&伏見砲(?)を期待しています。伏見様&ダヤン様&でれでれ草様も、読者様も佳き年を!

  • 伏見さま

    わ~っ 大変! 留守にしていて出遅れました!(謝)
    雌伏の時を送っておられた伏見さまが後半、雄飛とばかりに伏見砲を炸裂されてとても良い年越しとなりました(喜)

    井澤勇治、よくその存在を突き止められましたね。
    ラスボスというほどの器とは思えませんが、情報源としてはかなり役に立ったのでしょう。
    ネームドロッパーのイザーがこれまで、その役職に就く弟のことを話題にしなかったのは、その弟が手を黒く染めていたことの間接証明じゃありませんか?
    >我々の手を離れて「捜査機関」に移る
    これに間違いないと思います。
    これによって皇室問題も光が差すことを願っています。

    「いっちょかみ」、そうそうそんな言葉ありましたね、かなり前ですけどw
    この人自称脚本家を名乗るなら、もっと時代の流れに敏感になるべきでした。
    大コケドラマ「あすきみ」も、ストーリーもセリフも古臭いという酷評がイザーを端的に表しているのにね。

    ふぶきなる者、巨大なブーメランをまともに喰らってる最中。
    イザーハイノリーズ&カマーズ(絶妙なネーミング!)は、孤軍奮闘に収拾がつかなくなり自滅中。
    明るい新年にはなりそうもないけど、ま、悪あがきを見届けてあげましょうかね。

    • みゅんさんへ

      明けましておめでとうございます。
      そうですね。井沢満にとって、「隠し続けたかった自称弟」の井澤勇治の存在が
      ばれたことは、運の尽きでしたね。
      まさに、天網恢恢疎にして漏らさずです。
      こちらは、後は粛々としてやるのみです。
      今年も応援よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。