※当ブログはリンクフリーです。転載する場合は、転載元の表記をお願いします。

※閲覧不能時の緊急告知用のブログ…ブックマークをお願いします 

  電子出版に当たっての免責事項…こちらをご覧ください     

秋篠宮殿下「立皇嗣の礼」無事完了⑥秋篠宮家の宿敵の滅亡?

スポンサードリンク


秋篠宮殿下「立皇嗣の礼」無事完了⑥

《公明党衆議院議員の岡本三成との「似ても似つかない》小和田恒とのツーショット写真》

※➄からの続きです。

2017年5月に、公明党の衆議院議員の岡本三成が、「スイス軟禁説」を吹き消すための「アリバイ工作」の様な、小和田恒(そっくりさんの可能性が高い)とのツーショット写真をネット上にアップしました。

 

でれでれ草さんから、お借りしてます。別人だろうと結論を出しています。

岡本三成とは・・・・Wikipediaより

1965年〈昭和40年〉5月生まれ55歳 )は、日本の政治家。公明党所属の衆議院議員(3期)、公明党国際局長。
公明党青年局次長、外務大臣政務官(第3次安倍第3次改造内閣・第4次安倍内閣)などを歴任した。

経歴[編集]

1989年(平成元年)、創価大学卒業。学生時代はイギリス・スコットランドのグラスゴー大学に留学した。

大学卒業後、シティバンクに入社。世界9万人の行員の中から2人だけ選ばれる「社長賞」を受賞したこともある。

1998年(平成10年)に、米国イリノイ州・エバンストンのノースウェスタン大学経営大学院(現:ケロッグ経営大学院)でMBAを取得した後、ゴールドマン・サックス証券で勤務。2005年(平成17年)、40歳にして同社執行役員に就任する。同社がドナルド・トランプの不動産企業と取引していた関係で、在勤中はトランプやその部下とやり取りしたこともあった。

2012年(平成24年)12月、公明党公認で第46回衆議院議員総選挙に比例北関東ブロックから立候補し、初当選した。

スポンサードリンク





創価大卒にしては、随分と煌びやかな経歴ですね。「創価枠」でしょうか。

公明党に「国際局」があるなんて初めて知りました。

SGI(創価学会インターナショナル)の担当でしょうか?

出身は佐賀県らしい。

小和田優美子の実家の江頭は佐賀ですね。

姓の「岡本」は左右対称、三成の「三」の字は朝鮮人が大好きな漢字です。

日本人なら「関ヶ原の敗将の石田三成」と同じ名前は縁起が悪くて使わないでしょう。

どうも「通名」臭いんですよね。

ゴールドマン・サックス証券と言えば、今、日本で最も警戒されている菅義偉国家主席のブレーンの「無礼な在日イギリス人アナリスト」のデビット・アトキンソンと同じですから、思想は「ハゲタカファンド」と同じで「反日新自由主義者」ですね。

 

《姿は見せても「肉声」を聞かせない。マスメディアのインタビューを受けさせないならいくらでも、二人の「別人」に必要な時に演技させられます》

娘が皇太子夫人時代は、園遊会などの皇室のイベントに、招待されないのにに乗り込んできては、注意されると「雅子にきいてくれ」と叫び、タダ飯を平らげ、飲み食いをし、来客にたいしては「よく来てくれました」と勘違い炸裂だった、小和田恒、優美子夫妻。性格はかわるものではありません。

雅子の「双子の妹」とともに、「準皇族気取り」だった小和田優美子が、雅子が佐伯徳仁氏が即位して令和天皇の妻となって急に「言動を慎むようになった」とは非常に嘘くさいからです。

 

《小和田恒の「死亡」が確認されたのか、2017年秋には渋谷節子が夫の渋谷健司と離婚した》

https://web.archive.org/web/20190512171954/https://jisin.jp/domestic/1623641/

雅子さま妹が離婚していた!元義弟は年下女子アナと電撃再婚

記事投稿日:2018/04/03 00:00 最終更新日:2018/04/03 00:00

取材を進めると、渋谷氏と節子さんが離婚したのは、昨年秋頃であることがわかった。

 

《小和田雅子の独身時代の「恋人」が次々に「不審死」したが、義父の死亡が渋谷健司の「重し」を取って離婚と再婚を決断させたのではないか》

■仮にも「皇太子妃」の兄弟姉妹が離婚したのは初めてで「皇室史上の大きなスキャンダル」です(怒)

戦前に香淳皇后の実兄の久邇宮朝融(あさあきら)親王の「婚約破棄事件」が有りました。

婚約破棄事件・・・・Wikipediaより

王妃決定までには『婚約破棄事件』と称される混乱があった。1917年(大正6年)、久邇宮邦彦王の子朝融王と酒井忠興の娘酒井菊子は婚約する。しかし、久邇宮家側が一方的に婚約解消を望み、宮内省をまきこむ騒動となる。菊子との婚約は既に勅許を得たものであり、また久邇宮家と言えば先の裕仁親王(のちの昭和天皇)と良子女王の婚約の際には婚約解消を断固拒否したばかりであった。

今次の婚約破棄は一方的で理由が不明瞭であり、天皇の裁可を覆すことは前例がない等、大きな問題となった。皇族の結婚は天皇の許可を得て行われることが通例で、たとえ皇族といえど覆すのは難しかった。正式な婚約ではなかったものの、勅許を得たものであり、宗秩寮総裁の徳川頼倫、宮内大臣の牧野伸顕らの説得にも関わらず、久邇宮邦彦王は婚約破棄の方針を貫く。結局、1924年11月、宮内省は酒井家側から婚約辞退の申し出をさせることで事態を収拾させた。当時摂政であった裕仁親王(昭和天皇)は、邦彦王に訓戒の言葉を伝えている。

この事件は「大きな不祥事」でした。

「今は戦前とは違うんだ」「不倫や離婚なんて世間で良くある話じゃないか」という声が聞こえそうですが

それなら、国民が敬愛する「象徴としての皇族」は「庶民と全く同じだ」ということになります(怒)

まあ「実家が「出自」の怪しい小和田と江頭だから有り得るかな」と言ってしまえば元も子もないですが。

 

結論《小和田恒・優美子の二人は2017年5月に現地スイスで「口封じ」されたのではないか?》

推測に過ぎませんが、小和田恒と優美子は「釈放」されたいがために、スイス捜査当局と「司法取引」に応じようとしていたのではないか?その気配を察した「背後の大きな組織」か「代理人」に「口封じ」されたのではないかとみています。

「口封じ」の直後に「アリバイ工作」で岡本にツーショット写真をネット上にアップさせたとすれば、タイミング的に辻褄が合います。

そして、2017年5月に勃発したのが「眞子様の誤婚約テロ」でした。

夫婦二人とも2017年5月は、けじめをつけられる「傷官」の月でした。

小和田恒と優美子の「そっくりさん」なら、日本を含む、東アジアで何人でも探せます。

11月8日、女系天皇派・愛子立太子派をおさえて、無事、秋篠宮文仁親王殿下の、立皇嗣の礼が挙行されました。愛子立太子を審議せず、皇室典範どおりに、文仁親王殿下が、皇嗣でるあることを国の内外に宣言し、次の天皇たる地位が盤石となったのは、秋篠宮家の宿敵、小和田夫妻が死亡したことも、大きかったのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

関連記事と広告


ネット界の仁義なき戦い

無限拡散|ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件

ブロガー必見!ブログはこうして乗っ取られる!!狂信的フィギュアスケートファンは、女性天皇派、保守潰しカルト工作員だった!東アジア反日武装戦線の残党か??

無限拡散|ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

創価学会、オウム真理教、阿含宗、疑惑の宗教歴。「同窓会」「君の名は」の脚本家は背中乗り中国工作員か?