井沢満(162)別人が書いている井沢満のブログ

井沢満161からの続きです。

《本人が書いているとは思えない「井沢満のブログ」》

① 文体が明らかに違う

無駄に長文になっている。

井沢満本人が書いているときは、文章としてもの「格調」は皆無としても、もっと短い文章だったし、「日本語が不自由」にしても起承転結は一応つけていた。

② 無駄に理論的になり、得意の「毒ガス自慢話攻撃」が無くなっている。

③ 毎日更新していたものが、隔日更新が多くなり、アップ時刻が遅くなっている。

これは、ゴーストライターが「ネタ切れ」に苦しんでいるのだろう。

④ 記事のテーマが、今現在の重要ニュースとはかけ離れている。

例えば

井沢満のブログ|2019年5月16日の記事  タイトル 日韓通貨スワップに応じるべきではない。

https://web.archive.org/web/20190517002543/https://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/93e61d2b4034ca1a2ae565895a6fb6bb

経済に疎い私でさえ、青瓦台発表の楽観論は笑止なのだが、
内実追い詰められているようで、そういう時はお定まりの
日本頼みであり、この人達の特殊な精神構造が本当に解らない。

ないことないこと並べ立て日本毀損に精を出しながら、
一方で「韓日通貨スワップ」を言い立て、日本人観光客の
皆さん韓国へ来てください、と揉み手する。

★何をいまさら「日韓通貨スワップ」なのだ?

「日韓通貨スワップ」については、「馬鹿の一つ覚え」の様に、過去にも何度か書いている。

井沢満のブログ|2017年1月29日 タイトル 日韓合意のはした金10億円ははした金か

https://web.archive.org/web/20190517003210/https://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/16a0e2837eb6a388580941867d200a7f

日韓通貨スワップに日本が応じなければ、韓国の外貨準備額など大半が債権であり、金融危機に見舞われれば臨終です。

日本はあたたかく見守ってあげてればいいです。助ける必然性はもう、失せました。

以上

 

井沢満のブログ|2016年8月28日の記事 タイトル 日本は永遠に白アリに食われ続けるのか日韓通貨スワップ

https://web.archive.org/web/20190517003608/https://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/d94f6d484653fbadd9ff6cacfccd81d5

通貨スワップというのは、二カ国間でお互いに経済苦境に陥った時に、
手持ちの外貨を融通し合うシステムのことで、当然互恵関係に
あるわけです。

ところが、相手が韓国だと日本とは経済格差があり過ぎて
互恵ではなく、日本から韓国への援助なのです。

ハイリスク、ゼロリターンです。

その日韓通貨スワップを「韓国から提案を受け」再開を
検討するとのことで、予測はしていましたが「やっぱり、日本って
やられにやられる、こんな国なんだ。そして国民はやられていることに、
ほとんど気づいてもいないお人好しを通り越し、阿呆国なんだ」と改めて思うのです。

以上

「日韓通貨スワップ」という用語を聞きかじったのがよほどうれしいのか、何度も記事にしています。

ゴーストライター(恐らく東大出のテレ朝のプロデューサーの竹園元)も故人の遺志を尊重して、「日韓通貨スワップ」をネタにして、その時点の最新ニュースを盛り込みながら、記事の焼き直しをしているのだろう。

★「平成」の終わりに感慨なし(爆)

井沢満のブログ|2019年4月30日の記事 タイトル さらば平成

https://web.archive.org/web/20190517005022/https://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/a7d0d66c39baa54a3acee87e53be381c

「天皇陛下在位30周年記念式典」の委員を仰せつかり、

わたくしごときがと逡巡した末にお受けしたのだが、本日を以て

完全にお役御免。

委員として何も出来なかったに等しいが、以下は奉祝式典に向けて寄せた拙文である。

関連誌に発表されてから日が経っていること、今日でお役目を完了したこともあり、こちらでわたくし個人のけじめとして公開しておく。

・・・・・以下(駄文)・・・・・・・・・

この記事は、4月30日に合わせた相当前からの予定投稿でしょうな(笑)

本当に「私ごとき」=「井沢満ごとき」ですな(怒)

「奉祝祈念式典」に「穢れ」を参加させたわけだ(怒)

★「令和」の初日に頓珍漢な「空気を読まない記事」(爆)

井沢満のブログ|2019年5月1日の記事 タイトル 祝電二種

https://web.archive.org/web/20190517004807/https://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/a476819f0612e2c4b2216bb2e6fe795

もう一つ、韓国からこれは論外だが祝電。

「令和が意味する美しい調和が韓国や日本、全世界で実現することを願う。適切な時期に韓国を訪問なさることを期待する」

文喜相(ムン・ヒサン)議長

「戦犯息子の日王は謝罪しろ」発言の男。

良し悪しは別にして韓国の反応は「想定内のリアクション」だ。

2017年の、偽眞子の「誤婚約テロ」の時に、偽眞子の「妊娠」まで匂わせて、愛子女性天皇に国民を誤誘導したのだから、即位式の記事ぐらいかけよ(怒)

続く

 

 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 

※人気ブログランキングに参加しています。


ネット犯罪|真島久美子の恐喝事件ほか

ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋、バランス工房の正体

※コメントの投稿について
最近、工作員の嫌がらせや、常連読者様の成り済ましが増えております。そのため、コメントの投稿者のハンドルネームとメールアドレスの入力を必須とさせていただきました。メールアドレスは反映されません。管理人から、メールアドレス宛にメールを送ることもありません。ご了承ください。問題なく承認されている読者様はメールアドレスは変えないでください。(伏見)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です