人気ブログランキングに参加しています。


井沢満(165)ひた隠しにしたい「もう一つの人脈」

  スポンサードリンク  

164からの続きです。

《井沢満は自分の「悪因縁」を他人の「因縁」と差し替える常習犯》

知人の例を見て、井沢満が、向田邦子を「呪殺」したのは事実だったのだと確信しました。

井沢が、「しがないラジオ作家」の時代に、人に頼み込んで向田邦子に紹介してもらったことは想像に難くありません。

朝鮮人の「特有の行動類型」ですが、騙してやろう、その人の何かを盗んでやろうというときは、「歯の根の浮く」ようなおべんちゃらを言ってひたすら低姿勢でストーカーの様に付きまとうものです。

人の好い「純粋日本人」は、朝鮮人の「隠された悪意」に気付かず、お世辞を言われたら、悪い気はしないものです。

そうして、生前の向田邦子と親しくなり、「運気」を吸い取りながら、最後は、「集団呪詛」をかけて、台湾の飛行機事故で葬り去り、「台本屋業界」での立ち位置と向田の作品を盗んだ疑いがあります。

実際に生前の向田と親しかったと本人が書いています。

《大河ドラマについて、突然嘘話を滔々と語り始める(爆)》

 

2019年2月11日の記事  タイトル 八千草薫

https://web.archive.org/web/20190228071837/https://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/a55fc3daf6b079d69f3eb68a9c1d8e9e

八千草さんだったか草笛さんだったか忘れたが、あるいは

他の女優さんだったのか、記憶がおぼろなのだが

私が朝のテレビ小説を三度も書いているのになぜ大河を

書かないの、と訊かれたことがある。

オファーは頂いたのだが、辞退したのだ。

西郷隆盛だと聞いておそれをなしたのだ。

「お札の顔になるような偉人は書けない」という

意味のことをおっしゃったのは向田邦子さんだが、

私も似たようなことである。教科書に載るような

人物はどうも、ある意味「大味」で関心が

湧かないのだ。書いて書けないことはなかろうが、

打診を受けた時、忙しい最中で健康を損ねていたこともあり、

大変お世話になった方からの依頼であったので、

辞退は辛かったのだが、勘弁して頂いた。

西郷隆盛は、近年のそれではなく随分以前のそれである。

以上

 

《井沢満とその関係者がひた隠しにしたい「もう一つの人脈」》

「情報提供者」から、可能な限りぼかして書いてほしいと言われているので、その人の意向に沿って書こうと思う。

しかし、勘の良い人やネットでの情報検索に慣れている人ならすぐわかるだろう。

小泉チョン一郎が総理の時に、自宅玄関を出たところで、在日やくざに刺殺された民主党の代議士がいた。

仮にAとしておこう。

Aの筆頭秘書と井沢満は極めて昵懇な仲だったらしい。

Aは革新、左翼というより極左に近い思想の持ち主だった。

このことから、井沢満は「根っからの左翼」で「偽装保守」であることがわかるだろう。

問題は、実行犯が逮捕された後、Aが虎の子の様に大切にしていた「調査資料」を入れたバックが無くなっていたことだ。

その「調査資料」の写しは元総理の菅直人が持っていると巷では言われていたが定かではない。

井沢満はその筆頭秘書に自分の死後の「財産処分」についても話していたというから、Aについても聞いていたのだろう。

 

《我が「死」を三年は秘匿せよ。井沢満、お前は武田信玄か(怒)》

「井沢満のブログ」という過疎ブログは、やっつけ仕事風に、時には一日おきに更新しているが、BBの覚醒記録人格ブログは、内容はニュースのコピペだがほぼ毎日更新している。

理由は

井沢満=BBの覚醒記録=銀蠅トド子がばれれば、全国各地で名誉棄損の「集団訴訟」が起きるので、井沢満もまだ生存しているように見せかけて、BBの覚醒記録人格ブログも継続させなくてはならない。

特に井沢満は、2018年の初頭の糞ドラマ「明日の君がもっと好き」のスポンサーについてBBの覚醒記録人格ブログで、散々誹謗中傷しているので、BBの覚醒記録のゴーストライターであることがばれたら、「違約金」どころの話では済まないだろう(笑)

また、先ほどのAの「調査資料」の写しを井沢が持っている可能性が高い。

この「調査資料」は自民党の某主流派閥が血眼になって行方を捜しているものだ。

井沢満が、いつも「夜逃げ同然」に転出届も出さず、親しい知人にも住所も隠して、転々と引っ越しているのはその「調査資料」の写しの全部か一部を持っているからだろう。

または「口封じ」を恐れているのかもしれない。

いずれにせよ。井沢満本人が死亡したのちもBBの覚醒記録=銀蠅トド子ブログを完全に削除・抹消せず、知らっとぼけて更新を続ければ、担当者は身の危険を回避することは難しいだろう。

 

《死亡の事実は報道されないだろう》

先月、平成の最後の月に有名俳優のショーケンこと萩原健一が病死した。

「永遠の不良」と言われ、何度も警察沙汰になっているが、独特の存在感と演技は定評があった。

報道によれば、ここ10年ほどは10万人に一人という特殊な癌と闘病中だったらしい。

しかし、彼の場合は、4度目とはいえ奥さんがおり、事務所にも所属していたので、最期をみとった妻の富田リカが事務所に連絡し、芸能ニュースに流された。

リアルな生活は別として、彼の独特の演技に魅了されていたファンも多いので、彼の死を悼む人も多かったと思う。

翻って、井沢満の場合はどうだろうか?

名前が知られているのはハードゲイAVドラマだけ(爆)

中国共産党の東京支局のNHKから、無駄にチャンスは与えられたが、視聴率は、死屍累々だ。

そして「芸能界のセアカゴケグモ」として業界から総スカンを食らい、ネット空間の「一犯罪者」として余生を送ってきた。

オカマだから、妻子もいない、マネージャーにも逃げられた。

所属していた事務所も2016年に倒産して今は無い。

例年なら5月は、しょうもない「ジョージージョージー」とかいう漫画のイベントで、どや顔でイタリアに行くのだが今のところ気配もない。

次男が4度目の警察のお世話になったベテラン女優と時々会食しているようだが、アップしているツーショット写真も数年前ではないかと思うぐらい不自然だ。

件の女優は、最近は何かが吹っ切れたように、ブログを頻繁に更新し、「私も頑張らなくちゃ」とポジティブな発言を繰り返している。

何かから解放され、「厄介者」が消えたのを喜んでいる風にも感じる。

つづく。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。


 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 

ネットの闇|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋の正体

➀「同窓会」井沢満の研究と中国工作員疑惑‥☞最初から一覧

➁高知出身・岡林秀和・バランス工房の謎‥☞最初から一覧

➂復刻・銀蠅トド子とBB覚醒の正体‥☞最初から一覧

 
※コメントの投稿について
最近、工作員の嫌がらせや、常連読者様の成り済ましが増えております。そのため、コメントの投稿者のハンドルネームとメールアドレスの入力を必須とさせていただきました。メールアドレスは反映されません。管理人から、メールアドレス宛にメールを送ることもありません。ご了承ください。問題なく承認されている読者様はメールアドレスは変えないでください。(伏見)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です